FC2ブログ
【B200d試乗車が、土日限定でやってくる】
昨年B180の試乗をしたヤナセから、B200d試乗車があるとのメールが来た。最近はコロナ自粛で、点検以外でカーディーラーに行った事はなかったので、久々に試乗目的で行ってきました。

B180は1.3リッターのガソリン・ターボで、136馬力、200Nmと、2リッター並のパワーを発揮します。昨年試乗した感じでは、平坦な一般道では十分だがパワフルな加速ではない。乗り心地は悪くないが、凸凹した路面で多少バタつきを感じ、もう少しパワーと乗り心地の改善が欲しい気がしました。

その後、B200dが追加されたのですが、B180試乗したヤナセには試乗車がなく、乗ってみたいと思いながら乗れない状態でした。そこにB200d試乗車が土日限定でやってくるとメールがあったので、さっそく電話して予約。前回担当してくれたセールスさんが電話に出てくれたので、さらにA35の試乗もしたい旨を伝えると、日曜日夕方なら大丈夫とのことだった。
B200d試乗車
(B200d試乗車 後方に黒のAクラスセダンが見える)

という事で、日曜日夕方に予約して行くことにしました。ヤナセに行くことを車好きのA氏に伝えると、都合が付けば行くとの事だったが、ヤナセに着いて担当セールスと話をしている時に、A氏のボルボがやってきた。ボルボとはいっても300馬力越えの3リッター直6ターボで、しかも結構飛ばし屋です。私と彼と、セールスさんと、ワイワイガヤガヤ言いながらの試乗となりました。

【優秀なディーゼルエンジンに快適な乗り心地】
B200dの2リッター・ディーゼル・ターボは想像以上に静かで、車外でもエンジンの音は聞こえるがカラカラ音は無く、車内に入ると、そのエンジン音も聞こえない。アクセル踏み込めば、150馬力、320Nmのパワーとトルクで猛烈にダッシュします。こりゃB180とは全然余裕が違う。しかもガソリン車並にスムーズに吹け上がっていくので、結構刺激的でした。
B200d試乗車リア
(右手ショールームは工事中)

乗り心地も快適です。B180より車重が重いせいか、どっしりしていて、悪路でのバタツキ感も感じられない。後席もゆとりがあって、サイズも全幅1795mmと実家の車庫に入るし、AMGラインなら全高1550mmで立体駐車場もOK。燃費も多分良いでしょう。安全性も高く、実用車としては非常にバランスが良い車だと思います。まさに万能な実用車で、これがBクラスの本命ではないでしょうか。

【難点は価格】
難点は価格か?AMGラインにして、レーダーセーフティー、ナビ、フロアマット等、通常付けるであろう諸々加えると、諸経費込で550万円越えると思います。この価格ならアルファードの上級グレードが買える?
B200d試乗車運転席
(インパネはBMWより高級感がある)

ゴルフヴァリアント1.5ハイラインやレヴォーグ1.6STI(ともに今年から来年にかけて新型が出ますが)にオプションつけて諸経費込みで450万円くらいだったので、100万円高い。しかしセールスに言わせると、メルセデスはA,BクラスでもS並みの安全性だという。その高い安全性を考えると妥当かもしれない。

【A35は大人しくて期待はずれ】
A35試乗車
(AMG A35試乗車)

次は2リッター・ガソリンターボで306馬力、400Nmのハイパワーを発揮するAMG A35です。実は昨年。同じ306馬力のミニ・クラブマンJCWに試乗していますが、意外に静かで拍子抜けした経験があります。AMGには、ハードな弾けたサウンドを期待していましたが、う~ん、スポーツ+モードで全開加速しても、そこまで弾けてない。やっぱ、最近は騒音規制が厳しいんだろうか?
A35試乗車リア
(A35リア)

乗り心地は想像した通り硬いが、角が取れているので、不快ではない。トランスミッションはスポーツ+で加速した時に、シフトアップの振動が結構ありました。私のM2もスポーツ+ではそんなものですが。A35はもうちょっとハードかと期待していたが、AMGと名がつく割にちょっと大人しかった。
A35エンジンルーム
(エンジンルームで目立つのはAMGの刻印)

M235iからM2に乗り換えた時も感じましたけど、純Mはボディ、サスペンション、エンジンパワー&サウンド等全てが違っていました。M235iはソフトでM2はハード。A35と純AMGのA45の関係もそうなのかもしれない。AMGらしさを求めるなら、やっぱA45か・・・
M2.jpg
(A35と珠玉のストレート6搭載する愛車M2)

【ライバル車も来年にかけて新型が目白押し】
車庫の関係で、全幅1800mm以下を候補車と考えていますが、その国産・外車の候補車がいくつか、今年から来年にかけて、モデルチェンジが控えています。ドイツ車では、ゴルフⅧ、アウディA3に、BMWからは2シリーズアクティブツアラーが来年くらいか?国産車ではレヴォーグ、セレナ、ノアといった所。それらも確認してからと思っているのと、コロナが終息していないので、購入のためあまりあちこち出かけたくないし、ゆっくり検討したいと思っています。

最後に、がんばれと応援を込めて、840iグランクーペを見つめる佐々木希。
佐々木希840ikai
スポンサーサイト



2020.06.11 Thu l l コメント (2) トラックバック (0) l top