現在の世界同時不況をどう克服していくか、今後の世界経済は全く不透明であり、大量の米国債を発行しているアメリカのドルも株価もまもなく暴落すると言う経済の専門家もいます。

obama shinkansen
しかし世界基軸通貨としてドルに替わる通過は存在せず、アメリカ発の経済危機であったにもかかわらず、ドルは買われ続けドル高は維持されました。

これは、投資マネーが超低金利の円を借りてドルに換え(円キャリートレード)、さらにそのドルを売って金利の高い新興国などの通貨を買うという手法がとられていたのが、世界同時不況によって、一気に投資資金を引き揚げてドルに換える動きが起こったために、皆がドル買いに走った結果のドル高でした。

さらにオバマ大統領のすばやい経済政策実行や、バーナンキFRB議長やガイトナー財務長官の「底を打った」「回復の兆しが見える」「最悪期は脱した」といった発言で、3000兆円といわれる投資マネー・・・先進国の年金基金、保険基金、退職金基金や産油国の余剰資金・・・が、目先の利益を求めてアメリカになだれ込んでいることも非常に大きい。

アメリカ経済がこのまま立ち直ってくればそのままドルは安定するでしょうが、オバマ大統領のグリーンニューディル政策やFRBの量的緩和政策などの経済政策が行き詰まり、さらなる経済危機第二波が襲ってきた場合には、ドルは暴落し、ニュートークダウも底値に向けて下げていく可能性があります。

さらにヨーロッパはもっと問題が深刻です。

麻生プーチン
原油バブルで一気に経済成長をとげた天然資源国家ロシアは、バブル崩壊でヨーロッパの銀行から借りたお金が返済不能、つまりデフォルト寸前になっています。またロシアは、グルジア紛争や、天然ガスでもめたウクライナ等の民族紛争の火種もあります。

ロシアが破綻した場合、ヨーロッパの銀行も破綻は免れず、ユーロの下落はロシア経済の衰退と一体とも言われています。特にロシアと地下金庫で繋がっていると噂のフランスは、サルコジ大統領が頻繁に連絡をとっているらしいです。

そしてEU加盟国は、ユーロという共通通貨を持っているものの、それぞれの国は政府も財政事情も異なる寄り合い所帯です。経済危機を機会に構成国がバラバラに行動する可能性があり、ユーロの地位低下となり、ユーロ安となっていくことが懸念されています。

こうした中で注目なのが発展途上国の多い東アジア。

今広島の片田舎である我が町にも、ベトナム、フィリピン、インドネシアなどから研修生として若者が働きにきています。

雇用に関しては、円高が今後さらにすすむことを考慮して、自動車部品工場などは日本の工場をどんどん閉鎖して人件費も安く、政府も協力的な東アジアへ移転しています。トヨタは2兆円という膨大な利益をあげていましたが、実は円安による利益が大きかったといわれています。今後輸出産業の製造業がどう対応していくか注目です。

市場についても、自動車市場を例にあげると、北米、欧州、日本ともに販売台数は落ち込むことが予想されていますが、中国、インドをはじめとした東アジアは今後大きな伸びが期待されており、今年になって中国は米国をぬいて月間自動車販売台数世界一となりました。

労働者雇用の面でも消費者市場という面でも、東アジアは大きくその存在価値を高めていくと考えられています。しかもその中心は中国?

胡錦涛
中国はASEAN(東南アジア諸国連合)に対して30億ドルの経済援助や優遇借款を提供すると発言しています。社会的インフラの整っていない東アジア諸国は、そのインフラ整備とともに大きな経済発展が期待されています。これを中国主導で行っていくと、結果的に東アジア経済圏の中心は中国になり、日本は取り残される心配があります(T_T)。

どうも今の日本は将来に夢や希望が持てなくなってきているように感じます。

日本の政治家や官僚の方々には、現在の経済危機へ対応しながら、欧米と中国の情勢も見ながら、未来を見据えた国家戦略を立てていって欲しいと思います。一番望まれるのは、そういう情報を収集し、戦略を立て、実行できる政治家であり官僚ではないでしょうか。

求むスーパースター!C= C= \(;・_・)/

スポンサーサイト
2009.06.21 Sun l 未分類 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

