【ついにM2クーペが出た!・・・ドイツで】
昨年から噂やスクープ写真等が相次いでいたBMW M2クーペが、2015年10月14日、ドイツでついに発表されました。
BMW Germanykai
(BMW Deutschland HPよりM2クーペ)

噂では、9月のフランクフルト・オートショーでワールドプレミアと言われていましたが、新型7シリーズを主役にしたいがためか、時期をずらしてきましたね。

私が今乗っているM235iは、Mは付いているもののM3やM4等のM純正モデルとは違います。ノーマルのMスポーツとM純正モデルの中間となる「Mパフォーマンス・オートモビルズ」に属する車で、BMWの2シリーズクーペをM社がエンジン、足回りをライトチューンして仕上げた車です。

今回のM2クーペは、正真正銘M社純正モデルです。

既に10月19日よりドイツ・ザクセン州のライプチッヒ工場において生産が開始されており、欧州では2016年4月からデリバリーが開始されます。

正式デビューは2016年1月のデトロイト・オートショーです。これに合わせてか、アメリカには既に10数台のM2クーペが渡っています。

価格は6MTと7DCTで違いますが、ドイツ本国が54,000~56,000ユーロ(713~740万円)、英国では44,000~46,000ポンド(814~850万円)と言われています。

【M2クーペ諸元~エンジン】
bimmerpost m2engine
(Bimmerpostより M2の3リッターストレート6 N55エンジン)

エンジンはM235iの3リッター直6のツインスクロールターボであるN55がベースとなっています。M3&M4に積んでいるS55エンジンから、ピストン、クランクシャフト・ベアリング・シェル、エグゾースト・システム・エレメントをはじめ幾つかのコンポーネンツを譲り受けることで、M235iの326馬力・45.9kgmから370馬力・47.4kgmにパワーアップしています。

他のM車には、Sという頭文字がついたエンジン型式名ですが、このM2クーペはN55エンジンです。しかしかなりS55の血が入っているようです。

ただ残念なのは、レッドゾーンが、M4のS55が7500rpmからに対して、M235iと同じ7000rpmからという点です。これは7500rpmを期待していいた私には唯一のガッカリポイントでした。
7DCT.jpg
(M2クーペ諸元)

【M2クーペ諸元~ボディサイズ&デザイン】
サイズは1854x4468x1410mmと、M235iに較べて全長、全高は変わらないものの、全幅が79mmも広がっています。トレッドに関しては、1579/1601mmと、M235iよりフロントが69mm、リアが66mm広がって、ほとんどM4と同じサイズです。

車重はアルミを使ったりして軽量化し、7DCTでM235iより30キロ軽い1520キロ、6MTは1.5トン切りの1495キロとなっています。

前後の車重バランスは、M235iが53:47とフロント重めに対して、M2はBMWの法則通り50:50に合わせてきています。
bimmerpost m2kai
(Bimmerpostより ブリスターフェンダーが迫力のM2クーペ)

m235ikai03.jpg
(M235iとM2ではバンパーやフェンダーのデザインが違う)

デザインは、広がったトレッドによる前後オーバーフェンダーが、見事にMらしさを強調していてグッドです。そしてフロントバンパーは、M235iよりさらに大きなエアインテーク、キドニーグリルとサイドにMのバッジ、リアバンパーは縦のスリットが入り、明らかにM235iとは違うオーラを発しています。

リアバンパーからは、Mシリーズお約束の?クアッドエグゾーストも見えています。
ハッキリ言って、無茶苦茶カッコ良いですヽ(`▽´)/

【M2諸元~動力性能】
bimmerpost m2kai02
(Bimmerpostより クアッドエグゾーストがカッコ良いM2クーペ)

タイヤはM235iの18インチから19インチにアップしています。ちなみにM4は18インチですから、タイヤに関してはBMW内ヒエラルキーを無視した仕様になっています。
パワーアップしたエンジンや軽量化によって、パワーウェイトレシオはM235iの4.75から4.11とアップ。0-100キロはM235iの4.8秒から4.3秒に短縮しています(8ATと7DCTの比較)。ニュル北コースのタイムは7分58秒とE92のM3より7秒速いそうです。

