昨年の会社説明会から始まり、年が明けて2月~3月にかけてES(エントリーシート)作成&提出、そして3月~5月にかけて、東京や大阪に出かけていっての面接という、子供の就活が無事終わりました(*^_^*)

親子とも初めての経験で、戸惑った事が多かった就活でしたが、これから就活の人やご家族の参考になればと、暮らしのレシピより佐々木希の画像・・・就活とは関係ないですけど(^^ゞ・・・と共に振り返ってみたいと思います。
希012kai
(暮らしのレシピより佐々木希)

【ES(エントリーシート)】
まずは希望する企業別にエントリーシートを書いて提出します。内容は各企業の様式にしたがって志望動機、学生時代に頑張ったこと、自己PR、大学・大学院での研究などを制限文字数以内で記入します。

自己PRや大学で頑張った事等を記入するのに、クラブ活動やボランティア、バイト、仕事に通じる趣味、海外経験等があれば書きやすいですね。そして自己PRでは、自分の長所・短所・特徴などを見つめなおす事にもなります。 
文章は自分で分かっていても人が読むとそうでもない事があるので、友達や家族に読んでもらうことが重要だと思います。

いずれにしても、自分が歩んできた過去を振り返るという点では、有意義な時間にはなります。

【学科】
ESが通ったら企業からメールが来て学科を受ける事になります。
学科はwebが多いですが、企業に行って受ける事もあります。
もちろんその前にESで蹴られることもあります。その時に連絡がある企業といつまでたっても連絡のない企業がありました。
学科はさほど難しいものではなく、技術系では英語・数学・物理(化学)について高校レベルを振り返っておけば大丈夫のようです。
希001kai
(佐々木希と3匹の愛犬)

【面接】
面接の質問で多かったのは、志望動機、自己PR、大学時代に頑張ったこと、苦労したこと、そこから学んだこと、大学での研究内容、会社に入ったら何をしたいか等のようです。当然ですがコミュニケーション能力が高くて、場慣れしている人は圧倒的に有利だと思います。

ただお決まりの質疑応答だったらおそらく何も分からないと思うんですけど(=o=;)

【憂鬱な日々】
4月から5月にかけて自由応募の面接に行ってもなかなか内定が決まらず、親子ともども憂鬱な日々が続きました。知り合いの親御さんは願掛けに行ったと言われていましたが、その気持は良くわかります。精神的に相当なストレスで非常にきつかったです(:_;)

でもその間、自分自身をしっかり見つめなおし、自分はどういう企業に向いているのかを考える事ができたし、社会の厳しさが身にしみて分かったのは本人のためには良かったと思っています。

そして最後の手段というか、最初からそれで行けよと思いましたが、大学に来ている推薦の中から選ぶ事になりました。ちなみに自由応募の結果が出るまでは推薦はもらえません。
希004kai
(ワンちゃんは宝物)

【推薦】
理系の場合おそらく推薦で内定というケースが多いと思います。
よほど自分の行きたい企業があったり、インターンシップ等からある程度内定もらえる確信があるのでなければ、基本最初から推薦でいく方がいいと思いました。

しかし今年の就活は景気上向きから売り手市場とか言われていますが、推薦でも倍率は結構高いそうで、適当にやっても受ければ内定もらえるって甘いもんじゃありません。

大学からも、最近の推薦は、自由だと複数回面接のところがいきなり最終面接に行けるくらいの事で、それ以上のものは無いと言われたそうです。

息子が推薦もらって面接にいった時も、受付で名簿にチェックを入れたらしいけど、その名簿見るとその日だけで15人いたらしい。その中で何人内定もらえたのか分かりませんけど、募集人員からしてそんなに多くはないと思いました。

結局1日で学科と大学での研究内容のプレゼンと面接をまとめてやってもらって、1~2週間後に結果が来ることになりました。
希002kai
(散歩にはカメラを持っていってワンちゃんの写真を撮る)

【内定】
それでもやはり推薦の力は大きかったのでしょう。まずは大学へ内定決定の通知が来て、その後に本人にも来ました(^◇^)

決まった時は、ホントにずっしり肩の上に乗っていた重い荷が下りたというか、本人もですが親もホッとしました。でも就職してからがもっと大事だし大変ですから、いつまでたっても親の心配の種はつきないだろうなぁ┐(´д`)┌ヤレヤレ

