いよいよ40日間という長い選挙戦が始まりました。さっそく昨日は某議員を励ます会・・・今月2回目の出席ですが・・・に行ってまいりました。おそらく対抗馬の候補者の励ます会も近々開催されると思いますので、そちらにも顔を出して、候補者の資質、考えなどをじっくり聞いてこようと思います。

今回は、思いっきり自民党に逆風が吹いていて、マスコミも政権交代を望む論調であり、民主党勝利は間違いないところでしょう。既に民主党政権誕生後の政治運営を検討する段階となっていると思います。

もちろん第一党にはなっても過半数いかなければ社民、国民新党などと連立を組むとことになるでしょうが、そこらで一波乱ありそうです。

そして与党となると野党と違って現実の政策を実行していく訳ですから、まず各党のマニフェストを財源も含めて今まで以上に細かくチェックする必用があると思います。

自民、民主政策
1990年に東西冷戦の象徴であるベルリンの壁が崩壊し、冷戦は社会主義陣営の敗北、自由主義陣営が圧倒的大勝利しました。

これで、自由主義、社会主義のイデオロギー戦争は終結し、政府が決めるのではなく、市場が決めるという市場原理主義が大幅に台頭しました。官から民へということで、日本でも郵政民営化が行われました。

しかし、市場は恒に適切にバランスを取るのではなく、行き過ぎるという面を持っていました。その結果バブルが発生し、やがて破裂して不況になるというサイクルがあることがハッキリしてきました。昨年の経済不況から、あのアメリカでさえ、政府が民間に大幅に介入せざるを得ない状態になっています。

こういう中で、その時代の変化にマッチしたシステムを構築していかなければ、いくら技術力に長け、繁栄を誇っている日本といえども、中国をはじめとした新興国に追い越される、あるいは資源を握られ異常に高いお金を支払わなければならないなどがあるかもしれません。

時代の変化に対応できずに沈没の道を歩んでしまった大国は歴史上数多くあります。現状が(・∀・)イイ!!訳とは誰も思っていないでしょうし、変わっていく必用があるとは思います。それは民主党政権誕生なのか、自民党が内部から変わるのか、総選挙後に政界再編があるのかは何とも言えません。

そして変えるべきは、高級官僚支配による官僚政治。我々末端の事業者の現場の声を無視した机上の空論による省令が次々出されています。彼らにとっては納得のいくものでも、現実には矛盾だらけで実行不可能なものが結構あります。現場は数字合わせだけではできないのです。

ただハッキリ言って日本の官僚は政治家より優秀な人が多いと思います。そこで改革を実行するには、政治家にそれだけの資質と理念がなければできません。簡単に丸め込まれて、官僚の手足になってしまう可能性もあります。その状況で官僚に有利な法律が次々と決まってしまったら、その法律を変えることは容易なことではありません。

今でさえ、法律の文章は曖昧にしておいて、実際の実行には各省庁が決める省令で対応するようになっています。

そういう意味で今回の選挙は、マスコミの偏向報道に惑わされず、比例はマニフェストをしっかりチェックし、小選挙区は人物重視で決めたいと思っています。
スポンサーサイト
2009.07.23 Thu l 政治・経済・社会 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは。
仰ること、まさにそのとおりです。
不躾ながら、教育関係に所属する者として一言付け加えさせていただくとすれば、仮に民主党政権が誕生した場合に、文部科学大臣に誰が就任するか、ということです。
ウワサでは日教組の親玉が候補に上がっているとか…。
2009.07.24 Fri l 黒田裕樹. URL l 編集
Re: こんばんは。
黒田様 コメントありがとうございます。

既に選挙後を睨んだ動きはあるでしょうね。でももしそうなったら日本の教育はどうなるんでしょうか。末恐ろしいような気がします(^_^;)