まあ私のような素人には、使いこなせない動力性能ですけど(゚_゚i)タラー

それでいて、今時の車らしくエコ性能は良好で、モード燃費は12.7km/Lと、M235iの12.2km/Lを上回っています。

【日本導入は未定・・・】
では肝心の日本に輸入されるかどうかについては、旧型1シリーズのM車である1Mクーペが発売されたものの日本に導入されなかった経験があるので、M2クーペが本当に輸入されるかどうか、疑っている人もいます。

しかし、1Mクーペは世界で2,700台という限定車で、しかもMTのみの販売でしたから、AT天国である日本には向いていないという判断をBMWジャパンが下したんだろうと思います。

今回のM2クーペは6MTに加えて7DCTもあるし、限定車ではありません。私は、間違いなく日本に輸入・販売されると確信しています。

ただバルコムで聞くと、現在どの位台数が出るか、日本で売れるかどうか検討中らしく、まだ何も決まっていないようです。

【価格は・・・1000万円超えは絶対にない】
ドイツでの価格が7DCTで56,000ユーロ(740万円)、英国での価格が46,000ポンド(850万円)です。
おそらく日本に導入されれば、装備はフル装備となるでしょうが、M235iとM4の中間で875万円くらいではないかと推測しています。つまりM235iの627万円より250万円高く、M4の1126万円より250万円安い設定です。
bimmerpost m2kai04
(Bimmerpostより M2クーペの19インチアルミホイール)

しかし1000万円を超える強気な価格を付けてきたら、M3(1100万円)やM4の6MT(1075万円)、アルピナのD3ターボ(1027万円)、B3ターボ(1127万円)ともろにバッティングするし、ベンツなら4リッターV8ターボのC63(1195万円)やロータス・エキシージS(1000万円)、ジャガーFタイプSクーペ(1128万円)が視野に入ってきます。

他メーカーの魅力的な高級車やスポーツカーが目白押しの価格帯ですので、M2クーペの魅力は一気に色褪せてしまいます。

間違いなく1000万円超えはないでしょう。もしそうなったら売れない、というか、私買いません(~O~;)

逆に800万円台前半だったら、435iクーペ(803万円)と被り、それも不味い。
850万円という値付はZ4 sDrive 35isがしていますので、これよりは上となって、おそらく875万くらいが、妥当な価格だろうと私は確信を持っています( ̄― ̄)ニヤリ

もしこの価格で出たら・・・間違いなくM4より売れると思います・・・と言うか、私も買いたいです(^^ゞ

【M2クーペのライバル】
もし、M2クーペが875万円くらいで発売されたとしたら、ライバルはどんな車があるか検討してみました。

コンパクトなスポーツカーで、馬力が300~400馬力、価格が800万円前後です。
7DCT3.jpg
(M2クーペのライバル達)

まずBMWの中では、新世代3リッターターボエンジンの340i(776万円)、4シリーズクーペの435i Mスポーツ(803万円)。
ベンツでは、2リッターターボながらM2を上回る381馬力を発し、4WDで0-100kmを4.2秒で駆け抜けるA45 AMG(685万円)と新しく加わったC450 AMG(863万円)です。

このC450 AMGは、純正AMGではなく、M235iのようなAMGパフォーマンスモデルで、3リッターV6ターボが367馬力とM2並のパワーを発揮します。0-100kmは4.9秒と、程よい加速?
C450 AMGkai
(ヤナセに展示してあったC450 AMG)

アウディからは直5の2.5リッターターボのRS3がでました(756万円)。パワーは367馬力、0-100kmは4.3秒とM2と同じタイム。

NAエンジンでは、5リッターV8で477馬力のレクサスRC-F(953万円)と3.4リッターV6で325馬力のポルシェボクスターS(843万円)&ケイマンS(848万円)があります。0-100kmはRC-Fが4.5秒、ポルシェは4.9秒。ターボのような速さはありませんが、気持よく高回転までドラマチックに吹け上がるフィーリングはヨダレと恍惚感と伴に高い駆けヨロに浸れると思います。

