アジアカップ2011ゴールシーンの第二弾は、準決勝韓国戦です。
韓国戦1
前半は日本が本田を起点としてた縦パスなどで攻めましたが、23分不可解なPKを後に話題を振りまいたキ・ソン・ヨンに決められました。

しかし日本はその後も攻撃の手を緩めず、内田、岡崎で韓国からボールを奪い、岡崎~内田~遠藤~香川と繋ぎ、さらにパスを受けた本田が、長友に鮮やかなスルーパス。ゴール前に持ち込み最後前田に足先パス、これを前田が倒れ込みながら同点ゴール!(36分)。
[広告] VPS
後半は圧倒的に韓国に押し込まれましたが、なんとか凌ぎ延長戦へ。その前半6分、本田のスルーパスに走りこんだ岡崎が倒され、これまた?のPK。韓国1点目となったPKの主審によるお返しか??

韓国戦2
キッカーは本田。しかし正面に蹴ったPKをGKチョンソンリョンが止めた~(;O;)
と、そこへ本田が蹴る前から全速力で後方から走りこんでいた細貝がこぼれ球を見事にゴ~ル~)^o^(

延長線でのリードは大きい。これで逃げ切りかと思われた後半終了間際の14分に、日本ゴール前の混戦の中からファンジェウォンがシュート。日本ゴールのネットを揺らせた_| ̄|○

ついに2対2で終了。PK戦にもつれ込みました。こうなると追いついた韓国が心理的に有利なはずですが、日本1人目キッカーの本田が決めて、流れを止めました。
uvs110215-001.jpg
そしてGK川島が韓国1人目イヨンレ、2人目ホンジョンホと立て続けにスーパーセーブ(^o^)v
結局4人目今野が決めて3-0で日本が勝利ぃ~(∩´∀`)∩ワーイ
[広告] VPS

しかし海外移転先でも、アジアカップが始まっても今ひとつピリっとしなかった川島ですが、韓国戦から見事に復活しましたね。

今回主力として活躍した本田24才、香川21才、長友24才、岡崎24才、長谷部27才、内田22才、川島27才とこれから円熟期を迎える選手が多く、まだまだ成長が期待できますね。次はいよいよ決勝です。アップするかどうかは???ですけど(^_^;)
PK戦
スポンサーサイト
2011.02.15 Tue l スポーツ l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/264-e7ceb2be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
皆様、お疲れ様です。寝不足の方が多いのでは? いや~!又、凄い試合でしたね。ロベルトも30年間、1000試合前後のサッカーを 見てますが、PK戦のスコアが3-0なんて初めて見ました。 GK川島 永嗣のお...
2011.02.20 Sun l 政治の本質