上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
年末の忙しさもめどが付いて明日から休みです・・・元旦は仕事入ってますけどorz・・・が、ここ最近話題になっていたのがSMAP解散。スポーツ紙の1面を飾っていました。別に彼らのファンではないけど、日本中を騒がせましたね。おそらく世間でもよくある話だと思うけど、人間関係の難しさを感じました。
SMAPnikkann.jpg
(日刊スポーツより)

【SMAP解散】
smap003kai.jpg
(SMAP×SMAP最終回で最後の歌を歌う5人)

そしてNHKが密かに交渉していたようだけど、結局大晦日の紅白出場も辞退して、5人揃ってのTV出演はSMAP☓SMAP最終回が最後となった。ただしその最終回への生出演は実現せず、ファンに向けて最後の別れを告げることはなく12月31日をもって解散することが決定しました。
smap006kai.jpg
(歌が終わって一人立ち上がれない中居)

SMAP☓SMAP最終回、5人で歌うまさに最後の「世界に一つだけの花」が終わり、5人で深くお辞儀をし、幕が下り収録が終わって、スタッフが拍手する中、リーダーである中居はしゃがみこんだまま立たなかった。リーダーとして5人をまとめきれなかったことへの後悔だろうか、他の4人が淡々と最後を迎える中、一人離れて後ろで涙を拭っていた。
smapsekaii002kai.jpg

詳しいことは知らないけど、よほど深い溝があるんでしょうね。
仕事もバラバラでやっていく中で、次第にコミュニケーションも希薄になり、すれ違いが出来、マイナスの感情が肥大化し、誤解も生みながら、感情の糸が絡み合って解けなくなってしまう・・・推測ですがよくある話です。
smapsekaii003kai.jpg
(一人後ろで涙を拭う)

人間関係はいつでもどこでも難しいですよね。
私もず~っと悩んできています(TдT)

私はブログ上で数年前から25才と言ってましたが、実は大きくサバよんでまして、結構な年です・・・出て来る話題が古いのでお分かりだと思いますが(=o=;)

その私の取るに足らない経験から言えば、こういう縺れた糸が解けなくなってしまった関係も、時が解決してしまうことってあります。かつて経験した色々な嫌なこと、許せないこと、辛かったことも今となっては殆ど忘れています^^;

今更過去のことをどうこう言う気になれなくなるし、その嫌な事は、実は自分の成長にとって大事な経験だったと、振り返った時に分かる。

そして、その時は気が付かなかったけど、実は周りの色んな人に世話になっていたんだとふと気が付きます。自分はなんて未熟だったんだ。迷惑かけてきたんだと思っても時既に遅し!(;´д`)トホホ…

永六輔の有名な「大往生」に以下の文があります。
「生きているということは、誰かに借りをつくること。
生きてゆくということは、その借りを返してゆくこと。
誰かに借りたら誰かに返そう。
誰かにそうして貰ったように、誰かにそうしてあげよう。」
smap001kai.jpg
(2014年27時間テレビ ノンストップライブより)

SMAPも、5人が一緒に苦労し頑張ってきた事実とそれをファンも含めて多くの人が支えてくれた事実があります。これまで多くの人に世話になったな、有り難いなと感謝すると同時に、でもまだまだその借りを返してないと思う時がくると思います。

そして過去の拘りは水に流して、どこかで恩返しのために再結成してやってみようという気になるかもしれない。それには時間がかかるでしょうね。

【ノートe-POWERはハイブリッド?EV?】
さすがに師走は忙しかったんですけど、徹底した日産党で、今もマーチとジューク・ニスモに乗っている業者のOさんから、ノートe-POWERが良かったという話を聞いて行ってきました。

ノートの話題はモーター積んだe-POWERもですが、何と11月販売台数で、トヨタのプリウス・アクアを抜き第一位になったことも大事件でした。プリウスは11ヶ月連続1位だったけど、その牙城をついにノートが崩しました。日産が1位となったのは30年前!!の1986年にサニーがカローラを抜いて1位となって以来らしい。
ノート002
(隣はセレナ試乗車)

日産ディーラーに着くと目玉のノートとセレナ試乗車が置いてありました。
興味津々のノートですが、ノートe-POWERは、今までのエンジンとモーターを動力源に使うハイブリッドではなく、エンジンはモーターの充電専用で、動力源はモーターのみというハイブリッド?EV?です。

