トヨタの豊田章男社長が、トヨタ車の問題で、米公聴会に出席して証言しましたが、どうも腑に落ちないですね。

815221.jpg
1.トヨタ車の急加速再現実験は非現実的?

トヨタプリウスが電子制御システムの不具合で車が急に加速すると指摘され、米国公聴会で南イリノイ大学・ギルバート准教授は「トヨタ車の急加速の原因は、電子制御システムの不具合で発生することを実験で再現した」と証言しました。

その実験とは、アクセルに繋がるA,B,C,Dの4本のコードのうち、AとDの2本が断線してなおかつ、AとDが繋がってショートしている状態で、CがDと繋がってしまった、という条件で、急加速が起こったというものです・・・まともなのはBだけ・・・しかもA,C,Dはショートしてるってこと、実際に起こりうるの???普通に考えても無理だと思います。

これに対してトヨタは、第三者機関の専門家らを招き、「教授が行った実験手法は電子配線を意図的に変えており、実際には起こりえない状況だ。また同じ状況になれば他のメーカーでも起こりうる」と反論し、実際にトヨタ以外の車を使って急加速の状況を再現しました。

なお、このギルバート准教授は、トヨタ車問題訴訟を起こしている会社経営者ショーン・ケーン氏より資金提供を受けていたとされ、訴訟を有利に進めて利益を得ようとするショーン・ケーン氏の影が見え隠れしている・・・もう見えてますが(;´∀`)

スミス
2.公聴会での証言者の車に異常なし?

また、米公聴会でスミス女史は「レクサスES350」に乗っていた際「車は勝手に加速を続け、時速100マイル(160キロ)超になってしまった」と泣きながら証言しました。スミスさんは4,800キロ走行時にこのES350を手放して、現在はそれを購入した新しいオーナーが運転して48,000キロ走行しているそうですが、トラブルはなかったらしい。そしてこのクルマを現オーナーから買い取り米当局が調べたところ、急加速のトラブルはなかったということです。

よく調べてみると、スミスさんは元々あったフロアマットの上に、全天候型フロアマットを2枚重ねにして運転していたらしく、NHTSA(米道路交通安全局)の検査官は、フロアマットがアクセルペダルに引っかかったことが原因と判断しました。しかしスミスさん夫妻は、フロアマットのせいではないと主張。スミス夫人は、車が速度を上げる前にクルーズ・コントロール・ライトが点滅したことから、電子制御系の問題と考えているそうです。

どうも車のせいではなく、フロアマット2枚重ねが原因か、もしくはクルーズコントロールを押したことを忘れていたか、アクセルとブレーキを踏み間違えていたか、いずれにしてもドライバーに問題があるような気がします┐(´д`)┌ヤレヤレ。

252306.jpg
3.プリウス暴走は捏造?

どうも、米国のトヨタ叩きのための自作自演の様相を呈してきましたが、決定的だったのは、章男社長が公聴会で証言した2日後に、 カリフォルニア州でプリウスが急加速し減速しないとされるトラブルがTVで報道されたことです。

後でこの車を運転していた男性の車のデータを調べたところ、アクセルとゆるいブレーキを踏みながら一定の速度で運転していたようで、強いブレーキを踏んだ形跡がなかったそうです。

男性は通報でブレーキを踏んでも加速し続けたと訴えたけど、プリウスにはアクセルとブレーキを同時に踏むとエンジン出力を低減する仕組みが導入されていて、男性が主張した現象は構造上起こり得ないことが判明しました。
またタイヤへの動力の伝達を遮断するため、ギアの位置をニュートラルに変えるように警察が繰り返し求めたにもかかわらず、男性は無視し続けました。おまけにこの男性は、プリウスのリース料を払っていない上に、借金が70万ドル(6300万円)もあり、破産状態らしい。

トヨタを訴えると言っていたこの男性は、旗色が悪くなったのか訴訟も取り下げたとのこと。

おいおい、これこそホンマの賠償金目当ての自作自演やないですか(゚д゚)!―

4.オバマ大統領の路線変更?