伏兵として1.75リッターターボで240馬力のアルファロメオ4C(803万円)。1100キロと超軽量で、0-100kmは4.5秒の俊足です。

しかしただ色々思いを馳せても、日本でM2クーペが発売されなければ絵に描いた餅になってしまいます。今はただ、BMWジャパンの英断を待ちたいと思います(´ε`;)ウーン…

【最後に】鉄道BIG4から佐々木希とM2クーペです。
希&M2クーペkai


スポンサーサイト
2015.10.28 Wed l BMW l コメント (14) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんは〜♪
すごい車、見ただけで高そうですね〜(^^;;
日本に輸入されても手が出る人はよほどのお金持ちだけでしょう。
もしも日本に輸入されたら1000万円くらいになるんじゃありませんか〜?
VWのゴルフくらいなら一般市民でも買えそうかな(爆笑)
2015.10.28 Wed l まり姫. URL l 編集
No title
こんばんは!

確かに日本はAT天国ですもんね(^^ゞ
以前乗り回していたキャロルという車は、MT車だったんですが、下取りをして貰ったら、ATじゃないと
高いお値段が付けられないですよ~と言われて
仕方なく安値で買い取られましたけれどね(^^ゞ
需要が少なければ、買値がいくら高かったとしても、
売値は安くなってしまうのが現状ですが、
車はやはりMTの方が面白いと言えば、面白いですよね。
それにしても私からすれば、1000万も800万も
殆ど違いが無いように思えるほど、高嶺の花ですww
そういえば水素燃料で動く「MIRAI」という車も
800万でしたよね。あれも予約の時点で
飛ぶように売れたとか。。
どうなっているんだ。日本ww
2015.10.29 Thu l ぴーち. URL l 編集
まり姫さん
> こんばんは〜♪
> すごい車、見ただけで高そうですね〜(^^;;
> 日本に輸入されても手が出る人はよほどのお金持ちだけでしょう。

BMWのMですから、安くはないです。
でもMならではのオーラがたまりません。
価格の割には、見栄がはれないので、お金がある人は中々選択肢にあがってこない車だと思います(;^_^A アセアセ・・・

> もしも日本に輸入されたら1000万円くらいになるんじゃありませんか〜?
> VWのゴルフくらいなら一般市民でも買えそうかな(爆笑)

1000万円はいかないと確信しています。
当たりか外れか、日本導入さえ決まっていない今言うのもなんですが、私の予想はズバリ875万円です。

ゴルフやポロは、メーカーの金額的補助政策もあって、かなり国産車と競合していると思います。
ただ例のディーゼル車の排ガス問題の影響で、ディーゼル車が売られていない日本でも、ディーラーに来る人がかなり減ったと言われています。
2015.10.29 Thu l オバrev. URL l 編集
ぴーちさん
> 確かに日本はAT天国ですもんね(^^ゞ
> 以前乗り回していたキャロルという車は、MT車だったんですが、下取りをして貰ったら、ATじゃないと
> 高いお値段が付けられないですよ~と言われて
> 仕方なく安値で買い取られましたけれどね(^^ゞ

おぉ!マツダ・キャロルですか。
マツダオリジナルでしたが、今ではスズキ。アルトのOEMとして売られています。
確かに軽はほとんどCVTですし、実際MTでは売れないんでしょうね。

> 需要が少なければ、買値がいくら高かったとしても、
> 売値は安くなってしまうのが現状ですが、
> 車はやはりMTの方が面白いと言えば、面白いですよね。

さすがぴーちさん。女性の中では珍しいご意見かと思います。
現在売られている軽で、MT車は、ホンダがs660のみ。ダイハツとスズキは一番安いモデルのみと、実質的にCVTのみと言っても過言ではありません。

マジで、軽のCVTは面白くないです。
仰るとおり、軽で楽しく走るにはMT必須だと思います(^^ゞ

> それにしても私からすれば、1000万も800万も
> 殆ど違いが無いように思えるほど、高嶺の花ですww

まあね、車にそこまでお金かけるかという疑問は大いにありますね(゚_゚i)タラー
ただ私の場合は、会社のリースを使いますので、その辺りは一般の方と違うかなと思います。

