津田・達川
今日7月20日は、元広島カープの炎のストッパーこと津田恒美投手の命日です。

山口県南陽工高でエースとして活躍し、高校3年春・夏と、二回甲子園へ出場。春の甲子園は刈谷高、東海大四高を破りベスト8進出。

夏の甲子園は宇治山田商を完封シャットアウトで破り初戦を突破。続く二回戦では打線の援護がなく天理に0-1で敗れるも、その力強い速球は「大会ナンバーワン投手」と謳われました。

しかし高校卒業後はプロには進まず、山口県防府市の協和醗酵へ入社。3年間でさらに力をつけドラフトの目玉に成長。ドラフトでは念願の?広島から1位指名を受けました。

同じ年のドラフトでは、巨人が槇原投手を1位指名、甲子園優勝投手金村は近鉄が1位指名、プロ入りを拒否していた工藤公康投手を西武が6位で疑惑の指名、ロッテは現監督の西村内野手を5位、ヤクルトも現監督の小川外野手を4位で指名しています。

プロでは入団1年目に11勝をマークし、見事にカープ初の新人王を獲得。この後堰を切ったように1984年小早川、1985年川端、1986年長富と3年連続でカープから新人王が出ました。

2年目以降は肩痛や右腕血行障害などで伸び悩み、成績も徐々に低下していた中、5年目の1986年に抑えに転向。防御率2.08、4勝6敗22セーブでチーム5度目の優勝に貢献し、カムバック賞も獲得しました。

闘志剥き出し、球種のほとんどが最高153km/hを誇る剛速球で、ストレートのサインが出るまで首を縦に振らないという意地っ張り。そしてピンチになるほど球速もあがり、ストレートと分かっていてもバッターが打てないという、まさに炎のストッパーそのもので、見ていて惚れ惚れするような投球でした。優勝を決めた神宮球場ヤクルト戦では、先発北別府が、津田に投げさせてやってくれと最終回のマウンドを譲り、見事胴上げ投手となりました。

ところがまたもや翌年以降は救援に失敗することが多くなり成績低迷。抑えで出てきてランナーを貯め逆転されるケースもあり、「サヨナラの津田」と言われたこともありました。カープ黄金期で、私も毎年熱心に応援していましたが、確かにここ最近の永川のような感じで、リードしていても安心感がなかったし、打たれて負けるとボロクソ言っていた記憶があります(^_^;

しかし1989年には防御率1.63、12勝5敗28セーブを挙げる活躍で最優秀救援投手、ファイアマン賞に輝き、再び復活しました。これでまた活躍してくれると期待していましたが、翌年から故障と体調不良のためほとんど登板機会がなくなり、1991年4月14日の巨人戦登板を最後に悪性脳腫瘍のため退団。最後のバッターは現巨人監督の原辰徳でした。
津田恒美プレート
その年、津田の病気を知った広島ナインは、何とか津田に優勝を送ろうと、シーズン終盤に5ゲーム差をひっくり返し、見事に広島球団としても最後となってしまった6回目の優勝を津田に届けましたが、広大病院で検査したときには処置のしようがない状態だったらしく、2年間の闘病生活の後の1993年7月20日、32歳の若さで逝去。

その日はちょうど東京ドームでオールスター第一戦が行われていたのですが、その試合中に訃報が入ったのです。
山田雅人語りの世界
その津田投手の語りを、阪神ファン?であろう山田雅人が広島でやったそうです。動画はその直前のスポーツ元気丸で一部を披露してくれた時のものです。通算成績は286試合出場、49勝41敗90セーブ、防御率3.31。ずば抜けた成績ではありませんが、まさに記録よりも記憶に残る名選手だったと思います。

津田投手年度別投手成績

年度 登板 勝利 敗戦 SP 回数 防御率 球団順位
1982 31 11 6 0 166.2 3.88 4位
1983 19 9 3 0 132.0 3.07 2位
1984 14 3 4 1 54.1 4.64 優勝
1985 22 2 3 1 42.0 6.64 2位