今回は真面目に…
我が国に夢や希望がなくなっているのは、「アナウンス効果」もあるような気がします。
確かに先行きは不透明ですが、我が国が何の打つ手もやっていないとは考えられません。もしそうだとすれば、とっくの昔に株価は大暴落していることでしょう。
景気の回復には、消費の拡大が一番の近道です。そのための定額給付金であり、国家予算並みの補正予算を組んで、何とかしようと政府は躍起になっています。
それなのに、マスコミは揃いも揃って不景気の大合唱。これじゃあ回復なんて夢のまた夢です。
間もなく総選挙ですが、我々は外部の空気に流されることなく、中長期的に景気の回復を期待できるような選択をしたいものです。
尚、どんなに景気がよくなっても、我が国の治安が悪化したら元も子もないことを付け加えておきます。
2009.06.22 Mon l 黒田裕樹. URL l 編集
Re: 今回は真面目に…
黒田様 コメントありがとうございます。

現在の消費不況は、不安からくる消費マインドの冷え込みが大きいと思います。

マスコミは視聴率あげるためにどうしたらいいかという観点で番組作りをしてますから、
不景気を煽り、派遣切りの問題を大きく取り上げ、些細な言葉尻に文句を言ったりしています。

また、官僚からのリークをそのまま流し、官僚の思い通りに世論を誘導する手助けをしたりしています。

我々は、できるだけ偏らない、正確な情報を収集して、どうしたらいいかを自分なりに考える必用がありますね。

様々な事柄を正確に把握して、国家的な戦略をたてることのできる政治家を選びたいですね。

2009.06.23 Tue l オバrev. URL l 編集
No title
こんばんは。

本当に100人以上ですね。凄いです。

もしかすると、オバマさんや政治家の名前を検索するとヒットしやすくなっているのかもしれませんね。

そうなると、これから、もっと来訪者が見込めますよ。賛否両論は、それからかも(笑)。

それ以外だと、昨日、車載カメラの動画がブームなにるつつあるというニュースが、Yahoo!でも取り上げられていました。

もしかすると、オバさんの動画がイイ!と、掲示板などで紹介されているのかもしれません。

どちらにしても、多くの人にブログを人に見てもらえるのって嬉しいですよね。

これからも面白い記事や勉強になる記事を書いて下さい。楽しみにしています。

それでは失礼します。
2009.06.24 Wed l 吉川. URL l 編集
Re: No title
あずきさん コメントありがとうございます。

そうなんです、昨日が148、その前が6日間が12~21ですからね。
しかも別に記事を書いた訳じゃないし(-_-)?

どこかで変なコメントいれたかな?
何か不気味です(>_<)

2009.06.25 Thu l オバrev. URL l 編集
No title
こんばんは!
そうですね。これからの時代は仰るように中国、インド辺りが全てにおいて、どんどん発展していく兆しが見られますね。
車市場も、人口が多い途上国の販売台数は増えるでしょうね。。日本は車を売りっぱなしにすることはありませんが、(必ず車検が存在しますが)インドなどは、売ったら売りっぱなしで、車検など無いそうですね。壊れれば、自分で直すというのが一般的だそうですね。
まあ、余計な話になりましたが、
これからは日本は中国とももっと連帯感を強く
していかなければいけないでしょうね。。

それでは、応援させてくださいね凸
2009.06.26 Fri l ぴーち. URL l 編集
Re: No title
ピーチ様 コメントありがとうございます。

>インドなどは、売ったら売りっぱなしで、車検など無いそうですね。壊れれば、自分で直すというのが一般的だそうですね。

えぇ~!そうなんですか(驚)、いったいどこでそんな話を・・・インド人に知り合いでもおありでしょうか(^^)

> まあ、余計な話になりましたが、
> これからは日本は中国とももっと連帯感を強く
> していかなければいけないでしょうね。。

お互いに、経済的には絶対に必要な相手ですからね。
中国なくして日本なし、日本なくして中国なしだと思います。

政治的なセンスが必要でしょう。

明日、いやもう今日か、初めて新球場ズムスタへカープ応援にいきます。
第一線落としたから、次は絶対負けれん。思いっきり応援してきます。まさに星飛雄馬みたいに目の中に炎が・・・?
2009.06.27 Sat l オバrev. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://overrev21.blog67.fc2.com/tb.php/111-2fb54860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)