FC2ブログ
【限定車M4CS展示】
たまたまF市に用事があってその帰り道、半年振りにバルコムFに寄ってみました。目的は新型3シリーズG20 320iMスポの試乗です。ショールームに着くと、初対面の女性スタッフが駐車場まで来てくれた。この半年の間に、よく知っていたベテラン女性スタッフの方がやめて、ショールームスタッフは知らない人ばかりになっていて、ちょっと寂しい気がしました(;´д`)トホホ…
バルコムs660かい
(今回はs660で出かけた)

中に入ると久し振りに会う担当セールスが挨拶に来てくれた。ショールーム奥に展示してある日本で60台限定のアルピンホワイトが似合うM4CSを紹介してくれたが、普通のM4より350万円高いらしい。
M4CS展示
M4CS展示2
M4CS展示3
(60台限定のM4CSが展示してあった)

車両本体1622万円+展示車にはオプションのセラミックブレーキ(110万円)が装着されていて、諸経費込だと1850万円コース・・・見るだけでお腹いっぱいになりました(・。・;
M4CS展示4
(オプションのセラミックブレーキは110万円)

【新型3はBMWらしいスポーティーなデザイン】
ショールームにはアルピンホワイトの330iMスポが展示してあったが、試乗車はブラックの320iMスポ。現在はセダンの320iと320iMスポ、330iMスポのみだけど、今後340i、320d、ツーリング等が追加されるようです。なお320iスタンダードモデルはほぼ受注生産で、メインは320iMスポ(583万円)と330iMスポ(632万円)らしい。
320i展示
(スポーティーなデザインはBMWらしい雰囲気)

外観は、全体的にF30よりシャープになって、私が昔乗っていたE46前期モデルの涙目っぽいヘッドライトをオマージュしたデザインも、アクセントとして効いている。リアランプはL字になって某メーカーっぽいけど気にはならない。スモークが渋いです。BMWらしさがしっかり感じられるスポーティーなザインで良いと思います。特にMスポ専用色のポルティマオ・ブルーが一番似合いそう。
320i展示2
(キドニーグリルの蓋がプラスチックっぽい)

気になったのは、フロントマスクのキドニーグリル。5シリーズのように普段は閉じていて、走り出すと開閉するらしいけど、その蓋がプラスチックっぽいこと。これ開けたままにできんのかな?
320i展示3
(マフラーは左右2本出し、リアランプはまるで〇クサス?)

全幅はついに1800mmを超えて1825mm。実家の狭い方の車庫では、入れることは出来るけど車から出れないかもしれないなぁ。日本国内で使うにはギリギリサイズですね。

【メーターはしっくりこない】
後席に乗り込むと、F30までは、リアタイヤのホイールアーチにかかってリアシート外側が膨らんでいたため、乗り降りしにくかったけど、G20はホイールベース伸ばしたおかげでだいぶ膨らみがなくなっていた。でもベンツCクラスやクラウンには追いついていない。
320i展示4
(リアシートへの乗り降りがしやすくなった)

運転席に座ると、ステアリングがM2Cより太い、極太です。でも感触は良好。しかしこれまで6台のBMWを乗り継いでいる私が見てきた、左にアナログ円形のタコメーター、右にスピードメーターという景色はなく、角ばったデジタルメーターになっている。しかも左スピード、右タコで、タコメーターはこれまでと反対の反時計回りに回転する・・・違和感ありありで、しっくりこないです┐(´д`)┌ヤレヤレ・・・もうちょっとセンス良くまとめられなかったんだろうか。
320i展示5
(極太のステアリング)

320i展示6
(円形から角へ変わったメーターにはやはり違和感が)

【OK,BMWは発展途上?】
OK,BMWと呼びかけると、答えてくれるらしいけど、一発目に担当セールスが呼びかけても認識しなかった。私がレストラン探してと呼びかけても上手く答えてくれず。まあ試乗車で色んな人が声をかけるので学習が上手くいってないのかもしれないけど、まだまだ発展途上だと思いました。

【センシングはベンツ超えた??】
センシング機能は今の時代に合わせて大幅に進化。ACC、自動駐車、50m自動バック等の機能が付いているけど、試乗でいきなりそれらを使いこなすのは無理だが、そんなに複雑な操作ではなさそうで、多分慣れるでしょう。担当セールスは、勉強会でベンツと色々比較したらしく、ベンツを追い越したと言っていたけど、精度がどうなんだろうか?でもしばらくすると、またベンツが先に行ってしまう気がする(^_^;)

試乗の後で自動バック機能を試してみたけど、時速10キロ未満で、アクセル&ブレーキを操作すれば、ステアリングから手を話しても、元の場所に戻ってくれたのは流石にビックリ。自動運転のレベル3実現の日も近い。

【スムーズなエンジンと心地良い乗り心地】
簡単な説明を受けた後は、エンジンをかけて試乗です。2リッター・ターボは184馬力しかないけど、F30比で50キロ軽量化したらしく、軽快に加速していきます。これなら330i必要ないんじゃないでしょうか。
320i試乗車
(試乗車の320i Mスポーツ)

回転の仕方もBMWらしく超スムーズです。まさに精密機械が寸分の狂いもなく作動している気持ちいいフィーリング。さらにスポーツモードにして加速すると、ASDがF30より大き目のサウンドを聞かせてくれます。私的には好印象です。エンジン音を消さずに聞かせるというBMWらしい原点に戻ったような気がする。
320i試乗車2
(足回りはすごく良かった)

足回りは、Mスポということもあり硬いけど乗り心地良い。グッドです。BMWらしい仕上がりになっていました。また軽量化しているからか、エンジンがパワーアップしたのかと思うくらい軽快に加速します。これならさらにハイパワーな330iはどんだけパワフルなのか、試乗して試してみたい。

【価格は驚きの据え置き】
しかしセンシング機能が大幅にアップして、内外装も高級感が上がって、価格は320iスタンダード523万円、320iMスポーツ583万円、330iMスポーツ632万円と、価格据え置きとは驚きです。

320iMスポはほぼフル装備で、オプションで付けるとしたら、メタリックペイント(90,000円)、ハーマンカードン(101,000円)、パーキングアシスト(60,000円)、ファストトラックパッケージ(19インチアロイホイール+Mスポーツブレーキ+アダプティブサスペンション 213,000円)くらいか。

ヘッドアップディスプレイ(132,000円)は、高価なのもあるけど、情報量が少なく目障りなだけ。ジェスチャーコントロール(69,000円)も必要性を感じないし、手で触れるほうが確実になので私は付けないと思います。
320iブルー
(鮮やかなポルティマオ・ブルーがよく似合う)

320iMスポだと車両本体583万円にオプション込みで630万円。それに諸経費加わると680~690万円位か?デザインもBMWらしさをしっかり主張していて良いデザインだし、総合的にF30よりかなり魅力的な車になっていると思えます。

さらに同じ日、M2C試乗して新型スープラ見てきましたが、それは次回に。
最後におしゃれイズムから、10年前の佐々木希とM4CSです。
M4CS&希
2019.03.21 Thu l BMW l コメント (0) トラックバック (0) l top