結局このトヨタ車リコール問題で、トヨタ車のシェアは大幅にダウンし、アメリカ車や韓国車がシェアを伸ばしています。オバマ大統領の最大の支持組織は全米自動車労組(UAW)で、5億円近い献金を受け取っているそうです。おまけにいまやGMもクライスラーも米国営企業。
これによって、米国自動車産業へは一時的なボーナスとなったかもしれません。

しかしこのトヨタへの厳しすぎる態度の裏には、オバマ政権の大きな方向転換もあるように感じます。

オバマ大統領は、内需だけで米国経済回復は難しいと考えているようで、「輸出倍増計画」なるものを打ち上げています。そうなると、主要産業の農業もですが、製造業の輸出も伸ばさなくてはいけません。今秋の中間選挙を睨んだ政治的駆け引きもあるし、これまでの外交を強硬路線に方向転換しているのではないでしょうか。

その良い例が対中政策です。
オバマ大統領は、就任当初は外交にしても対話路線を取っていて、米国債購入額No1の中国に対してもG2を謳って持ち上げていましたが、中国が米国債を売り始めると、とたんに態度を変え、グーグルの中国撤退、台湾への武器販売、ダライ・ラマとの会談、人民元切り上げ要求など、明らかに中国を話し合いではなく力でねじ伏せる政策に大きく方向転換しているように見えます。

しかし、経済的に強い結びつきがある両国が完全に対立することはありえないでしょう。むしろアメリカは中国のさらなる米国債購入と将来有望な中国市場への輸出を伸ばしたいと考えているはずです。

となるとこのトヨタ叩きは、選挙のためのUAWを意識したものでもあるし、中国市場への米国製造業輸出のじゃまになる日本製造業つぶしの意図があるかもしれません。

あるいは日本の民主党への不満もあるんじゃなかろうか。

今回はトヨタでしたが、その他の日本企業も油断はできないと思います。指導力のかけらもないような総理の下で、ビジョンのない民主党政権がはたしてこれらの海外との取引に対応していけるんでしょうか(??)?


スポンサーサイト
2010.03.20 Sat l 未分類 l コメント (12) トラックバック (0) l top

コメント

No title
オバさんの仰るとおりですね・・・。

アメリカは自分ところで精一杯。日本なんか知るか、むしろ邪魔なら潰したれってことなんでしょう。

こういうことをされると、アメリカに反感を抱く人が増えると思いますし、中国に近い民主党を支持する人が増えるんではないかと…。

アメリカの日本潰しは嫌ですが、(要らないことばかりし)ビジョンの無い政権の長期化も嫌です。

なんか、明るい話題ないですかねぇ。

それでは失礼します。
2010.03.20 Sat l あずき. URL l 編集
No title
レクサス LFA のリース、月々112万4000円!

http://www.carview.co.jp/news/0/124616/

トヨタに景気いい話もあるんですね。

2010.03.20 Sat l あずき. URL l 編集
No title
こんばんは!

日本人の物を扱う感覚と、外国人の
感覚って違いますよね・・。
欧米などでは、駐車場から抜け出すときは
わざわざ前後の車に自分の車を衝突させて、抜け出す為の
幅を広げて脱出するそうですものね^^;
日本じゃ、ちょっとぶつけただけでも、事故だ!修理だ!警察だ!と大騒ぎしますけれどね(汗)
車一つにしても、どんな使用の仕方をしているのか、本当に想像を絶する?ような事を平気で
やるのはお手のものなのかもしれませんよね~。日本人の几帳面な感覚を基準に考えると、
信じられないことも多々あると思います。

応援凸
2010.03.20 Sat l ぴーち. URL l 編集
Re: No title
あずきさん コメントありがとうございます。

> オバさんの仰るとおりですね・・・。
>
> アメリカは自分ところで精一杯。日本なんか知るか、むしろ邪魔なら潰したれってことなんでしょう。

11月に中間選挙を控えていますからね。選挙最優先でしょうね。

> こういうことをされると、アメリカに反感を抱く人が増えると思いますし、中国に近い民主党を支持する人が増えるんではないかと…。

どっちかというと、アメリカってのは子供っぽい気がするんですが。
でも中国やM党と違って、自由な発言が保障されてますから、まっとうな意見もでているようです。


> アメリカの日本潰しは嫌ですが、(要らないことばかりし)ビジョンの無い政権の長期化も嫌です。
>
> なんか、明るい話題ないですかねぇ。
>
> それでは失礼します。

