img_masuzoe.jpg
新型インフルエンザでついに死者がでました。

例年季節性インフルエンザは空気が乾燥する秋冬を中心に流行するのですが、この夏は現在でもインフルエンザが猛威を奮っていて、感染者は昨年同じ時期の50倍になっているそうです。

たまたま先日、町内の内科の先生と話をする機会があったので、新型インフルエンザについて聞いてみたところ、今はやっているインフルエンザは99%が新型で、春先よりも今の方が流行していて感染者は多いそうです。

一時期大々的にマスコミが取り上げた新型インフルですが、これだけ流行していてもほとんど取り上げてこなかったのは、視聴率が取れないからですかねぇ?

ただ確かに死者はでましたが、その患者さんの場合は腎臓疾患があって人工透析もやっておられた、抵抗力が低かったと推察されるケースで、一般的には新型は季節性インフルよりも毒性は弱く、むしろ季節性の方が毎年多くの死者が出ています。

現時点での新型は、かかってもそれほど心配ないということです。厚労省のほうからも、新型、季節性と関係なく同じ対応をするようにと通達があったらしいです。

私の職場がある田舎では、発熱外来をもつ医院はなく、そのまま他の患者さんと一緒に、通常のインフルエンザ患者としての対応になるそうです。
そして感染者がでても、学校を休校にしたり、職場を閉鎖したりはしないでいいだろうと言われていました。

問題はワクチンで、季節性と新型は別個になるみたいで、その生産能力からいって、需要を満たす量を確保するのは困難らしいです。

今ひとつ正体のつかめていない新型インフルエンザ。
実は意外に寒さに弱かったりして(^^;)
スポンサーサイト
2009.08.18 Tue l その他 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

現在の新型インフルは毒性が弱いため、それほど騒がなくてもよいと判断したからかもしれませんね。今秋から冬にかけて毒性が悪化して大流行になった場合にはまた大騒動になるかもしれませんが、政権交代があった場合は、果たして数ヶ月前のように激しく政府を叩けるかな…?
2009.08.18 Tue l 黒田裕樹. URL l 編集
Re: タイトルなし
黒田さん コメントありがとうございます。

> 現在の新型インフルは毒性が弱いため、それほど騒がなくてもよいと判断したからかもしれませんね。今秋から冬にかけて毒性が悪化して大流行になった場合にはまた大騒動になるかもしれませんが、政権交代があった場合は、果たして数ヶ月前のように激しく政府を叩けるかな…?

新型インフルエンザによる死者がまたでましたね。
日ハムの選手も感染して試合に欠場したりとか、
かなり大流行になってきました。

持病があって抵抗力が落ちているような人は要注意ですね。
また、学校が始まったときが恐ろしいです。

政権交代のカウントダウンも始まりました。
いよいよ吉田茂ー鳩山一郎決戦の再現ですね。

しばらくはハネムーン期間としてマスコミも大叩きはしないでしょうが、
自身のことや、景気回復、外交など問題は山積みなので、ハネムーン終了と同時に袋だたきもあり得ます(^_^;)


2009.08.19 Wed l オバrev. URL l 編集
No title
いよいよ流行し始めたみたいですね。

最後の文章にありますように、
寒さに弱かったりして・・じゃないですが、
どんな特性なのか、イマイチ特徴がつかみきれないのがいわゆる「新型」である所以なのでしょうけれど、
この高温多湿の時期にぶきみに、静かに
流行しているんですから、今までのインフルの常識は
まるで通用はしないという事には、間違いがありませんよね。
毒性は弱いと言いながら、やはり持病がある方にとっては、恐ろしい感染症。人間は比較的大きな対象物には
色々と対処出来ても、目に見えないようなウィルスには
カラキシ弱いというのも、何とも歯がゆいです。

2009.08.20 Thu l ぴーち. URL l 編集
Re: No title
ぴーちさん コメントありがとうございます。

> いよいよ流行し始めたみたいですね。

再びマスクもなくなりつつあります(^^;)

> 寒さに弱かったりして・・じゃないですが、
> この高温多湿の時期にぶきみに、静かに
> 流行しているんですから、今までのインフルの常識は
> まるで通用はしないという事には、間違いがありませんよね。

低温・乾燥で増えるというイメージがありましたが、新型はその常識をくつがえしましたね。これから秋冬で大流行するのか、収束するのか、どちらになるんでしょうか。寒さと乾燥に弱いウィルスであることを祈ってます(^人^)オ・ネ・ガ・イ

> 毒性は弱いと言いながら、やはり持病がある方にとっては、恐ろしい感染症。

ワクチンは重症化する可能性のある人を優先的にするでしょうね。
我々には回ってこないから、うがい、手洗い、食事、睡眠ということを気をつけるといったところでしょうか。

> 目に見えないようなウィルスには
> カラキシ弱いというのも、何とも歯がゆいです。

人間の方がはるかに大きいのにねぇ。小さすぎて握りつぶすこともできない。でもそれが自然のうまくできたシステムかもしれません。いつも大きい者、強い者が勝つとは限らないようになっているのかも?

・・・こ、この「小さすぎて握りつぶすこともできない法則」は、大企業対零細企業にも応用できんだろうか ???(´ε`;)ウーン…カンガエチュウ
2009.08.21 Fri l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/133-9492bbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)