でも仰るような思いは、嫁にも当然ありますので、嫁を説得できるかどうかが、最大の問題です・・・実は非常に難しい。

> そういえば水素燃料で動く「MIRAI」という車も
> 800万でしたよね。あれも予約の時点で
> 飛ぶように売れたとか。。
> どうなっているんだ。日本ww

MIRAIは生産台数が、確か1日3台と非常に少ないですから、新しいもの好きな人の予約で結構埋まると思います。
それに補助金が200万円でますから、実質的な購入価格は、安くないけど、未来の車としては高くはないという評価じゃないでしょうか。
2015.10.29 Thu l オバrev. URL l 編集
ブリフェン!
こんばんは。

M2クーペ、実にいいですね。

こういうアウターパネルごと変更してくるモデルは最高ですね。それにしてもこのモデルは凄い。派手な付加物に頼らず、車の形そのもののオーラが凄まじいです。筋肉質感が半端ない。

確かにレッドゾーン7,000rpmはちょっと寂しいですが、新型シビック・タイプRもそれくらいみたいですね。ターボ全盛なので、あんまり回す必要なくなったのしょうか。

素敵な車の紹介、ありがとうございました。
2015.11.03 Tue l crxtochan. URL l 編集
Re: ブリフェン!
> こんばんは。
> M2クーペ、実にいいですね。

CRXとーちゃんさん、このブリフェンの妙味・・・分かりますか( ̄ー ̄)ニヤリ

> こういうアウターパネルごと変更してくるモデルは最高ですね。それにしてもこのモデルは凄い。派手な付加物に頼らず、車の形そのもののオーラが凄まじいです。筋肉質感が半端ない。

これがMのやり方なんです。
全てのパーツに、速く走り、曲がり、止まるための理由があります。
決して派手な格好だけのパーツは付けないそうです。

> 確かにレッドゾーン7,000rpmはちょっと寂しいですが、新型シビック・タイプRもそれくらいみたいですね。ターボ全盛なので、あんまり回す必要なくなったのしょうか。
> 素敵な車の紹介、ありがとうございました。

仰るとおりで、M235iでも普通に走る分には3000rpmで十分で、7000rpmまで回していたら、あっという間にとんでもないスピードになってしまいます。高回転まで回す楽しさはNAエンジンに限るなあと思います。

日本に入ってくるかどうかもまだ決まっていませんが、新たな情報や実物見れたらまた報告します・・・と言うか、実物見たら絶対に欲しくなりそう(゚_゚i)タラー
2015.11.03 Tue l オバrev. URL l 編集
No title
こんにちは~♪
VWの問題は拡大する一方ですね。
関連会社もソフト偽造がばれては救いようがないですね。
ドイツ車は技術が優れているのにバカなことをしたものです。
信用ガタ落ちですね(笑)
それでもドイツは日本と違いしぶといから復活するかもしれません。
今の車は部品が共同使用されているものが多いから日本メーカーも他人事と笑ってられませんねー。
2015.11.07 Sat l まり姫. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.08 Sun l . l 編集
ボクスター、ケイマンも次期マイナーチェンジでターボ化の予定
ポルシェのボクスター&ケイマンもほぼ全てがターボ化されるようです。

http://jp.autoblog.com/2015/08/02/porsche-boxster-cayman-turbo-four-rated-from-240-hp-to-370-h/

2016年発表ということは、2017年モデルからはこの流れになりますね。
GTSは2.5ℓで370PSと書かれていますが、水平対抗エンジンとはいえ4気筒では魅力はガタ落ちです。

911も次期バージョンは同じ流れでしょうから、GT3系以外は全てターボ化でしょうね。

1000万円以下のNAスポーツカーの新車が手に入るのは、2017年前半位までとカウントダウンが始まっていますね。

そういえば、ニューシビックのTVCMを見ましたが、エグゾースト音はNAのVTEC当時と比べるべくもないほど・・・・でしたよ(;>_<;)