ビジョンもないし、トップの鳩時計さんのネジが1本取れてるみたいですから、明るい未来は・・・(>_<)
2010.03.20 Sat l オバrev. URL l 編集
Re: No title
あずきさん 連コメありがとうございます。

レクサス LFA のリース、月々112万4000円!
>
> http://www.carview.co.jp/news/0/124616/
>
> トヨタに景気いい話もあるんですね。

レクサスブランドのLFAは、日本で3,750万円、海外では375,000ドル。ってことは、1ドル90円の今は海外のほうが安い!って手も足もでませんが(>_<)


2010.03.20 Sat l オバrev. URL l 編集
Re: No title
ぴーちさん コメントありがとうございます。

> 日本人の物を扱う感覚と、外国人の
> 感覚って違いますよね・・。
> 欧米などでは、駐車場から抜け出すときは
> わざわざ前後の車に自分の車を衝突させて、抜け出す為の
> 幅を広げて脱出するそうですものね^^;

確かに車というものの意味が、大きく違うでしょうね。
そのあたりの国による使い方の違いへの対応も求められるところではありますね。
とは言うものの、それらの国では、日本より遙かに車文化を楽しんでいるのはうらやましい限りです。

> 車一つにしても、どんな使用の仕方をしているのか、本当に想像を絶する?ような事を平気で
> やるのはお手のものなのかもしれませんよね~。日本人の几帳面な感覚を基準に考えると、
> 信じられないことも多々あると思います。

賄賂が当たり前の国や何でも訴訟の対象になりそうな国や、海のような川がある国で車を売っていくためには、 日本の常識は通用しませんよね。

でも、ここまであからさまに嫌がらせをやられると、一企業だけでは対応は難しいかもしれませんが、今の民主党は選挙やバラマキに一生懸命で、とてもそこまで考えているとは思えません(;>_<;)キビシーイ(財津一郎風)







> 応援凸
2010.03.21 Sun l オバrev. URL l 編集
日本車追放?
天下のトヨタ、しかもその代表格でもある
プリウスに不祥事が出てからというもの、

それに乗っかって次から次にダメ出し
されてますよね。それも殆ど偽造というw

私的にはアメ車よりかは日本車の方が
トラブルは圧倒的に少ないと思うんですが・・・。

まあ、噂ほど怖いものはありませんからね。

一度でもこのような事が広まってしまったら
信頼を取り戻すのは中々難しいようです(汗

これからトヨタがどう動くのか、楽しみです。
2010.03.21 Sun l TYPE-R. URL l 編集
Re: 日本車追放?
TYPE-Rさん コメントありがとうございます。
HSV-010は残念でしたね。

> 天下のトヨタ、しかもその代表格でもある
> プリウスに不祥事が出てからというもの、
>
> それに乗っかって次から次にダメ出し
> されてますよね。それも殆ど偽造というw

いやほんまにひどいもんですよね。
NY州で、女性が運転するプリウスが急加速して、ブレーキをかけたが効かず、壁に衝突したと証言していたケースがありましたが、その後車のコンピューターを調べた結果、ブレーキを踏まれた形跡はなく、車の欠陥ではなく運転操作の誤り(アクセルとブレーキ間違えた?)だった可能性が高いということになったらしいです ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

> 私的にはアメ車よりかは日本車の方が
> トラブルは圧倒的に少ないと思うんですが・・・。

> まあ、噂ほど怖いものはありませんからね。
>
> 一度でもこのような事が広まってしまったら
> 信頼を取り戻すのは中々難しいようです(汗
>
> これからトヨタがどう動くのか、楽しみです。

まあ信頼性で言えば、圧倒的にアメ車より日本車ですよね。
特にトヨタ車は、今のアルファードで7台目ですが、その間故障らしい故障は皆無だし、ディーラーの対応にも不満なしです。

一方BMWは3台目ですが、車そのものの楽しさはGoodなんですが、マイナートラブルはチョコチョコあるし、電気系統が弱いです。結構痛い目に遭いました(>_<)

今後のトヨタが、徹底的なコストカットと利益のみにこだわりすぎず、下請け企業の利益も確保しながら、品質の高い車作りをする方向へ向かえば、レベルの高い魅力的な車がどんどん出てくる可能性は高いと期待しています。

