今日は連休初日(土曜日は仕事なもんで・・・)、年始早々様々な課題が山積みですが(*_*;何とかこなしつつ、駅伝見ながら少しゆったり過ごしました。
駅伝2
ところでいつも思うのですが、マラソンや駅伝の選手って、真冬に走るくせに、半袖シャツに短パンで絶対に寒いと思うんですけど、どうなんですかね?

ちなみに私が夜ジョギングする時は長袖長ズボンは勿論ですけど、上は6枚重ねて着てます(・ω<)

ということで、時間があったので久々に車ディーラー試乗へε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
新型ピンククラウン
車は雑誌で見てビックリして腰が抜けそうになったNewクラウンです
既にレクサスのスピンドルグリルでその徴候はありましたが、クラウンもこれまでの大人しいフロントグリルから、思い切りドスの効いた目立つフロントグリルにrebornしました工エエェェ(´д`)ェェエエ工―
なおこの気が狂ったとも思えるピンク色も章男社長は必ず出しますと言ってました(゜o゜;
新型クラウン・フリントグリルkai
おそらくトヨタ車内でもデザインについて賛否両論あったと思いますが、デザイナーの意見を尊重するという現在のトヨタシステムが、私は裏目にでたような気がしますけど(・_・;)

でも写真で見たより実物は少し端正でホッとしましたので、派手好きで目立つことが好きな人や若者には受けそうですが、田舎でほそぼそと企業を経営している私のような年寄りには、目立ちすぎてやはり受け入れがたいデザインです orz
新旧クラウンkai
旧型まではそうでしたが、さりげなく上質で外寸も見た目よりコンパクトで扱いやすいのがクラウンのDNAだと思ってましたが、完全に生まれ変わったんですね┐(´д`)┌

これで試乗して期待はずれだったら、完全に対象から外れます。

広島トヨタに行って、エスティマを色々世話してくれた(まだ検討中ですが・・・)新人営業ウーマンのM氏の名前を告げると、暫くして説明にやってきてくれました。
クラウン1kai
ただ、クラウンについてはまだ勉強不足だったようで、こちらが教える場面も^^;
クラウン2kai
展示してあったのは、クラウン3.5LのアスリートGです。価格は575万円とクラウンの中で一番高い。全幅x全長x全高は1800x4895x1450mmと見た目よりもコンパクトで、特に全幅が1800mmと、国産グローバルカーより狭くなっており、広島市内等でで駐車場に入れる時は便利だと思います。
クラウン3kai
運転席に座ると、エンジンを掛ける前はシートがかなり後ろまで下がっていて、乗り降りしやすくなっています。エンジンスタートするとシートが合わせてあるポジションまで動いてきてくれるんですが、ただこれだけ下がっていると、小柄な営業ウーマンM氏だとブレーキ踏んでエンジン掛けようと思っても手も足も届かない(;O;)

このスタート前シートポジションは設定できるようになってるのかな?

何とかエンジンスタートさせましたが、V6の3.5Lは実に静かでスムーズで上品です。
パワーは315ps/6400rpm、38.4kgm/4800rpmと結構高回転型ですね。
クラウン6kai
ナビやインパネの文字は大きく、どう見ても年寄りを意識した作りになっていると思うのですがどうなんでしょうかね、トヨタさん。
[広告] VPS
巡航時には本当に静かです。少しアクセルを踏めば実にシルキーにエンジンが回って車が前へ出て行きます。そしてアクセル全開では、やや大人しめですがシルキーで官能的なV6サウンドを聴かせてくれます。

エンジンは非常に気持ち(・∀・)イイ!!です。

ですが残念に思ったのは足回りとハンドリング。
足回りはクラウンにしては少し固めてあるんでしょうが、私的にはまだ軟らかい。
ハンドリングもダイレクト感がなく、そしてボディ剛性もBMWやベンツのようなシッカリ感が感じられず、全体として何かフワフワした締りのない印象でした。
図2kai
ただ安全性能はかなり向上しています。オプション装備になるものもありますが、購入するなら是非付けたいものばかりです。

そして今回は試乗出来なかった2.5L直4ハイブリッド。
システム出力220psでJC08モード燃費が脅威の23.2km/L。
価格はアスリートSで469万円。

V6の2.5Lが203psで燃費は11.4km/L、アスリートSで413万円。
V6の3.5Lが315ps、9.6km/L、アスリートSで497万円。

動力性能&価格が丁度V6 2.5LとV6 3.5Lの中間で、燃費は倍以上ですから、主力はこのハイブリッドになるんじゃないでしょうか。実際、初期の予約ではハイブリッドが60%と主力になりそうな勢いです。