1986 49 4 6 22 69.1 2.08 優勝
1987 47 3 4 18 65.2 1.64 2位
1988 47 5 9 20 72.1 3.86 3位
1989 51 12 5 28 83.0 1.63 3位

1990 4 0 0 0 6.2 2.70 2位
1991 2 0 1 0 1.0 27.00 優勝


スポンサーサイト
2011.07.20 Wed l 野球 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちは☆
私も子ども心にカッコイイと思っていましたよ^^
当時は父の影響で近鉄フアンでしたが、トレードしてくれないかななんて思ってました(*^^)

ちなみに私のブログ記事にも著名人の忌日に何故か津田投手が(^^;;
2011.07.21 Thu l まり姫. URL l 編集
まり姫さん
> こんにちは☆
> 私も子ども心にカッコイイと思っていましたよ^^
> 当時は父の影響で近鉄フアンでしたが、トレードしてくれないかななんて思ってました(*^^)

おぉ~!津田をご存知でしたか。
昔は近鉄ファンだったんですね。当時は広島と近鉄で日本シリーズを戦ったこともありました・・・オーナーがドケチ息子になってからはサッパリですけど(@_@;)

> ちなみに私のブログ記事にも著名人の忌日に何故か津田投手が(^^;;

そうでしたね~!見逃してましたよ。
でも取り上げてくれてありがとうございます。
私は、一喜一憂しながらライブで見ていましたので、訃報が入った時には大変驚きました。
2011.07.21 Thu l オバrev. URL l 編集
No title
こんばんは!

150キロ代の豪速球投手だったですか。
その当時はなかなかそれだけの速球を繰り出す選手というのは、少なかった様に思います。
今では色々とスポーツ科学も発達して、速球を繰り出せる筋肉トレーニングを取り入れて
訓練している為か、最近は珍しくはなくなりましたが、何でもそうですが、その道の先駆者となると、大変な努力があった事でしょうね。
広島が絶好調の頃は、ツバメは絶不調期でしたので、神宮で他チームが胴上げ場面が目立っていましたっけ(^^ゞ
まあ、うちの話は置いておいてw
それにしても、記録よりも記憶に残る選手というのは素敵な言葉ですね^^
記録や成績ばかりを追求される厳しい世界では
あるでしょうけれど、ファンの心に永遠に刻まれる
活躍の出来る選手もまたファンとしては、応援せずにはいられない存在かと思います^^

応援凸
2011.07.22 Fri l ぴーち. URL l 編集
ぴーちさん
> こんばんは!
>
> 150キロ代の豪速球投手だったですか。
> その当時はなかなかそれだけの速球を繰り出す選手というのは、少なかった様に思います。
> 今では色々とスポーツ科学も発達して、速球を繰り出せる筋肉トレーニングを取り入れて
> 訓練している為か、最近は珍しくはなくなりましたが、何でもそうですが、その道の先駆者となると、大変な努力があった事でしょうね。

ぴーちさん、昨日は飲み会、今日は朝から広島市で某会の会合があったため、返事が遅くなりましたm(__)m

1986年の津田は、スピードも150キロ超でしたが、思い切り魂を込めたと言いましょうか、まさに剛球で、球の力がありました。この年が、彼の絶頂期でしたね。見ていて楽しかったです。

有名な話で、当時津田のストレートを打った巨人原選手が、手首を骨折してその後のシーズンを棒に振ってしまいまったくらいです。

今の投手の150キロの方が、球質は軽いように感じます。

> 広島が絶好調の頃は、ツバメは絶不調期でしたので、神宮で他チームが胴上げ場面が目立っていましたっけ(^^ゞ

そうでしたっけ。ヤクルトは野村監督になって、古田が成長して強くなりましたよね。

> まあ、うちの話は置いておいてw
> それにしても、記録よりも記憶に残る選手というのは素敵な言葉ですね^^
> 記録や成績ばかりを追求される厳しい世界では
> あるでしょうけれど、ファンの心に永遠に刻まれる
> 活躍の出来る選手もまたファンとしては、応援せずにはいられない存在かと思います^^

