上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
【M2 Competition登場】
4月25日の北京モーターショーで、ついにBMW M2 Competition(M2C)がワールドプレミアされました。現在M2に乗っている私としては今年最も気になる車です。
北京モーターショー
(北京モーターショーより)

しかしこのM2C、実は3月の時点で、オーストラリアBMWが1ヶ月以上フライイングをして画像を出ていました。日本メーカーだったら大問題でしょうけど、それを許すBMWの懐の深さに乾杯したいです(^o^;
M2 Competitionkai
(BMWオーストラリアによるオフィシャル情報として事前に出てきた画像)

その後3月から4月にかけて、海外のネットでさらに詳細な情報が出てきながら、日本でもwebCGにM2 Competitionが登場しました。さらにある方から、イギリスの有名なユーチューバーSHMEE150さんが、M2 Competitionの実車を紹介している動画を教えていただいた。見てビックリ!何と発表まえのM2Cをスタジオに持ってきて解説しているし、実際に車に乗り込んで、エンジンこそかけなかったけど、スイッチONにして説明しています。何故こんな事が出来るのか不思議でならない。
M2Cstudio2kai.jpg
(何故かスタジオで発表前のM2Cを紹介しているSHMEEさん)

それなのに・・・先日ディーラーでセールスに聞いた所、日本で発売されることは間違いないけど、詳細は6月にならないとジャパンから情報が入ってこないと言っていた(´ε`;)ウーン…まあジャパンの出し惜しみと言うか、ディーラーの情報ってこんなもんなんかねぇ。
M2初期型2
(私の初期型M2)

【フロントグリルが意外に変わっていた】
M2Cfrontkai.jpg
(webCGのHPよりM2Cフロントグリル)

その新しいM2Cですが、まず外観は変化ないと読んでいたけど、フロントバンパーが少し変わったのはまだしも、まさかのキドニーグリルまで変わっています。よく見るとフロントバンパーにもコーナーセンサーが付いている。現行M2にはありません。サイド・リアはほとんど変わりなし。ホイールは同じ19インチですが、デザインが変わっています。サイドミラーがMミラーになっているのは羨ましいです。現行M2の方が大人しいデザインで、これは好き嫌いが分かれそう。私は現行M2の方が好みです。
M2CengineS55kai.jpg
(エンジンはS55で410馬力)

【S55エンジンは410馬力でMボタンとMミラー追加】
エンジンは噂通りN55(370馬力465Nm)からM3&M4のS55をデチューンしたエンジンが搭載されています(410馬力 550Nm)。レッドゾーンも7500rpmまで引き上げられた。0-100km/h加速は0.1秒短縮とのことで、車重が増えたためかそんなに速くはなっていない。

またステアリングにMボタンも追加され、シートもM4と同じスポーツシート。内容的にはカーボンルーフがないだけでほぼM4なんじゃないかと思います。
BMW M2 Mボタンkai
M2Cスポーツシートかい
M2CMmirrorkai.jpg
(羨ましい装備)

リアエンブレムはM2 Competitionとなっています。動画のM2Cはホッケンハイムシルバー。私的にはやっぱりアルピンホワイトの方が好みです。
M2Cstudio4kai.jpg
(リアエンブレム)

【価格は40万円アップか150万円アップ?】
後は価格ですね。日本価格はもちろん分からないですが、海外のサイトでは150万円アップくらいが噂されていたけど、イギリスからの情報では、現行M2が705万円からですが(BMW UKのHPより)、6MTが745万円、7DCTが785万円とのことでしたので、英国では40万円アップくらいの価格設定です・・・私は内容から見て150万円から200万円アップではないかと思っていたので、もし40万円アップくらいでこれだけの装備になるなら超サプライズ価格です(@_@;)

日本での現行M2(7DCT)販売価格は827万円ですから、150万円アップなら980万円、40万円アップなら870万円くらい・・・えらい違いです。ヒエラルキーを守るBMWですからM4との価格差を考慮して1000万円超えは無いんじゃないかと思いますが、40万円アップに抑えたら、超お買い得に思えます・・・安くないですけど(~_~;)

北京モーターショーからの情報では、M2Cは現行M2のアップグレード版ではなく、置き換わる形で発売され、現行型M2は生産中止になると言われています。BMW他の3リッター直6がN55からB58に置き換わり、N55搭載はM2のみとなっており、そのN55に新たな排ガス規制対策する余裕はないためS55に切り替えざるを得ない事情もあるようです。
  
現行M2のマイナーチェンジ版としてM2Cが発売されるなら大きな価格アップはないかもしれません。しかし実質的な現行M2のスポーツバージョン的内容を考えると1000万円弱の値が付けられても違和感はない。どちらになるんでしょうか。



【最新の運転支援システム搭載】
それと私が気になったのが、北京モーターショーで発表されたM2Cには最新の運転支援システムが搭載されるという一文。現在のM2は、シングルカメラによるセンシングで、機能的には必要最小限というレベル。これが充実していたら、私のような年寄りには大変ありがたい。ここはバルコムで確かめておきたい所です。

私としたら、今のM2の野性的でシャープで上品なN55サウンドがたまらなく好きなので、M2CのS55サウンドが、M4 のS55で感じた、荒々しくて、ちょっと品がなくて、V8っぽいサウンドのままだと手指は動かない・・・いや動かそうにも高すぎて手が出ないのが本音ですが(~O~;)

欧州では5月中旬から予約開始で、8月中旬頃から納車されるようですが、日本発売は今年年末頃と言われています。いずれにしても来年東京ベイにM2C試乗車が来て、それに試乗して、M2Cの運転支援システムとS55サウンドを確かめてから考えたいと思います。

【最後に】M4のセクシーな後ろ姿を見つめる、NHKのドラマで熱演中の佐々木希
佐々木希NHK&M4kai
スポンサーサイト
2018.04.28 Sat l BMW l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。