その時になって初めて分かるけど、私の親もきっと同じ気持ちだったんだと思います。
随分親に心配かけながらの人生だったのではと反省しています(;´д`)

【就活に強い科?】
今回子供が製造業を何社か受けてみて、結局製造業で就職に強いのは、理系では機械、電気、化学系ではないかと思いました。つぶしが利くというか、とにかく選択範囲が広いです。息子はちょっと違った系列だったので、その点でも苦労したようです。

さらに理系でも女性はやはり不利かな?元々理系女子自体が少ないですけど、企業の採用実績数を見ていると圧倒的に女性が少ない。

そして製造業に限っては、文系(事務系)は推薦がないので大変だろうと思います。
東京の某有名大学文系に行った息子の友人はESだけで30くらい提出して何とか内定確保できたとか言っていたそうです。
希005kai
(今年は女優として開眼してほしい)

大学3年生、大学院1年生は就活の年度になりますから、少しでも自分の就活を有利に進めるためには、早々と色々な情報を収集しておいた方がいいと思います。のんびりしていると乗り遅れることになります・・・となると大学での学業が疎かになってしまいそうですが、それは適度に(^m^;)

また就活中のストレスは親子共に大変なものであることが身にしみて分かりました。
このストレスに打ち勝つ精神力も重要だと思います。
さらに面接の多くが東京や大阪でありますので、地方大学の場合はその交通宿泊費も馬鹿になりません。

様々に厳しい就活ですが、その学生時代の甘さと社会の厳しさを知ることは大事ですし、そこで苦労したことは自分の成長に繋がっているはずです。
若い人達には決して諦めずに就活戦線を頑張ってもらいたいです。

【最後に】
FD2002kai.jpg
ストレスを吹き飛ばすシビックタイプRのM’sスーパークリーナーの吸気音をメインにしたVTECサウンドです。
[広告] VPS


スポンサーサイト
2014.06.18 Wed l 政治・経済・社会 l コメント (12) トラックバック (0) l top

コメント

No title
おはようございます!

まずは息子さんの就職が決まり、良かったですね!
おめでとうございます<m(__)m>
それにしても、この数ヶ月、親御さん共々、胃の痛くなる日々だったようで、ご心中お察し致します。
とはいえ、我が家の息子の場合は、稼業を継ぐという
事で大学へ進んだので、就職活動の厳しさを経験せずに卒業してしまいましたが、他の同級生だったお子さんなどの話を聞くと、それぞれ大変だったことが伺えます。今はどの大学も教育水準が高いので、就職活動に向かう学生さんもほぼ
一線横並び状態で、企業側も逆に落とす学生さんを選ぶのに苦労するようですね。
そんな中、見事栄冠を勝ち取った息子さん、
本当に素晴らしいことだと思います。
関東は気温の差が激しいので、どうぞ体調にだけは
お気をつけください。
そしてオバrevさんはじめ、奥様も
ご苦労様でございました<m(__)m>
2014.06.19 Thu l ぴーち. URL l 編集
No title
こんにちは~♪
今の就活は大変ですねー^^
私は4年時にすーっと決まっちゃいましたよ(笑)
ただし、わずか2年で退職しましたが(;^_^A アセアセ
10年一昔っていうけど、今の学生は大変ですね。
私の時代も就職難といわれてましたが、内定率は意外に高かったです。
まだ出身大学の名前が通用してたからかもしれませんけど^^
2014.06.19 Thu l まり姫. URL l 編集
大変だぁ
就職活動って大変なんですね。
自分なんて、平成2年のバブル入社。
「低学歴」のくせに、なんの苦労も無く“一応東証一部上場”に紛れ込めたもんなぁ(^_^;)

ま、入社してからの大変さはありましたけど(苦笑)


9000回転まで官能的に吹け上がるエンジン!
やっぱイイわっ!!
うーん、ワインディングに行きたくなってきた(笑)

2014.06.20 Fri l tomo. URL l 編集
ぴーちさん
> おはようございます!
>
> まずは息子さんの就職が決まり、良かったですね!
> おめでとうございます<m(__)m>
> それにしても、この数ヶ月、親御さん共々、胃の痛くなる日々だったようで、ご心中お察し致します。

