FC2ブログ
【BMW M2 Competitionが大幅にパワーアップして登場】
BMW M2 Competitionがいよいよ発売されました。BMWのHPもこれまでのM2からM2 Competitionに全面的に切り替わっています。BMW的にはM2がマイナーチェンジして後期型になったというところでしょうか。

大きな特徴は、3リッター直6エンジンが、シングルターボのN55からツインターボのS55に置き換わって、馬力も370馬力から410馬力と40馬力パワーアップしたこと。その他にも結構大幅に手が入って内容的にはM4に近い車になりました。ウェイトが50キロ重くなったためか、0-100km/hはM2の4.3秒に対して4.2秒と、そんなに速くはなってない。また燃費が12.3km/Lから11.2km/Lと今どきのMCでは珍しく悪化している。
M2Cカタログ
(新しくなったM2Cのカタログから)

価格は、6MTが873万円、7DCTが898万円で、これまでのM2より71万円高。欧米の価格アップが40万円くらいだった事を思うと高い気はするけど、100万円アップだった予定価格を捨てて、高過ぎず安過ぎず、微妙な価格設定になった。
M2C価格リスト
(価格は71万円アップ)

カラーをアルピンホワイトにして、サンルーフ・ハマカド・Mドライバーズパッケージのオプションを付けると合計952万円。諸経費込み1000万円といったところです。M2の時が諸経費込み900万円くらいだったから、BMWジャパンとしては、何とか諸経費込み1000万円以内にしようとして、予定価格(正式発表前にディーラーから教えてもらった予定価格は、6MT907万円、7DCT927万円と従来の100万円アップ)から29万円下げてこの価格にしたのかもしれない。

ただオプションの中のMドライバーズパッケージ(32.9万円)の内容だが、どうもリミッター解除して、最高速が250キロから270キロに上がるだけで、エンジンのパワーアップとかは無いそうだ。う~ん、250キロが270キロになったところで、どっちみちサーキット以外で試す機会はないので宝の持ち腐れ。実質的なオプションはサンルーフとハーマンカードン(&メタリックペイント)くらいになるね。そうなるとオプション込みで920万円、諸経費込み970万円くらいで、1000万円を完全に切るじゃん(+_+)
M2C価格リスト2
(オプション付けると100万円アップになるが、Mドラパッケージは必要ない?)

【M2Cは、M2ではなくコンパクトM4?】
現M2オーナーの私が思うに、M2とM2 Competitionはエンジンも違うし、マイナーチェンジというよりフルモデルチェンジした別物ではないかと考えています。M2が旧型でM2 Competitionは新型とするのが妥当でしょう。いや内容的にはほぼM4でありM2という名前はふさわしくない。M2は絶版車になって、むしろM4派生車として新しくコンパクトM4がバーゲンプライスで出たというのが、内容的にも納得がいきます。
N55エンジン
(M2にはN55エンジンが搭載されている)

【M2はチューニングカー的粗さや未完成が魅力のM異端児】
ホンダがNSXタイプR、DC2インテタイプR、EK9シビックタイプRを出してきた時は、ノーマルを発売した後に、ちょっとボディやエンジン、足回りをチューニングしたらどうかなという、まるでカーショップが行うチューニングカーのようなノリで作った車でした。そのため、どうしても粗さや未完成な所がありましたが、それが魅力でもありました。

その後に出てきたタイプRは、最初からタイプRを想定して開発され、まとまった車になっていましたが、未完成ゆえの魅力が無くなってしまった。

今回のM2とM2 Competitionにも、そういう違いを感じます。M2が登場した時、本来M車ならエンジンはS55であるはずが、ノーマルのN55を目一杯チューニングしてパワーアップした車でした。M車定番のカーボンルーフもMミラーもなく、いかにもあと付けしたという派手なブリスターフェンダー等でチューニング車っぽい粗さがありました。その分Mとしては安いし、M2はエンジニア達が遊びで作ったような楽しさのある、未完成故の魅力溢れる車でした。
M2ミラー
(M2にはMミラーが付かなかった)

M2 Competitionは、満を持してS55エンジンやMミラー、Mボタンを搭載して登場しましたが、M2がM車の異端児だったのに対し、完全にMファミリーになってしまった。

【S55サウンドがM4と同じだったら現行M2を選ぶ】
また私は、S55を載せた現行M4に2回試乗しましたけど、V8のような荒っぽい、ちょっと下品なサウウンドでガッカリした経験があります。
M4と
(内容的にはM2よりもM4に近い?)

M2 CompetitionのS55がどういうサウンドチューニングをしてあるかわかりませんが、もしM4と同じようなサウンドなら、私は文句無しに上品でレーシーなN55エンジン搭載のM2を選びます。希少なN55搭載のM車として大事に乗っていきます。エンジン音確認するなら動画もアップされていますが、それでは本当の音はわからないので、試乗してみるしか無いけど、バルコムで試乗車の予定はないそうだ。こうなったら東京まで試乗に行くしかないかな(?_?)

【嫌らしい価格設定で現M2オーナーとしては複雑な気持ち】
巷では、エンジンがS55になってパワーアップしエンジンルームにはカーボンファイバー製ストラットタワーバーが付いたし、ミラーは格好いいMミラーになって、シートがMスポーツシートになって、細かい所では、クルーズコントロールがブレーキ付きになってと、進化したM2Cが車両本体価格71万円アップで発売され、しかも諸経費込みで1000万円切るということで、これまでのM2ユーザーが裏切られたとか、ガッカリしているとか言われております。

私の個人的な意見では、諸経費込みで1000万円超えていたら、きっぱり諦めついたけど、諸経費込み970万円くらいという、高過ぎず安過ぎず、また微妙な、罪作りな、嫌らしい価格設定にしてきたなと思います。内容からすれば妥当で、現行M2オーナーとしてはちょっと残念なような複雑な気持ちです^^;

もしS55サウンドが上品な洗練されたサウンドになっていたら、超悩みます。人生最終の車として選ぶかもしれません。とにかく試乗してM2CのS55サウンドを確かめてみたいと思っています・・・S55がM4みたいな荒っぽいサウンドであることを祈りながら(´ε`;)ウーン…

【短期間に次々新しいモデルを出すBMWのやり方は如何なものか】
ただ一言BMWに文句を言っておきたい事があります。私がM235iを購入したのが2014年春ですが、それまで乗っていたE90 320i後期型の、5年リースの途中の3年弱でM235iに乗り換えました。再度M235iで5年リース組み直したんですが、M235i登場から2年で今度はM2登場。どうしてもM2に乗りたくて、5年リースの途中の2年余りでM235iからM2に乗り換えました(T_T)

その半年後、馬力アップした新しいB58エンジン搭載のM240iが登場したのは全く気になりませんでしたが、M2登場から2年ちょっとで、今度はS55エンジン搭載のM2 Competition登場・・・ちょっと期間が短すぎちゃいますか!もうちょっと間を開ける訳にはいかんのかね!!
M235iからM2C
(M235iからM2Cまでの発売時期)

ここ2回連続でBMWのリース途中で車変えてますから、今回またリース途中で変えるという訳にはいかないだろう。さすがに嫁の堪忍袋の緒が切れるかも(・・;

最後にミュージックプレイヤーで韓国語を勉強している佐々木希を見つめるM2
佐々木先生M2
スポンサーサイト



2018.09.02 Sun l BMW l コメント (2) トラックバック (0) l top