sunday
今日のサンデープロジェクトに慶応大学教授の竹中平蔵氏と金子勝氏がでて、お互いをけなし合って?いた。先日もNHKで同じように議論ではなく反論しあっていたけど、どうも学者の先生の話は現場をあまり知らないためか、今ひとつ説得力なかった気がします。

確かに政治家や官僚の反対にあって構造改革がすすんでないのは事実だろうが、それを具体的にどういう経済政策で取り組めばいいのかの具体策はありませんでした。聞いていても未来は見えてこない(´д`)ハァ~

しかしその後に登場した、伊藤忠商事会長の丹羽宇一朗さんの話はうならされた。
さすが辣腕の経営者だけあって、冷静に現状や現場を把握していて、
将来の景気は、人口が増える限り絶対に上向く、中国は既に景気が動き始めていると言っていた。

しかし、人口が減っていく日本はどうなるの(T_T)

丹羽さんは、中国やインドやアジアは人口は増えていくし、アジアを国内の経済圏と思えば全然心配ないと言っていたが、私の業界は完全国内産業でアジアに進出できないんだけど・・・orz
スポンサーサイト
2009.01.18 Sun l 政治・経済・社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/24-90ee0d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)