ありがとうございます。
私の場合は、教授にここはどう?と言われて、簡単な履歴書持っていっただけで就職決めてしまいましたから、就活らしい就活は経験ありません(*_*;

家内は少し就活したと思いますが、まあ時代も高度成長期の終わり頃でしたし、就職に困るということはなかったようです。

ということで、本格的な就活は親子で初めてだったわけです。
まあ何がなんだかわからないまま進んでいった感じです。
こんなにストレス貯まるものだとは思ってもいませんでした。

> とはいえ、我が家の息子の場合は、稼業を継ぐという
> 事で大学へ進んだので、就職活動の厳しさを経験せずに卒業してしまいましたが、他の同級生だったお子さんなどの話を聞くと、それぞれ大変だったことが伺えます。今はどの大学も教育水準が高いので、就職活動に向かう学生さんもほぼ
> 一線横並び状態で、企業側も逆に落とす学生さんを選ぶのに苦労するようですね。

継げる家業があるというのは就活においては有難い反面、私もですけど零細企業は全て自己責任で世間の荒波を越えていかなくてはいけないですけどね(-_-;)

製造業は推薦でも結構採用するので、自由応募の場合はちょっとでも気に食わなかったら落とそうという雰囲気を感じました。

上がり症の人や無口な人は、本人の良さを理解してもらうのが大変じゃないでしょうか。
とにかく人前でしっかり話ができて、面接官とキャッチボールができる人が断然有利だろうなと思います。

> そんな中、見事栄冠を勝ち取った息子さん、
> 本当に素晴らしいことだと思います。

ギリギリの滑り込みでしたので、親としてはハラハラ・ドキドキしどおしでした。
次からは(あと2人いますので)、前もってしっかり情報を集めて就活戦線に臨みたいと思います(^_^;)

> 関東は気温の差が激しいので、どうぞ体調にだけは
> お気をつけください。
> そしてオバrevさんはじめ、奥様も
> ご苦労様でございました<m(__)m>

ありがとうございます。
東京に親友がいるし、趣味関係の色々なものも揃っているらしく、本人は東京が近くなったと喜んでいます。
2014.06.20 Fri l オバrev. URL l 編集
まり姫さん
> こんにちは~♪
> 今の就活は大変ですねー^^
> 私は4年時にすーっと決まっちゃいましたよ(笑)
> ただし、わずか2年で退職しましたが(;^_^A アセアセ

そうなんですよ。
もう子供以上に親が疲れ果てました(>_<)

まり姫さんの就活が何年前なのかは不明ですが(^O^;)昔はもっと余裕があったし、だいたい私自身が、教授にここはどう?って勧められて簡単な履歴書持って会社訪問して決まってしまったので、実質的に就活の経験ありません。

でもまり姫さんと同様?私も4年で退職しましたけど(^m^;)

> 10年一昔っていうけど、今の学生は大変ですね。
> 私の時代も就職難といわれてましたが、内定率は意外に高かったです。
> まだ出身大学の名前が通用してたからかもしれませんけど^^

おぉ~!まり姫さんはあのN大ですからね。
でも製造業に限って言うと、愛知は凄いです。
超優良企業のTがありますし、その関連会社がまた超一流揃いです。
当然地元のN大やN工大からはごっそり採用されているんじゃないでしょうか。
もちろんその名声はいまでも通用していると思います。
2014.06.20 Fri l オバrev. URL l 編集
Re: 大変だぁ
> 就職活動って大変なんですね。
> 自分なんて、平成2年のバブル入社。
> 「低学歴」のくせに、なんの苦労も無く“一応東証一部上場”に紛れ込めたもんなぁ(^_^;)

おぉ!確かに平成2年と言えば、バブル真っ最中の頃ですね(^o^)
お陰様で、我が社のような零細企業は見向きもされずで、採用には無茶苦茶苦労しました。
その後バブルが弾けて不況になってからは逆に零細企業にも応募が来るようになり、不況も悪くないなと思ってました(^m^;)

> ま、入社してからの大変さはありましたけど(苦笑)