ノート001
(ノートe-POWER試乗車)

エンジンは普通のノートに積んでいる3気筒1.2リッターのノンターボで79馬力、10.5kgm。
モーターは定格出力95馬力、最高出力109馬力、25.9kgmと2.5リッター並の最大トルクを誇ります。

BMWのi3がやはりエンジンが充電してモーターで走る車ですが、i3と違うのはプラグ充電しないこと。i3はEV走行で200キロ以上走れるが、ノートはバッテリー容量が小さくEV走行は限られる。バッテリーが小型化できたため室内もノーマルと変わらない広さが確保されている。
ノートモーター2
(ボンネット下にはエンジンとモーター)

JC08燃費は34km/Lとライバルのアクアに迫っています(燃費専用車は37.2km/Lでアクアを上回っている)。

う~ん、まさに発想の転換!
今までになかった車です。一体どういう車なのか?変車好きな私オバとしては気になります。日産ディーラーに着いて、簡単に営業さんに説明を聞いて、さっそくノートに試乗です。
ノート010

エンジン掛けた時はモーターのみですので静か。
剛性感は・・・イマイチで乗り心地は、まあ普通。この後試乗したトヨタルーミーと似たり寄ったりの剛性感&乗り心地で、このクラスでは平均的なのかも。う~ん、むしろNボックスの方が剛性感高く乗り心地良い気がした。

【発進加速の気持ちよさは病みつきになりそう】
モーターで走るので0発進加速は強力で気持ち良いです。いきなり2.5リッターガソリン車並のトルクが炸裂しますから、ちょっと病みつきになりそうです。この全開加速の時はエンジンが一生懸命充電しているので、エンジンの音もして普通のエンジン車と感覚的には変わりない。
ノートメーター
(スピードメーター右にエンジンとモーターの図が表示されていたが写真が悪い)

この車がEV走行するのは、アクセルを緩めて定速走行している時くらい。画面でエンジンが動いているか、モーターだけなのかは確認できます。EV走行に関してはトヨタのハイブリッドの方が航続距離が長く、ハイブリッドらしさを楽しめます。

シフトノブは独特で未来っぽいです。ドライブモードの切り替えもエコ・ノーマル・スポーツと3段階の切り替えと豪華。
ノート009
(シフトは独特の形態)

【ワンペダルが可能な強力回生ブレーキ】
驚いたのが、アクセルオフにした時に発生する回生エネルギー回収の際の強力なエンジン?ブレーキ。
i3に試乗した時も、アクセルオフ時の強力な回生ブレーキに驚いたが、ノートもワンペダルで加速と減速が出来る。そして何と!止まる~!!
ノート004
(室内はノーマルと変わらない)

自転車は充電しながらライトを照らして走り、漕ぐのをやめると抵抗でブレーキかかりますが、それと似ています。しかもブレーキの効き方が、i3ほど強力じゃないので、コントロールしやすい。ブレーキパッドが減らないんじゃないでしょうか。

ただこれは、エコモードとスポーツモードのみで、通常のノーマルモードだと普通のブレーキです。まあ慣れない人のために両方用意したんだろうね。

ワンペダルで強力な加速とブレーキがコントロール出来、低燃費。プラグでの充電は不要で普通のガソリン車やハイブリッド車と同じように使用できる。室内もノーマル車と同等。
売れる要素が揃っています。後は価格です。

【価格はアクア、フィットとガチンコ勝負】
売れ筋のXが195万円、メダリストが224万円と、ほぼアクア、フィットハイブリッドと同じ価格帯。まさに価格、性能、燃費もガチンコ勝負。

EV走行の長さでアクア、車内の広さでフィットハイブリッド、モーターの強力な発進加速と回生ブレーキでノートと、3車3様の特徴があります。ソリオにストロングハイブリッドも出たし、来年はビッツハイブリッドも登場します。コンパクトハイブリッドの競争は相当激しくなりそう。

最後に行列のできる法律相談所から、すっかり女優らしくなってきた佐々木希とM2です。
BMW M2山中001
スポンサーサイト
2016.12.28 Wed l l コメント (12) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。