私個人的には、エンジンは凄く気持ち良くて気に入りましたが、トータルでは完全却下で対象外です(^^ゞ

難しいのは、上にレクサスがあり(センチュリーは除く)、下にはサイズやエンジンが同じマークXがあって、クラウンの立ち位置が霞んできていることはあると思います。

もう一度クラウンの存在感を蘇らせる必要性をトヨタも感じているんでしょう。その答えがデザインであったんだろうと思いますが、それがどう結果に結びつくかは暫く経過を見るしか無いと思います。間違いなくユーザー層は変わるでしょう。
レクサスIS
こうなったら5月FMCと言われている同じV6エンジン登載のレクサスISに期待したいところですが、あのレクサスのアイデンティティであるいかつくて下品な?スピンドルグリルがどうデザインされているかが心配です(;_;)

最後にE90とのんちゃんたたずむ in late autumn
BMW Nonkai
スポンサーサイト
2013.01.13 Sun l l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
おはよございます!

ジャンレノとたけしという豪華なコラボCM見ましたが、まさかこの会社が!と思う所のこの思い切った斬新さには脱帽させられました^^
それと詳しくは見ていないんですが、ガンダム仕様のデザインもあるみたいですね♪
日本の車のつまらなさを少しでも打開していくのには、このデザインが新しい日本車としての担い手になっていただきたいものです♪
所で光岡のビュートも20周年記念のアニバーサリー車を打ち出す様ですね(^^)v

応援凸
2013.01.14 Mon l ぴーち. URL l 編集
No title
こんにちは~♪
トヨタがトヨタらしくないことを下っていう感じですね~
フロント部分はクラッシックカーのイメージのつもりでしょうか(笑)
それにしても社長が絶対に出すと言っているピンクのクラウン、暴走族が喜ぶかもしれませんね(爆)
2013.01.14 Mon l まり姫. URL l 編集
ぴーちさん
> ジャンレノとたけしという豪華なコラボCM見ましたが、まさかこの会社が!と思う所のこの思い切った斬新さには脱帽させられました^^
> それと詳しくは見ていないんですが、ガンダム仕様のデザインもあるみたいですね♪

いやいやトヨタのCMにジャンレノがどらえもん役で出た時は驚きました(゜o゜;
斬新と言えば斬新ですけど、たけしとジャンレノの共演、そしてピンクのクラウンやら、間違いなくトヨタはrebornした?

> 日本の車のつまらなさを少しでも打開していくのには、このデザインが新しい日本車としての担い手になっていただきたいものです♪

実物は写真よりも違和感ないですし、若者や都会のおじさんには受け入れられると思います。しかし私のように田舎に住んでいて、既にどこの誰で何をしていて、どんな車に乗っているが、全て割れている者には目立ちすぎてちょっとキツイ(^^ゞ

> 所で光岡のビュートも20周年記念のアニバーサリー車を打ち出す様ですね(^^)v

おぉ!さすが車に詳しいぴーちさん。
これは知りませんでした(*_*;
2013.01.14 Mon l オバrev. URL l 編集
まり姫さん
> こんにちは~♪
> トヨタがトヨタらしくないことを下っていう感じですね~

これまでのトヨタだったら、役員会の厳しいデザインチェックを受けて、デザイナーが何度も修正したものを出してきていましたが、その役員会のチェックよりもデザイナイーの意見を重視するように章男社長がしたみたいです。

良し悪しは別として間違いなくトヨタデザインは変わるでしょうね。

> フロント部分はクラッシックカーのイメージのつもりでしょうか(笑)

おそらくこれはアウディを意識したと思います。
ただアウディなど欧州車のデザインは、フロントグリルだけでなくシルエット全体で統一感があり、アイデンティティを主張できていますので、まだトヨタのデザインはとってつけたようで消化しきれていないように思います。

> それにしても社長が絶対に出すと言っているピンクのクラウン、暴走族が喜ぶかもしれませんね(爆)
仰るとおり、まさに暴走族仕様としか見えませんけどね┐(´д`)┌
まさに
2013.01.14 Mon l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/417-ae258dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)