仰るとおり、重要なのは入社してからですよね。

> 9000回転まで官能的に吹け上がるエンジン!
> やっぱイイわっ!!
> うーん、ワインディングに行きたくなってきた(笑)

やはりtomoさんはそこに注目されましたか(*^_^*)
8400回転のレッドゾーンはまだまだ余裕と言わんばかりに豪快に振り切ります。
超高回転型NAエンジンの気持ちよさは最高です\(^o^)/
2014.06.20 Fri l オバrev. URL l 編集
御子息の就職決定おめでとうございますヽ(*⌒∇^)
こんばんはヾ ^_^♪

まずは、御子息のご就職おめでとうございます。

就職試験後、一番落ち着かないのは本人でしょうが、親も落ち着かないですよね(^^ゞ
子供が気にしているのは分かっていますから、なるべくその話題にはふれない話をしようと四苦八苦ですよね。

うちの時も試験終了後に1ヶ月も通知がなかったので、落ちた時はどう慰めて、次の目標をどう持たせようか?と色々考えたことを思い出します。
諦めて次を探した方が・・・・と喉まで出かかっては飲み込むという繰り返しでした。

その分内定を貰った時は自分が内定したときより嬉しく感じたように思います。

オバrev様の仰るように、理系の就職率の高い学科は、何故か大学入試時の偏差値とは全く一致しません。

まあ、学生の人気と会社が必要とする知識は、当然ズレがあると思いますから、今後理系の大学を目指されている方やその親御さんは、その点にも目を向けられたら良いのでは?と思います。
一般企業への就職を目指す場合に限って言えば、難関の学科を折角通っても、就職先がかなり絞られてしまうようでは、本末転倒ということにもなりかねません。

さて、オバrev様の御子息より少し先に社会人となった息子が、社会人になってから言っていたことがありますので参考になれば・・・という事で書かせて頂きたいと思います。

既にご存知のこととは思いますが、大企業の場合、理系とはいえ英語力は問われるそうで、上に上がるにはTOEICの持ち点で足切りされてしまうようです。
うちの息子の会社の場合、平から最初の肩書きの役職(一般的にいえば係長)に成るためには、最低条件として600点(990点満点)は必要ということのようです。
この最低条件の持ち点基準が上の役職になるほど高く設定されるようです。

基準点は違うにしろ、大部分の日本の大企業で給料を上げるためには、TOEICの持ち点を上げる努力をする事は必要のようです。

うちの息子の親友で東京の某文系の有名大学卒の子がいるのですが、息子が「会社に入った時点の素養が僕とは違い過ぎる!」と羨望と賛辞の感情の入り交じった事を言っていたのを思い出します。

というのも、彼はフランス生まれの日仏ハーフであり、中学までフランスに在住。
ということもあってフランス語は勿論、英語、ドイツ語、イタリア語はペラペラなのだそうです。
息子の結婚式で受付をしてくれたので、彼と話す機会もありましたが、日本語もずっと日本で育ったと言われても分からない程、流暢に話せます。
流石に帰国子女というのに○○大学入っただけある!と私も感心したものです。

大学時代にF1の某外国人ドライバーの通訳のアルバイトでしていたとか。
会社でも、やはり英語以外の語学力が抜群な点がかなり高評価ということらしいです。

しかも、母親の実家が東京ではかなり有名な販売業の老舗だそうで・・・・・親の力のなさを痛感されられてしまいます(;>_<;)

彼は特殊な例でしょうが、やはり仕事に役に立つ素養は持っていて損はないという事ですね。

うちの息子は、設計の線引きの能力がもっとあったらいいのだけれど・・・と最近よく愚痴っています。

それと、自分のやっている仕事に誇りを持って好きになることですよね。
これは、私等が語るより、オバrev様のほうが日々感じておられることと思います。

そうはいっても、学生時代にしかできない事も多いですから、御子息様には就職までの学生生活を有意義に過ごして頂きたいと思います。


素養という点に関してですが、私のように芸能(特に美人女優に関して)の飛び抜けた知識は、仕事に全く役に立たないので、断じて必要ないという事だけは自信を持って言えますけど・・・(~_~;)(^^ゞ

2014.06.21 Sat l 直6大好き. URL l 編集
Re: 御子息の就職決定おめでとうございますヽ(*⌒∇^)
> こんばんはヾ ^_^♪
> まずは、御子息のご就職おめでとうございます。

ありがとうございます(^o^)