私も楽しみです♪
2010.03.21 Sun l オバrev. URL l 編集
No title
ニュービギニングです。

愛知県在住者としては、非常に気になる話題なんですよ。これまでは、いろいろトヨタ非難の報道がされてきたようですが、トヨタの工場がある州知事からのトヨタ擁護発言やABCの放送やプリウスの暴走が捏造だった(らしい?)と言う報道が増えるにつれ、風向きが変わってきた気がしています。

公聴会も政治ショーの色が濃いですからね・・・

本文にあったBMWですが、非常に技術は高いと言われています。新しい技術も積極的に取り入れる風土もあります。ただ、ここで言う技術は、「設計技術」であり、オバrevさんが言われているのは、「量産技術」だと思いますので、ちょっとずれているかもしれませんが。概ね、「量産技術」は日本メーカーの方が強いと思います・・・が、今回トヨタが窮地に陥っているのは、「設計技術」の部分なので・・・
2010.03.22 Mon l ニュービギニング. URL l 編集
Re: No title
ニュービギニングさん コメントありがとうございます。
今年のカープは、既に開幕前からシーズンオフの話題が盛り上がりそうな気がしてます(T_T)

> 愛知県在住者としては、非常に気になる話題なんですよ。これまでは、いろいろトヨタ非難の報道がされてきたようですが、トヨタの工場がある州知事からのトヨタ擁護発言やABCの放送やプリウスの暴走が捏造だった(らしい?)と言う報道が増えるにつれ、風向きが変わってきた気がしています。
>
> 公聴会も政治ショーの色が濃いですからね・・・

そうですね、だんだん化けの皮が剥がれてきた感じです。
オバマ大統領は先日もアジア訪問をドタキャンしましたし、内政でアップアップなんでしょうか。

でもV10 4.8リッター560馬力のトヨタLFA、素晴らしいサウンドらしいです♪
良い車を作る職人さんはまだまだ大勢おられると思います・・・ただし3750万円(;^ω^)

> 本文にあったBMWですが、非常に技術は高いと言われています。新しい技術も積極的に取り入れる風土もあります。ただ、ここで言う技術は、「設計技術」であり、オバrevさんが言われているのは、「量産技術」だと思いますので、ちょっとずれているかもしれませんが。概ね、「量産技術」は日本メーカーの方が強いと思います・・・が、今回トヨタが窮地に陥っているのは、「設計技術」の部分なので・・・

BMWは、心地よくドライブする、いわゆる駆け抜ける歓びをを表現した素晴らしい車だと思います。それに目に見えなくても基本部分の手を抜かない。運転していて、ゆっくり走っても、ちょっと飛ばしても、心地よくて、もっと運転したいと思わせる車です。

ただ1つ前のBMW純正HDDナビは、値段は国産最高レベルなのに、性能は国産の一~二世代前という、とんでもないものでしたし、コーナーセンサーの性能もかなり大雑把だったり、反応が鈍かったりで、とどめは原因不明のショートによる開かずのドアとなって車内に監禁状態という目にあったりしてます(>_<)トヨタのリコールより酷クナイ?

それでも、車の魅力の方が優っているのがBMWだと思いますが^^;

2010.03.23 Tue l オバrev. URL l 編集
今晩は
皆さんのコメントを見ていると

知識が凄い方ばかりでびっくりしています

今日は大輔にお祝いコメントありがとう

お返事心を込めて今書きました

また私の拙いブログで宜しければ

お待ちしています
2010.03.27 Sat l りら. URL l 編集
Re: 今晩は
りらさん コメントありがとうございます。

> 皆さんのコメントを見ていると
>
> 知識が凄い方ばかりでびっくりしています
>
> 今日は大輔にお祝いコメントありがとう

高橋選手の演技は、スポーツニュースで見ただけですが、抜群の安定感と、あえて4回転に挑戦するスピリッツが素晴らしいですね・・・実は嫁が男子のTV放送(フリーライブ)を録画していたのに、私が見る前に消してました(T_T)

> お返事心を込めて今書きました
>
> また私の拙いブログで宜しければ
>
> お待ちしています

次は Mao Asada です\(^O^)/
2010.03.27 Sat l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/190-283a0bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)