でも現時点ではマニフェストも出そろってないし、公明党支持者が都議選で疲れているため?投票は40日先という異例の長さです。

つまり十分時間があるので、じっくり考えたいと思います。
できれば、各党そろってTV討論をやってもらって、マスコミが伝えてない本音の論争を聞きたいものです。

> 仰ること、まさにそのとおりです。
> 不躾ながら、教育関係に所属する者として一言付け加えさせていただくとすれば、仮に民主党政権が誕生した場合に、文部科学大臣に誰が就任するか、ということです。
> ウワサでは日教組の親玉が候補に上がっているとか…。
2009.07.25 Sat l オバ. URL l 編集
No title
こんばんは!
いよいよ始まりましたね。
仰る通り、民主党が有利であることは、見えていますよね。
日本のリーダーとは何故に求心力に欠けるのか、
どうして強力なリーダーシップを取ることが出来ないのか・・
それは日本の国民性にも、関係しているのではないかと思います。
日本人は組織の中に属するのが好きですし、
その中で、リーダーが出来たとして、そのリーダー
に忠実に簡単に従い易いという特性が、リーダーが育ちにくい環境、土壌を作っているように思います。
例えば、中国などはちょっとリーダーが力を抜くとたちまち、バラバラに散らばってしまいます。人数の多さもあると思いますが、人数が多いというのも、リーダーが逞しく育っていける要素にもなるのかもしれません。
リーダーはその中でより以上、上回れるような強力な
統率力を身につけようと努力し始めるのでしょう。
日本人のこれからのリーダーも、日本の温室から抜け出して、世界で揉まれて来たような人を育成していかなければいけない時代になって来ているように思いますが、いかがなものでしょうかねw・・。

いつもながら、オバさんの記事は勉強させていただきます^^
自民と民主の比較、分かりやすいですね!

それでは、応援凸
2009.07.25 Sat l ぴーち. URL l 編集
No title
(-ω-;)ウーン
政治的、歴史的ネタはだまってスルーな私がお邪魔しますよ・・・

自民と民主の比較があって良かったです。
TVとか駅前演説聞くより簡単に理解できました。
表面的には政策内容は庶民な私からすると、そりゃ、民主選ぶって・・・なコトになりますが、言ってるコトとこれからやるコトが合致するとは限りませんし、仮に政策通りに進んだとしても、その結果として、結果、もっと悪い事態に突入していく・・・というコトに繋がるかも知れませんし・・・

でも、無駄使いの根絶は興味あります。
普通の企業でも、これだけで収益性がガラっと変わりますから。でも、この認識とどこまで追い込むかが不明なんですよね。
徹底的に今までやってきた!という会社でも、お手伝いしてみるとボロボロとあれもこれもと出てくるんですよね。
2009.07.26 Sun l naru. URL l 編集
Re: No title
ピーチさん コメントそしていつもおいしそうな料理の写真をありがとうございます。

実際に選挙が近づいて政権獲得が見えてきて、民主党の主張も変化してきているようですが、最終的に国民はどのような判断を下すのでしょうか。

私の周りも、一度民主党にやらしてみぃという意見と、やっぱり自民党でないといけんという意見があり定まっていません。

確かに、日本の政治家のリーダーはコロコロ分かるし求心力に欠けてます。ボロクソ叩かれながらでも2~3年はやって欲しいです。

ただ、これは政治家に完璧を求めるという日本人気質があるんじゃないかと思います。

フランスのサルコジ大統領やイタリアのベルルスコーニ首相の女性関係など、日本ではマスコミの餌食となってアウトでしょうが、あちらは、それはそれ、政治は政治という大人の?対応(^_^;)

大物リーダーは決して聖人君主ではなれないと思います。
色々欠点はあるけど、日本のために命がけで政治をやっているんだ、でいいと思います。

そして、農耕民族と狩猟民族という違いもあるんじゃないでしょうか。農作業にスーパースターは不要で、横並びが最も高い収穫となりますが、狩りでは一人のスーパースターが獲物を捕らえます。

それにおっしゃるとおりの島国温室効果ですね。この辺は黒田先生が詳しいかもしれません。

そうなると、大切なのは、教育であり世界でもまれる経験でしょうね。
しかし、そのグローバルに通用する人材を育てる教育が、民主党にできるかどうかはちょっと疑問です。
2009.07.26 Sun l オバ. URL l 編集
Re: No title
naruさん コメントありがとうございます。