> 就職試験後、一番落ち着かないのは本人でしょうが、親も落ち着かないですよね(^^ゞ
> 子供が気にしているのは分かっていますから、なるべくその話題にはふれない話をしようと四苦八苦ですよね。

そうなんですよ。
気にしてもしなくても内定を決めるのは企業ですので、本人も親もどうしようも無いですからね。

> うちの時も試験終了後に1ヶ月も通知がなかったので、落ちた時はどう慰めて、次の目標をどう持たせようか?と色々考えたことを思い出します。
> 諦めて次を探した方が・・・・と喉まで出かかっては飲み込むという繰り返しでした。

子供のモチベーションが切れないように、落ち込まないようにマイナス思考にならないようにと、私は敢えて落ちた時には次もあるからその情報収集もしておくようにアドバイスしました。

> その分内定を貰った時は自分が内定したときより嬉しく感じたように思います。

仰るとおり、親のほうがホッとしましたε-(´∀`*)ホッ

> オバrev様の仰るように、理系の就職率の高い学科は、何故か大学入試時の偏差値とは全く一致しません。

今回子供の就活に伴って色々調べた結果、就職先によって違うかもしれませんが、製造業で選択肢が多いのは理系では工学部の機械・電機・電子・化学だな~!と実感しました。

息子はちょっと違っていたので、面接でそこを指摘されることもあったらしいけど、企業としたら当然だと思います。

確かに人気抜群ではなく、工学部の標準難易度といった科ですよね。

> まあ、学生の人気と会社が必要とする知識は、当然ズレがあると思いますから、今後理系の大学を目指されている方やその親御さんは、その点にも目を向けられたら良いのでは?と思います。
> 一般企業への就職を目指す場合に限って言えば、難関の学科を折角通っても、就職先がかなり絞られてしまうようでは、本末転倒ということにもなりかねません。

その通りだと思います。大学に入ることを目標にするのではなく、その先の就職という実質に目を向けて大学を選ぶべきですね。
そうなると理学部は学問としては魅力的だけどの就職ってのはどうなのかなぁ?

また大学は企業に就職して社会人として通用する教育をしっかりやってもらいたいです。

> さて、オバrev様の御子息より少し先に社会人となった息子が、社会人になってから言っていたことがありますので参考になれば・・・という事で書かせて頂きたいと思います。

おぉ!ありがたいです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

> 既にご存知のこととは思いますが、大企業の場合、理系とはいえ英語力は問われるそうで、上に上がるにはTOEICの持ち点で足切りされてしまうようです。
> うちの息子の会社の場合、平から最初の肩書きの役職(一般的にいえば係長)に成るためには、最低条件として600点(990点満点)は必要ということのようです。
> この最低条件の持ち点基準が上の役職になるほど高く設定されるようです。

成る程~!そういう話は聞きますね。うちに来ている業者の息子さんで某国立大学工学部出て就職したそうですが、会社では英語の勉強ばかりやらされているとか言ってました(^O^;)

現在の製造業の主流は国内ではなく海外ですからね。息子の就職先の売上も国内1に対して海外3だそうです。広島から離れて関東に行きますけど、そもそも日本にいるのかどうかも分からないので、遠い所に就職という感じはしていません(^^ゞ

> 基準点は違うにしろ、大部分の日本の大企業で給料を上げるためには、TOEICの持ち点を上げる努力をする事は必要のようです。

息子にはしっかり伝えておきますm(_ _)mアリガトウゴザイマス

> うちの息子の親友で東京の某文系の有名大学卒の子がいるのですが、息子が「会社に入った時点の素養が僕とは違い過ぎる!」と羨望と賛辞の感情の入り交じった事を言っていたのを思い出します。
>
> というのも、彼はフランス生まれの日仏ハーフであり、中学までフランスに在住。
> ということもあってフランス語は勿論、英語、ドイツ語、イタリア語はペラペラなのだそうです。
> 息子の結婚式で受付をしてくれたので、彼と話す機会もありましたが、日本語もずっと日本で育ったと言われても分からない程、流暢に話せます。
> 流石に帰国子女というのに○○大学入っただけある!と私も感心したものです。
>
> 大学時代にF1の某外国人ドライバーの通訳のアルバイトでしていたとか。
> 会社でも、やはり英語以外の語学力が抜群な点がかなり高評価ということらしいです。
>
> しかも、母親の実家が東京ではかなり有名な販売業の老舗だそうで・・・・・親の力のなさを痛感されられてしまいます(;>_<;)
>
> 彼は特殊な例でしょうが、やはり仕事に役に立つ素養は持っていて損はないという事ですね。