毎回、勝手なのとばかり書いておりますがNAを望むなら次しかないですよ!って事が書きたかったのです。
ひとつ「清水の舞台から飛び降りる。」つもりで水平対抗6気筒のケイマンGTSを買っておかれると後10数年は、NAマインドを満喫できると思います(。⌒∇⌒)。ワーイ
2015.11.08 Sun l 直6大好き. URL l 編集
まり姫さん
> こんにちは~♪
> VWの問題は拡大する一方ですね。
> 関連会社もソフト偽造がばれては救いようがないですね。

仰るとおり、VW車だけでなくポルシェ、アウディ車のディーゼル車も問題にされていますし、ディーゼル車だけでなくガソリン車にも広がっています。どこまで拡大するんでしょうか┐(´д`)┌ヤレヤレ

> ドイツ車は技術が優れているのにバカなことをしたものです。
> 信用ガタ落ちですね(笑)

部品の多い自動車では、分からないと思っていたのかもしれませんが、コーポレート・ガバナンスに対する認識が甘かったですね。

ディーゼル車を売ってない日本でも、10月の販売は前年比48%減とガタ落ちです。
この失った信用を取り戻すのは容易ではないです。

> それでもドイツは日本と違いしぶといから復活するかもしれません。
> 今の車は部品が共同使用されているものが多いから日本メーカーも他人事と笑ってられませんねー。

もちろん、ドイツの威信にかけて独政府もバックアップして復活するはずです。
そのためには、一部の技術者の責任にするのではなく、真実の解明が必須です。

仰るとおり、車の部品はグローバルに同じものが使われていますからね。
とても他人事とは思ってないでしょう^^;
2015.11.08 Sun l オバrev. URL l 編集
秘コメさん
仰るとおりだと思います。
色々悩みたいと思います(^O^)
2015.11.08 Sun l オバrev. URL l 編集
Re: ボクスター、ケイマンも次期マイナーチェンジでターボ化の予定
> ポルシェのボクスター&ケイマンもほぼ全てがターボ化されるようです。
http://jp.autoblog.com/2015/08/02/porsche-boxster-cayman-turbo-four-rated-from-240-hp-to-370-h/
> 2016年発表ということは、2017年モデルからはこの流れになりますね。
> GTSは2.5ℓで370PSと書かれていますが、水平対抗エンジンとはいえ4気筒では魅力はガタ落ちです。

ポルシェが4気筒・・・仰るとおり(;´д`)トホホ…です。
4発と6発では、エンジンの回転フィールがまるで違いますからね。
時代の流れとは言え残念です。

> 911も次期バージョンは同じ流れでしょうから、GT3系以外は全てターボ化でしょうね。
> 1000万円以下のNAスポーツカーの新車が手に入るのは、2017年前半位までとカウントダウンが始まっていますね。

それでもGT3系はNAを残すんだったらさすがポルシェですね。
既に他のドイツメーカーでは、NAスポーツエンジンはほぼ壊滅状態で(BMWは全滅)、恐らく2017年には全滅しているでしょう。

> そういえば、ニューシビックのTVCMを見ましたが、エグゾースト音はNAのVTEC当時と比べるべくもないほど・・・・でしたよ(;>_<;)

私も2本ほど動画を見ましたが・・・・でしたね^^;

> 毎回、勝手なのとばかり書いておりますがNAを望むなら次しかないですよ!って事が書きたかったのです。
> ひとつ「清水の舞台から飛び降りる。」つもりで水平対抗6気筒のケイマンGTSを買っておかれると後10数年は、NAマインドを満喫できると思います(。⌒∇⌒)。ワーイ

6気筒のNAスポーツエンジン、(・∀・)イイ!!ですね。
是非そのフィーリングを味わってみたいですが、今のM235iは5年リース。
乗り換えはまだ先の話(´ε`;)ウーン…
その頃にNAスポーツエンジンは残っているかなぁ(?_?)
2015.11.09 Mon l オバrev. URL l 編集
次期戦闘機は2019年夏でしたっけ?
そうでしたね。
5年立たないと次は考えられないですよね。

多分、2019年夏になりますよね。
この頃になるとお子様は全員独り立ちされている頃でしょうか?
そうなら、カーキチのオバrev様の本領発揮ということになりますよね。