そうなんですよ。1986年の150キロ超の唸るような豪速球も記憶にあります。あの時は見ていても打たれるような気がしませんでした。その後抑えででては打たれて負けていた、それでも直球に拘っていた津田も記憶にあります。そしてあの突然若くしてこの世を去ってしまったという幕切れ。泣き笑いが激しかっただけに、より記憶に残っているんでしょうね。

2011.07.24 Sun l オバrev. URL l 編集
No title
こんにちは。

亡くなられて、もう20年ですか・・・。

津田投手については、達川さんがよく解説時に一番球が速かったピッチャーと名前を出してくれるので、世間に忘れられることなくいるのは嬉しいことですね。

タイプ的には違いますが、直球で押しまくるサファテは津田投手を彷彿させてくれます。やはり、直球だけで抑えられる(サファテの変化球も良いですが)のは漫画の投手みたいで憧れます。

そういえば津田の息子さんはどこへ・・・。古葉監督と師弟関係時には地元テレビでも特集してましたが、もう野球は辞めたんでしょうかね?

・・・自己解決してしまいまいたw
津田大毅さんは、サラリーマンになられたみたいですね。子供のころのユニフォーム姿を見て、将来はカープで活躍してもらいたいと思っていましたが、違う世界で活躍されることでしょう。

今年は、いつもながらの5位でありながら2位に2ゲーム差(実は交流戦無ければ貯金生活)、後半戦に希望が持てるのは本当に嬉しいことですよね!外国人も獲得しましたし広瀬も復帰、多少打線に厚みも出ますし、本当に頑張ってもらいたいです。
2011.07.24 Sun l あずき. URL l 編集
あずきさん
> こんにちは。
>
> 亡くなられて、もう20年ですか・・・。
>
> 津田投手については、達川さんがよく解説時に一番球が速かったピッチャーと名前を出してくれるので、世間に忘れられることなくいるのは嬉しいことですね。

達川は津田といっしょにやった仲ですからね。
達川も記録は2流ですが、印象に残る選手でした(^^ゞ

> タイプ的には違いますが、直球で押しまくるサファテは津田投手を彷彿させてくれます。やはり、直球だけで抑えられる(サファテの変化球も良いですが)のは漫画の投手みたいで憧れます。

サファテは素晴らしいすね。確かにあの直球は、津田の全盛期を思い起こさせてくれます。

> そういえば津田の息子さんはどこへ・・・。古葉監督と師弟関係時には地元テレビでも特集してましたが、もう野球は辞めたんでしょうかね?
>
> ・・・自己解決してしまいまいたw
> 津田大毅さんは、サラリーマンになられたみたいですね。子供のころのユニフォーム姿を見て、将来はカープで活躍してもらいたいと思っていましたが、違う世界で活躍されることでしょう。

そうなんですよ。九州国際大学から古葉監督を慕って東京国際大学に編入そたそうですが、ケガでほとんど登板できず、リーグ最終戦で初登板し、打者一人に四球で交代だったらしいです。でも古葉監督もピッチャー津田を告げたときは万感の思いがあったでしょうね。

> 今年は、いつもながらの5位でありながら2位に2ゲーム差(実は交流戦無ければ貯金生活)、後半戦に希望が持てるのは本当に嬉しいことですよね!外国人も獲得しましたし広瀬も復帰、多少打線に厚みも出ますし、本当に頑張ってもらいたいです。

もう13年も連続でBクラスですから、久々にCS進出の可能性を身近に感じながらの後半戦突入ですね^^;
野手では新外国人と故障者復帰、投手ではマエケンが本調子になってきて、中村、ソリアーノ、ジオが勝ち星を稼いでくれると期待できるかも?
2011.07.25 Mon l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/305-30682a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)