現在、TV録画と動画編集に使っていた組み立てPCが不調で使えず、何か手持ち無沙汰です^_^;
どうも後から追加したメモリーが不良で、パソコンが立ち上がらなくなってしまいました。そして追加したメモリーを外したら、パソコンは立ち上がるものの、今度はTVが映らない(TдT)・・・後は組み立てパソコン責任者の家電アルバイターM君に頼るしか無い。

真央ちゃんが今シーズン競技会初登場するというNHK杯が今週末に迫っているので焦ってます。
NHK杯までには何とかしないとヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

ただパソコンの修理は、いつも世話になっているパソコンショップのオヤジさんがサービスで直してくれました(^O^)アリガトー

ところで東日本大震災のための復興債の償還期間が25年で合意しました。その財源としての復興増税が10兆円くらいになるらしいですけど、それは個人の所得税と法人税の増税によります。またG20で消費税を10年代半ばまでに段階的 に10%まで引き上げると突然国際公約(?o?)

その増税に加えて、さらに年金保険料率アップという話がでています。厚生年金の保険料は、今まで月収60万上限でそれ以上は月約5万くらいだったんですが、これを120万円を上限にして保険料を月約10万円にするという案が厚労省からでてます。この厚生年金保険料は個人の納める金額と同額を企業が納めてます(T_T)
我々経営者から見れば、2重の負担増 orz
これで年間9000億円の保険料増収になるらしいですけど、こりゃ増々企業は海外進出が加速され、日本国内の雇用が失われていくと思います。

政府の借金がギリシャを遥かに上回るGDPの200%という中での復興ですので、増税もある程度やむを得ないところはありますが、増税だけしてお終い?

国家破綻寸前のギリシャは、公務員大幅削減、公務員給与大幅引下げ、年金大幅カット、増税と日本より遥かにまともな政策をあげてます。
政府債務を減らすにはマジックはありません。

増税するなら、当然公務員削減、給与引き下げ、公務員の共済年金は厚生年金より月2万円も多い(掛金少ない)し、こんな時に凍結にはなったけど朝霞国家公務員宿舎建設105億円計画?(は5年間凍結!)
そして天下りもいっこうに無くならない。野田総理は政権交代以前には公務員OB26,000人が4,700の法人に天下って12兆6千億円が支払われているのはけしからんと言われていましたけど(;・∀・)、こんな税金垂れ流しは廃止すべきでしょ!

さらに当然ですが、議員の定数削減と給与カット。

増税に平行して、自ら身を削っていくというもの無しに増税だけでは納得できんねヽ(`Д´)ノプンプン

しかし野田政権の閣僚を見ていると、素人ばかりで官僚の操り人形にしか見えません(´・ω・`)公務員改革できるんでしょうか?せめて「やりたい」と言ってくれ _| ̄|○

スポンサーサイト
2011.11.09 Wed l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.11.10 Thu l . l 編集
No title
こんにちは☆

鳩山内閣のときは沖縄問題をのぞいてまだ民主党もまともでしたが、それ以降は仰る通りですね。
高級官僚の天下りは放置、国家の政策は官僚任せだから、管元総理が突然TPP参加を言い出したのも当然でしょう。
年金の減額と保険料負担の増額は厚生労働省が前々から持ち出そうとしていたもので、支給年齢の先送りまで厚労省が持ち出したのには裏があります。
簡単に言えば年金の運用に失敗して244兆円もあった積立金を減らしたための穴埋め策です。
官僚が何も責任を取らず、ツケだけ国民に回そうということさえ見抜けない内閣なんて国民にとっては害はあっても益はゼロでしょうね。

ギリシャの金融危機は公務員らには何の責任もありません。
国が野放図に海外投資にお金を使ったことが、破たんの原因です。
元をただせばアメリカ流の経済政策を導入しようとしたことが借金地獄に陥ったものと考えられます。
アメリカ流の経済政策から脱却したかつての金融破たん国家アルゼンチンをはじめブラジル、ベネズエラなど中南米諸国は経済システムがしっかりして、発展しています。
日本もアメリカの市場原理主義政策から脱却しない限り、ジリ貧になることは止まらないでしょうね。
要するにすべての規制を強化しないと一部大企業を除き、中小零細企業は生き残れません。
2011.11.10 Thu l まり姫. URL l 編集
まり姫さん
> こんにちは☆
>
> 鳩山内閣のときは沖縄問題をのぞいてまだ民主党もまともでしたが、それ以降は仰る通りですね。
> 高級官僚の天下りは放置、国家の政策は官僚任せだから、管元総理が突然TPP参加を言い出したのも当然でしょう。

まり姫さん、一つ前のコメントはこれとほほ同じものですので、このコメントに返事させてもらいますね^_^;
鳩山元総理の最大の失政は沖縄問題で、その影響は東アジアの安全保障に大きな影を落としたままだと思ってます。結局その責任とって辞任することになりました。

仰るとおり、政治主導どころか完全に官僚支配になってしまいました
民主党自体のの未熟さもですが、ならば官僚でなくても有能な人を側において使えばいいだけだと思うんだけど、それさえしない。その結果が今の官僚支配と最悪の状態。これじゃ国民の意志は全く反映されないですね(;_;)

> 年金の減額と保険料負担の増額は厚生労働省が前々から持ち出そうとしていたもので、支給年齢の先送りまで厚労省が持ち出したのには裏があります。
> 簡単に言えば年金の運用に失敗して244兆円もあった積立金を減らしたための穴埋め策です。
> 官僚が何も責任を取らず、ツケだけ国民に回そうということさえ見抜けない内閣なんて国民にとっては害はあっても益はゼロでしょうね。

そうですねぇ、官僚は絶対に失敗しないみたいだしし、失敗と認めませんからね┐(´д`)┌ヤレヤレ
これを変えなきゃ、日本の未来はないんじゃないでしょうか。

> ギリシャの金融危機は公務員らには何の責任もありません。
> 国が野放図に海外投資にお金を使ったことが、破たんの原因です。
> 元をただせばアメリカ流の経済政策を導入しようとしたことが借金地獄に陥ったものと考えられます。

確かにドラクマからユーロになって、ついその蜜の味に酔ってしまって身の丈を超えた借金をしてしまったのは大いにありますね。

ただ労働者の1/4を占める公務員(家族を含めるとさらに関係者は多くなりますが)の人件費や、55才で退職すると給与の85%の年金が貰えるというシステムも赤字に大きく関与していたと思っています。さらに破綻した民間企業を国営化して雇用はそのまま維持し、赤字体質がよりひどくなるということも繰り返してきたし、消費税(売上税)もまともに払っているのは1割という脱税当たり前の国民性?も赤字体質に関係していると思います。

> アメリカ流の経済政策から脱却したかつての金融破たん国家アルゼンチンをはじめブラジル、ベネズエラなど中南米諸国は経済システムがしっかりして、発展しています。
> 日本もアメリカの市場原理主義政策から脱却しない限り、ジリ貧になることは止まらないでしょうね。
> 要するにすべての規制を強化しないと一部大企業を除き、中小零細企業は生き残れません。

TPPもまさにそこが危惧されているところです。
しかもそのアメリカに対抗して、したたかに外交ができる人材はまるで見当たらんと思うんだけど orz

素人集団内閣で、日本の舵取りがうまくできるんでしょうか(?o?)
2011.11.10 Thu l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/323-1b20bfa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)