FC2ブログ
マツダ3~リアクウォーターのデザインは見事】
自動車評論家から高い評価を受けているマツダ3、是非実車を確認してみたいと近くのアンフィニ店に行って試乗してきました。CX30もあったので、両方試乗することにして、3がガソリン、CX30はディーゼルをお願いしました。
マツダ301
(魂動デザインが進化したマツダ3)

まずは3のデザインは、所謂魂動デザインがさらに進化していて、特にリアクウォーターが個性的。崩れそうでいながらまとまった微妙で絶妙な曲線は、中々面白い。一歩間違えばボロボロになる所を、逆にセクシーなラインで美しくまとめ上げている、非常に味のあるデザイン。見事です。魂動デザインが好きでない私ですが、ロードスターと共に気にいりました。
マツダ302
(リアクウォーターのデザインは絶妙)

こういう微妙な曲線を使いながらセクシーで味のあるデザインに仕上げた国産車は、私の中では、2代目セリカクーペとV35スカイラインクーペ以来です。

【車内空間は狭いく、リアシートには座りたくない】
ただ、フロントマスクはマツダ車共通ですが、どうも力が入り過ぎていて、ちょっと息苦しくなる気がします。私はあまり好きではないです。それと返す返すも残念なのはBe a driveというキャッチフレーズもあるけど、ドライバー重視のためかFFなのにロングノーズ。そのためフロントコーナーセンサーが標準装備だったけど良いのかどうなのか(・・?
マツダ3リアシート
(リアシートは狭い)

車内は当然狭く、リアシートに座ると、デザイン重視の影響か、ルーフが後方で下がるため、頭上空間も狭いです。カローラのリアシートも狭いですけど、膝前は同じくらいで、頭上空間は3の完敗。実質的には、5ドアクーペなのかもしれません。3のリアシートで長時間移動は勘弁願いたい。

【走りは軽快で楽しい】
エンジンは1.5リッターのガソリンNA。街乗りではパワー不足はなく、軽快に気持ちよく回る。ハンドリングも素直な感じ。乗り心地は、マルチリンクからトーションビームにグレードダウンしたが、凹凸をうまくいなしていて不満はないが、カローラツーリングの方が良い気がした。

ボディ剛性はBMWほどではない。カローラと較べると少し劣るか?でも十分。トランスミッションが、CVTではなくATなのは日本車では貴重で非常に好ましい。そしてこのクラスでシート色を黒と白から選べられるのもグッドです。試乗コースが山道を含んでいたため、アクセル踏み込んで、ワインディングを楽しめました。
マツダ303
(1.5Lガソリンエンジンの走りは軽快)

【装備は充実】
装備で気になった所は
1.カメラ、レーダー、レーザー等によるセンシングで、精度は不明だが、セーフティーレベルは最先端が付いていた。
2.ヘッドアップ・ディスプレイ標準装備だが、速度表示のみ。無くて良いのでオプションにして欲しい。
3.標準装備のオーディがかなりいい音がしていた。8スピーカーで、フロントにはツイーター、センタースピーカー、サブウーハーも付いていた。オプションの12スピーカーのBOSEも10万円しない価格で取り付けられるのは非常にお買い得。
カローラツーリング
(新型カローラは、リアシートが狭い以外は非常に良かった)

【CX30試乗~3より実用的だが】
続いて、マツダ3をベースにしたSUVであるCX30に試乗。こちらは1.8Lディーゼルターボです。ディーゼルは、アイドリングではディーゼルとわかるが、走り出すと気にならない。パワフルではないけど、非力でもない。非常にスムーズに吹け上がるかと言えばそうでもなく、可もなく不可もなしで、あまり印象はない。
cx30.jpg
cx30-2.jpg
(リアの居住性が良いCX30)

マツダ3とほぼ同じ装備で、ドライブフィーリングは車高高いけど気にならず、安定した走り。リアシートは、3より頭上空間も広く、膝前スペースも大きい。カローラツーリングよりも広いので、後ろに人を乗せる機会が多いのであれば、CX30が向いている。

【結論:カローラツーリングの方がバランスが良い?】
技術者の思いが強く、デザイン重視で実用性が抑えられている。マツダ3はクーペと考えると納得がいくかも。魂動デザインは妙に力が入り過ぎている気がして、もう少し肩の力が抜けているデザインの方が私は好ましいです。ただ走ることについては楽しめる。万人向けではなく、乗る人を選ぶような車ではないでしょうか。以前試乗した新型カローラツーリングの方が、動力性能やセーフティー性能、価格のバランスが取れていて、気楽に乗れるような気がする。
スポンサーサイト



2019.12.16 Mon l l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/653-ddacf7d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)