2019年夏に車が手元にあることが前提ということで、外車のエボリューションモデルなら標準で1年前の発注でしょうから、2018年夏に決めるということになりますね。
そういうことなら、2年半後に販売している車ということになります。

NAスポーツで残っているとすれば、フェラーリ、ランボ、アストン等の12気筒軍団とポルシェの各クラスのトップモデルくらいではないでしょうか?
(一般の人に購入できそうにないマイバッハ、ブガッティ等はのぞきます。)

この条件でNAとなると1000万円台で買えそうなのは、ケイマンGT4だけになりそうですね。
これってある意味狙い易いです。
現行のGTSに試乗した感じと記事や動画等を見ると、峠を攻めるならケイマンGT4が現在最も面白い車だと思います。

GT4の美点(GTSから想像する部分もあります。)

1.なんといっても380PSのミッドシップかつフロント・サスペンションのロワ・アームには911GT3用のものなので、ハンドリングの切れ味は最高。
横Gは1.04Gまで踏ん張れるとか。
ちなみに最高速が415kmでるブガッティ・ヴェイロンのフル加速が1.0Gなので踏ん張る力は並大抵ではないようです。

2.乾燥重量1340kgと安全装置で武装された現在の車の中では相当軽い。
他のケイマンに比べてホイール1本が1.4kg軽く、バネ下重量の軽量化も万全。

3.ボア×ストローク=102×77.5のオーバースクエアエンジン。
しかも、ミッションは6MTのみの設定で、ポルシェの醍醐味が味わえる。
(GT3もミッションがあれば欲しかったです。)

4.ブレーキもGT3のものが流用されて強力。
  オプションのサーキット用のセラミック・コンポジットブレーキ「PCCB」にすると更に強力になるそうです。

BMWとポルシェと比較して一番違いを感じるのは、ボディ剛性(特に横剛性)、ブレーキの効き、中立あたりのハンドリングのシビアさにかなり差がると思います。

ちなみにGT4のニュルのタイムが7分40秒ジャストなので、クラスは違いますが、NAながら最近話題になっているシビック等より10秒速いですね。

M2が870万円となるなら、ケイマンGT4が1064万円(オプションは無視した車体価格のみ)で194万円差です。
GT4はGT3のシャシーを使っていますから、装備は標準で我慢できるとしても、フロントリフトのオプションは付けないとスポイラーを擦りまくると思います。
(GT3はこれが約50万円です。)

ちなみにサーキットでGT4に乗って歓喜しているドライバーの動画を紹介しておきます。
この動画からも横剛性の高さが分かると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=L9-Sr8RPty4

ポルシェは別としても、これから2年半~3年間、色々な車が候補として考えられて楽しそうですね。

ポルシェも乗らないと実感が湧かないでしょうから、現行の水平対抗6気筒のケイマンSかGTS(ないし911Sか911GTS)に試乗される事をお薦めします。

もっと上のアストンとかフェラーリを考えられる場合は今日の話題は・・・m(_ _)m
  
2015.11.12 Thu l 直6大好き. URL l 編集
Re: 次期戦闘機は2019年夏でしたっけ?
> そうでしたね。
> 5年立たないと次は考えられないですよね。

基本的にはそうなんです。

> 多分、2019年夏になりますよね。
> この頃になるとお子様は全員独り立ちされている頃でしょうか?
> そうなら、カーキチのオバrev様の本領発揮ということになりますよね。

う~ん、そうなる日が来ればありがたいです^^;

> 2019年夏に車が手元にあることが前提ということで、外車のエボリューションモデルなら標準で1年前の発注でしょうから、2018年夏に決めるということになりますね。
> そういうことなら、2年半後に販売している車ということになります。

成る程~、1年前の発注、そういうものなんですねφ(..)メモメモ

> NAスポーツで残っているとすれば、フェラーリ、ランボ、アストン等の12気筒軍団とポルシェの各クラスのトップモデルくらいではないでしょうか?
> (一般の人に購入できそうにないマイバッハ、ブガッティ等はのぞきます。)

でしょうね orz
もしあるとすれば、レクサス&トヨタの3.5LのV6とレクサスFのV8ですか。
それも、いつハイブリッド化されるか分かりませんけど(?_?)

