FC2ブログ
今年の台風は、関東・東海・甲信越・東北等、とてつもなく広範囲に甚大な被害をもたらしました。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

昨年7月、私の地区も西日本豪雨で町内を流れる川が氾濫し大きな被害が出ました。水が引いた後には、泥の除去や浸水した家屋等の掃除に加えて、停電・断水・道路が遮断されて物流ストップ等生活に大きな影響が出ました。メイン道路はまだ工事が続いていますし、未だ手つかずの場所もあります。復旧には時間がかかりますが、これから寒くなりますし、まずは生活インフラのための早急な対策がされますよう願っています。

【s660静音化計画実行】
さて、静音化に取り組んだs660ですが、その結果を報告します。

流して走る時は、リラックスして音楽を楽しみたいオバですが、s660はとにかくエンジンかけて走り出すと、色んな雑音が入ってきて、音楽聴くのも疲れていました。これほどうるさい車に乗った事が無いくらいです・・・音楽聞かない時は気にならないですが。
s660工場kai
(作業前のs660)

そこでもっと静かな車内にして、音楽を楽しみたいと、ホンダカーズのオーディオ好き整備士T君に相談して、防音対策をする事にしたのです。そして行きつけのホンダカーズT君にs660を預けて5日、作業が完成したと連絡がありました。作業の模様をT君に頼んで写真に撮っておいてもらいましたので、請求書とSDカードを一緒に持ってきてくれました。
s660運転席床kai
助手席内張り外し
(運転席と助手席のシート&内装等を外した後の状態)

エスロク内張り外しkai
(運転席後ろ)

シート外しkai
(取り外したシートや内装)

それを見ると、シートも内装材も全部外して作業してますね。T君は今まで何台もs660を作業していますので外すのも慣れたと言ってました。床には少しの吸音材があるだけ、運転席後ろ、エンジンルームとの境は、ほとんど吸音材がなく鉄板剥き出しなのがよくわかります。これじゃぁ、車内に色んな雑音が充満するのも無理ありません。この状態でデッドニング材を貼り、防音材を貼っていったそうです。
運転席デッドニング
(運転席にデッドニング材貼り付け)

運転席済
(完成した運転席)

カロさぶうーはー
(運転席後ろにサブウーハー取り付け)

ウーハー済
(運転席と助手席後ろに、カロのサブウーハー&パワーアンプ)

【サブウーハー取り付け】
さらに、低音強化のために、パイオニアのサブウーハーを運転席後ろのスペースに取り付けてもらいました。フロントスピーカーもカロなので、同じメーカーで揃えました。助手席後ろは、既にパイオニアパワーアンプが付いています。サブウーハーもアンプもスペースを測って、取付可能なTS-WH500Aを選びました。150Wのパワーアンプ内蔵です。シート下にはスペースがないので、これで後空いたスペースは、助手席足元くらいとなりました。
サブウーハー
(カロのサブウーハーTS-WH500A)

ウーハースイッチ
ウーハースイッチ2
(サブウーハーのスイッチ)

サブウーハーには周波数と音量を調整するスイッチが付いています。これはMTシフトの前に邪魔にならないように両面テープで貼り付けました。

【静音化&サブウーハー結果・・・】
車が戻ってきて、エンジンかけて走り出してみると、見た目はこれまでと変わりませんが、良かった点と悪かった点をあげてみますと・・・

☆良かった点(^o^)
1.ガタピシャする安っぽい車体の振動が少なくなって、乗り心地が良くなった。床下にデッドニング材を貼り付けて、鉄板同士のブレが少なくなったためだろうとT君が言っていました。
2.騒音もガチャガチャした音の角がとれた音質になって、音量も減って静かになっている。ただ元が相当うるさい車なので、嫁のNボックス(旧型)には劣ります。でも今までより随分音楽を楽しめるようになりました。s660に乗る楽しみが増えました。
3.振動が少なくなって、乗り心地も良くなって、静かになったのと相まって、ワンランク上級車になった感じです。

4.サブウーハー付けることによって、低音が締まった音になった。曲によっては、運転席背中にドンドンと振動が来ます。運転席後ろに置いたのは正解でした。重低音が締まったおかげか、全体の音もバランス良くなった。
5.かかった費用は、サブウーハー込みの材料費+工賃で8万円弱。費用対効果は高いと感じました。

★悪かった点(T_T)
1.難点は重量増。防音材が2キロくらい、サブウーハーが4.5キロで、合計6~7キロ増えました。軽快感が少し無くなったというか、ヤンチャさが薄まり落ち着いた感じがします。加速はそんなに変わらないし、ゆっくり走る事がほとんどなので、走りに関しては不満ないです。
2.以前より静かになったとは言え、やはりうるさい車です。雑音を上回るボリュームに上げれば良いのですが、外にその音が漏れますし、郊外では良いけど街中では気を使いながら音楽聞いてます。
3.それと以前記事にもしましたがs660専用ナビの使い勝手の悪さと値段の高さは相変わらずの難点。元々ナビが付けられるようになっていなかったのですが、ユーザーからの不満が相次ぎ、開発陣が嫌々ながら専用ナビを用意したのが良くわかります。

s660静音化1
(s660で音楽聴きながらワインディングを流すのは気持ちいい)

個人的な意見としては、多少重量増になっても、より静かで、社外品ナビが取り付けられて、音楽を楽しめるグレード・・・γとでも呼びましょうか・・・があっても良いと思います。
スポンサーサイト



2019.11.01 Fri l s660 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
初めてS660に乗ったときは、ビートに比べてなんて静かなんだと感激したのですが、やはり普通の車に比べればうるさいですよね。私はそれほど騒音は気にならない方なのですが、確かに静粛性に特化したグレードがあってもいいですよね。
2019.11.16 Sat l crxtochan. URL l 編集
Re: No title
> 初めてS660に乗ったときは、ビートに比べてなんて静かなんだと感激したのですが、やはり普通の車に比べればうるさいですよね。私はそれほど騒音は気にならない方なのですが、確かに静粛性に特化したグレードがあってもいいですよね。

昔ビートに乗っていたのですが、8500回転からレッドゾーンで、低回転スカスカのエンジンでしたので、常に5000回転以上回していました。その頃は騒音は全然気になりませんでしが、ビートで音楽を聴くことがほとんど無かったです。多分オーディオの音は聞こえない状態だったと思います^^;

s660も音楽聞かずに運転する時は全くうるさく感じないんですが、音楽を聞くとなると、騒音にかき消されて楽しめなくなってしまいます。静粛性に特化したs660をメーカーが作るとどうなるのか、是非やってもらいたいです。
2019.11.16 Sat l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/652-d7d58fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)