直6さん、話があまりに凄すぎて、現実なのか夢なのか分からなくなりそうですが、東京あたりにはとてつもない人がいるんですね(*_*;
そういう人が面接で来たら、そりゃどんな面接官でもOKだしますよね(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

> うちの息子は、設計の線引きの能力がもっとあったらいいのだけれど・・・と最近よく愚痴っています。>
> それと、自分のやっている仕事に誇りを持って好きになることですよね。
> これは、私等が語るより、オバrev様のほうが日々感じておられることと思います。

仰るとおりですね。
自分の仕事の価値というものをしっかり認識していることは非常に重要です。
スタッフもモチベーションのためにも、我々の仕事の意味や我が社の理念、社会貢献などについてはしっかり説明しています。

そしてやはりこの道のプロ、職人として追求していく姿勢は非常に大事だと思います。
と言うか、そうした方が楽しく仕事ができますし、私自身そういう人と仕事をしたいです。

> そうはいっても、学生時代にしかできない事も多いですから、御子息様には就職までの学生生活を有意義に過ごして頂きたいと思います。

これは言わなくても本人はしっかり満喫しているような気がします(^^ゞ

> 素養という点に関してですが、私のように芸能(特に美人女優に関して)の飛び抜けた知識は、仕事に全く役に立たないので、断じて必要ないという事だけは自信を持って言えますけど・・・(~_~;)

いえいえ先ほどのとんでもない方と較べてはいけませんよ。
私も人生長いですし、職場も変わったり、色々な人と付き合ってきましたけど、そんな凄い人見たことも会ったこともないです(=o=;)

それよりも直6さんのその物事をトコトン追求するという姿勢と、コミュニケーションのツールとして美女研究というのは十分役に立っているんじゃないでしょうか(*´σ-`)エヘヘ
2014.06.22 Sun l オバrev. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.23 Mon l . l 編集
No title
なんとなぁ~く解ります。
学生時代、バブル弾けた後世代なので就職は苦労しましたですよ。

理学部物理学科なんて、学者になる以外で出来る仕事なんてあるのか?そもそも何が出来るんだ?何がしたいんだ?と。
定職に落ち着くまで10年、ぃぁ20年、ぃぁぃぁ今年まで掛かりましたよw

息子さんおめでとうございます。
理系ならではの思考で大成、大成功しますように!

2014.06.23 Mon l naru. URL l 編集
秘コメさん
秘コメさん、コメントありがとうございます。
まあ、どの道が良かったかは後にならないと分かりませんから、今行く道を行くしかないと思っています。
2014.06.24 Tue l オバrev. URL l 編集
naruさん
> なんとなぁ~く解ります。
> 学生時代、バブル弾けた後世代なので就職は苦労しましたですよ。

おぉ~!今でも厳しいと思いましたが、もっともっと厳しい時代だったんですね(゜o゜;

> 理学部物理学科なんて、学者になる以外で出来る仕事なんてあるのか?そもそも何が出来るんだ?何がしたいんだ?と。
> 定職に落ち着くまで10年、ぃぁ20年、ぃぁぃぁ今年まで掛かりましたよw

な、何と!!naruさんは理学部物理学科だったんですか。
理学部物理学科の就職って、医療で言えば基礎系、例えば解剖学の研究者が病院の臨床医として就職するのが難しいような感じでしょうか?

息子も工学部ではありますが、半部くらい物理学科みたいな科でして、機械科や電気・電子科のようにすんなりとはいきませんでした(>_<)

> 息子さんおめでとうございます。
> 理系ならではの思考で大成、大成功しますように!

ありがとうございます。
実験は好きみたいですが、理系ならではの思考がいい方に行けばいいのですが^^;
2014.06.24 Tue l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/486-cfd0ab44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)