おぉ、企業での実体験ですね。なかなか無駄を完全になくすのは難しいし、特に内部の人間だけでやると見えているようで見えない部分が結構あるんでしょうね。

そう言う意味では、官僚の無駄遣いも外部のチェックが必要ですね。

まあ、政権が目の前にちらついてくると、民主党も与党としての責任と政策の実現性を考えて現実路線で行かざるを得ませんからね。修正がでてくるのはしかたないでしょう。

自民、民主のマニフェストはこれから出てきます。時間はタップリあるし、それからじっくり検討しようと思っています。

> (-ω-;)ウーン
> 政治的、歴史的ネタはだまってスルーな私がお邪魔しますよ・・・
>
> 自民と民主の比較があって良かったです。
> TVとか駅前演説聞くより簡単に理解できました。
> 表面的には政策内容は庶民な私からすると、そりゃ、民主選ぶって・・・なコトになりますが、言ってるコトとこれからやるコトが合致するとは限りませんし、仮に政策通りに進んだとしても、その結果として、結果、もっと悪い事態に突入していく・・・というコトに繋がるかも知れませんし・・・
>
> でも、無駄使いの根絶は興味あります。
> 普通の企業でも、これだけで収益性がガラっと変わりますから。でも、この認識とどこまで追い込むかが不明なんですよね。
> 徹底的に今までやってきた!という会社でも、お手伝いしてみるとボロボロとあれもこれもと出てくるんですよね。
2009.07.26 Sun l オバ. URL l 編集
No titlehttp://blog-imgs-30.fc2.com/o/v/e/overrev21/20090723130328bf2.jpg
こんばんは!
いつもご丁寧なお返事、ありがとうございます^^

そうですね。私の勝手な個人的な
希望としては、民主党の中学生までの子供手当と
公立高校の無償化と、私立高校の助成制度を実施してくれるのなら、願ってもない話です。

それと、農耕民族と狩猟民族の違いのお話は
仰る通りだと思います。
そういえば、サルコジさん、入院されたそうですが、
大丈夫でしょうかね・・。

それでは、とりとめのないコメントで失礼しました^^;
応援させてくださいね!

2009.07.27 Mon l ぴーち. URL l 編集
Re: No titlehttp://blog-imgs-30.fc2.com/o/v/e/overrev21/20090723130328bf2.jpg
ピーチさん コメントありがとうございます。

民主党マニフェストでましたね。
どーも、単純なバラマキで、その政策による様々な影響とかを、あまり考えてないように思いました。
しかし、それをマスコミは追求しませんね。自民党にはもっと鋭く迫って欲しいところです。

31日には自民党のマニフェストも発表されますので、お互いに徹底的にけなし合って?もらった方が、我々国民にはその内容がより理解しやすいんじゃないでしょうか。

どこかこういう企画をTVでやってくれると面白いと思うのですがね。

> そうですね。私の勝手な個人的な
> 希望としては、民主党の中学生までの子供手当と
> 公立高校の無償化と、私立高校の助成制度を実施してくれるのなら、願ってもない話です。

我が家にも対象となる子供がいますので、非常に気になってます。マニフェストに記載がありますので、政権を取った場合はその実現のために動くでしょうが、当然財源が課題になってくると思います。

> そういえば、サルコジさん、入院されたそうですが、
> 大丈夫でしょうかね・・。

大丈夫みたいですよ。 血液や脳の異常ではなく、心拍数をコントロールする迷走神経に問題があり、運動中に脱水症状とともに心拍数や血圧が低下して目まいを起こしたらしいですけど、症状は軽く、食欲も色欲も?あり、文句も言っているそうです。

翌日には退院されたみたいです。
> それでは、とりとめのないコメントで失礼しました^^;
> 応援させてくださいね!
2009.07.29 Wed l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/123-ee0411a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)