> この条件でNAとなると1000万円台で買えそうなのは、ケイマンGT4だけになりそうですね。
> これってある意味狙い易いです。
> 現行のGTSに試乗した感じと記事や動画等を見ると、峠を攻めるならケイマンGT4が現在最も面白い車だと思います。

確かにそうかもしれませんけど、ポルシェの場合、車両本体にいくら上乗せが必要なんだろうという恐れがあります(゚_゚i)タラー

> GT4の美点(GTSから想像する部分もあります。)
> 1.なんといっても380PSのミッドシップかつフロント・サスペンションのロワ・アームには911GT3用のものなので、ハンドリングの切れ味は最高。
> 横Gは1.04Gまで踏ん張れるとか。
> ちなみに最高速が415kmでるブガッティ・ヴェイロンのフル加速が1.0Gなので踏ん張る力は並大抵ではないようです。

う~ん、並大抵の性能ではないですね・

> 2.乾燥重量1340kgと安全装置で武装された現在の車の中では相当軽い。
> 他のケイマンに比べてホイール1本が1.4kg軽く、バネ下重量の軽量化も万全。

M235iが1550キロですので驚くべき軽さですね。さすがポルシェ。

> 3.ボア×ストローク=102×77.5のオーバースクエアエンジン。
> しかも、ミッションは6MTのみの設定で、ポルシェの醍醐味が味わえる。
> (GT3もミッションがあれば欲しかったです。)

来た~ぁ!
ロングストロークが当たり前の今、貴重な超ショートストローク\(^o^)/
しかも6MTのみ(゜o゜;

> 4.ブレーキもGT3のものが流用されて強力。
>   オプションのサーキット用のセラミック・コンポジットブレーキ「PCCB」にすると更に強力になるそうです。
> BMWとポルシェと比較して一番違いを感じるのは、ボディ剛性(特に横剛性)、ブレーキの効き、中立あたりのハンドリングのシビアさにかなり差がると思います。

ブレーキ性能はBMWとて叶わないでしょうね。
やはりスポーツカーの何たるかを知っているのがポルシェたるゆえんでしょう・・・最近のポルシェに乗ったことないですけど(;^_^A アセアセ・・・

> ちなみにGT4のニュルのタイムが7分40秒ジャストなので、クラスは違いますが、NAながら最近話題になっているシビック等より10秒速いですね。

M2のニュルタイムが7分58秒ですので、NAとしたらとてつもなく速いです。

> M2が870万円となるなら、ケイマンGT4が1064万円(オプションは無視した車体価格のみ)で194万円差です。
> GT4はGT3のシャシーを使っていますから、装備は標準で我慢できるとしても、フロントリフトのオプションは付けないとスポイラーを擦りまくると思います。
> (GT3はこれが約50万円です。)

う~む、トータル費用を計算して、そこからさらに残価設定、リース金利、月々の支払いを計算してみないと何とも言えません。

> ちなみにサーキットでGT4に乗って歓喜しているドライバーの動画を紹介しておきます。
> この動画からも横剛性の高さが分かると思います。
> https://www.youtube.com/watch?v=L9-Sr8RPty4

う~ん、何言っているのかは分かりませんが、楽しそうです(^^ゞ

> ポルシェは別としても、これから2年半~3年間、色々な車が候補として考えられて楽しそうですね。

そうですね、この時が車好き至福の時かもしれません。
車決めたら、意外に冷めてくるかも(;´∀`)

> ポルシェも乗らないと実感が湧かないでしょうから、現行の水平対抗6気筒のケイマンSかGTS(ないし911Sか911GTS)に試乗される事をお薦めします。

一度試乗してみたいのはやまやまなんですけど、かつて知り合いが広島市で経験した・・・どうせ買わないんだろう、って態度をされて、ムキになって借金してポルシェ・ターボをキャッシュで買ったという、悪夢が頭をよぎります(TT)

> もっと上のアストンとかフェラーリを考えられる場合は今日の話題は・・・m(_ _)m

あっ、それは120%ありませんから(~_~;)  
2015.11.14 Sat l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/548-517e1706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)