FC2ブログ
【アルファード15年目の車検】
アルファード購入して15年が過ぎ、今回7回目となる車検を受けました。15年間で走行距離は11万3千キロ。公私に渡って色々な場面で活躍してくれた思い出深い車となっています。
アルファード車検2
(ついに15年目車検受けたアルファード)

これまでの大きな故障としてはリアスライドドアのモーターが故障してドアが開かなくなった事ですが、普段色んな人が乗り降りしてスライドドアを開け閉めするためか、時々スムーズに開かないことがありましたので、そういう積み重ねが故障の原因になったのかもしれないです。
アルファード走行距離
(距離は11万3千キロ越え)

【エアコン温度センサーのモーター故障】
今回の車検では、運転席のETCあたりからカタカタという異音がするを見てもらうのと、リアガラスに15年前から貼ってあるシールが剥がれかけたり、ひび割れてきていたのを剥がしてもらう事をお願いしました。
アルファードシール3kai
アルファードリア
(15年経ってひび割れていたシールを剥がした)

異音はエアコン温度センサーのモーターの故障でした。部品代8,200円に工賃7,500円かかりましたが、その他は点検とスチーム洗浄、オイル交換くらいで、かかった費用は整備代が税込み60,426円、諸費用が81,270円(重量税45,600円、自賠責25,830円、印紙代1,200円・・・3年越えなので重量税が12,800円アップの45,600円もするのは閉口しますが)で、合計141,696円。多分いつもと変わらない金額だと思います。
車検費用2
(諸費用込で車検にかかった費用は141,696円だった)

【15年たっても古さを感じない】
トヨタのホワイトパール塗装は強く、これまで3回コーティングしましたし、普段からこまめに洗車していますが、今でも結構ボディは輝いていて、見た目は15年物に見えません(多分)。
アルファード車検1
(ホワイトパールの塗装は未だに輝いている)

またボディも、ストラットタワーバーで補強はしましたが、やつれは感じません。乗り心地は、スタッフによると自分の車よりずっと良いとのこと。トヨタの作りの良さを感じます。またパワーもあって、シルキーなサウンドを奏でながらスムーズに回る3リッターV6エンジンも気に入っています。

15年経っていますが、未だに古さを感じず、気持ちよく乗れます。

【貴重なサイズ感】
全幅が1805mm(全幅×全長×全高 1805×4840×1935mm)なので、実家の狭い車庫にもギリギリ入るし、駐車場での取り回しも不自由ありません。それでいて、車内は十分過ぎる広さで、時々8人乗る事がありますが、ゆったり座れます。最近は全幅1800mmを大きく越える車が増えている中で、逆に貴重なサイズになりつつあるかもしれません。
アルファード車検3
(以外にコンパクトで扱いやすいサイズ)

【車両保険に入らないので任意保険料安い】
昨年、日産セレナオーッテックへの買い替えを決めて査定してもらったのですが、その額が0円、つまりタダだと聞いて、カッとなって買い替えをやめました^^;

どうせ査定0円なら、このままアルファードに乗って、少々の修理は直さず、大きな修理なら乗り換えるつもりで、任意保険の車両保険を外しています。おかげで年間保険料は2万5千円くらいと格安。

弱点は、同じ通勤の道をs660ならレギュラーガソリンでリッター20キロ走るのに対して、ハイオクでリッター7キロという燃費と、走ってワクワク感がない事(ミニバンなのでやむ無し)。それ以外は特に不満ありません。問題なく16年目に突入です。
アルファード車検4
(問題なく16年目突入)

最後に、X5をキドニーグリルが大きくなり過ぎているという目で見ている佐々木希です。
希&X5


スポンサーサイト



2019.07.30 Tue l l コメント (0) トラックバック (0) l top