上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
【全日本女子フィギュアは大混戦か】
フィギュア・スケートのグランプリシリーズはNHK杯が終わって、12月9日から始まるファイナルに行ける6人が決まりました。女子では宮原とメドベデワ等ロシア勢4人にカナダ1人。やはりロシアが強そう。男子は羽生、宇野、フェルナンデスの三つ巴か?

そして今年最後の大会となるのが22日からの全日本選手権ですが、出場する女子の主なメンバーは、シニアではグランプリシリーズに参戦した浅田、本郷、宮原、村上、三原、樋口、永井、松田ら。浅田、本郷、村上が本調子ではないのに加えて、今年はジュニアが非常にハイレベル。
フィギュアジュニア
(全日本ジュニアから喜ぶ坂本、白岩とジャンプのミスが出て悔しがる本田)

全日本ジュニア1,2,3位の坂本、白岩、本田は190点台の力を持っている。なお、12月8日からにフランス・マルセイユで行われる、ジュニアグランプリファイナル6人に、坂本、本田とともに入った紀平は、全日本では11位だったがジュニアGPシリーズでトリプルスリーを成功させ優勝しています。しかし残念ながら全日本には出場出来ない。

全日本ジュニアで悔し涙を流した実力派本田真凛の全日本での巻き返しなるのか?浅田真央の復活はあるのか?宮原連覇なるか?今年からシニアのグランプリシリーズに参加し3位、4位と伸び盛りの三原、樋口の表彰台はあるか?

シニア、ジュニア含めて、誰が優勝してもおかしくない状況で、大混戦になりそうです。本人達は大変でしょうけど、ドラマチックな大会になりそうです。

【Eクラス試乗にシュテルンへ・・・お姉さんが説明してくれた?】
Eクラスには某ヤナセで一度試乗して自動運転を経験したのだが、あまりにそれに集中し過ぎて、車本体のチェックを忘れていました。そこで改めて自動運転以外の車の基本性能をチェックすべく再度試乗してみることにした。

その前にEクラスに関しては、全幅1850mm、全長4930mmとデカ過ぎて購入外。アルファードに代わる車の条件は、車庫の出入りを考慮して全幅1800mm以下、全長4900mm以下なのです。買いたいのではないかと誤解されることを避けるため、今回はヤナセを避けてシュテルンで試乗しようと電話で予約した。
E001.jpg
(シュテルンに置いてあったEクラス試乗車)

シュテルンに着くと、素早く受付のお姉様が迎えに来てくれた、Eクラス試乗の予約をしている旨を伝えると、担当セールスが接客中なので、そのお姉様が試乗車の説明をしてくれた。

BMWでも車の簡単な説明をショールームスタッフがやってくれたことがあったが、この辺りはさすが外車ディーラーは教育が出来ているなと思いました。国産車ディーラーへも何回も行きましたが、こういうことは経験ないです。
Eクラススイッチ
(説明を受けたEクラスのスイッチ類)

彼女の話ぶりから、どうも普段ベンツに乗っているようで、ベンツ独特のシフトレバー、パワーシートスイッチ等の基本的な使い方を見事に教えてくれた。ただパーキングスイッチについては、一生懸命手動でのやり方を教えてくれたが、おそらく最新の車なら自動でかかるはず。乗っているベンツが古いんじゃなかろうか(^^ゞ

Eタイヤ
(タイヤは19インチのランフラット)

グレードは2リッターターボの200アバンギャルドスポーツだったけど、お値段は727万円(☆☆)!!・・・車の価格って、国産車、外車含めて最近高くなってきているような気がする・・・そしてタイヤはフロント245/40、リア275/35の19インチだった。これはタイヤ交換で高くつきそうですねと言いながら、このタイヤはランフラットなのか、普通のラジアルなのかどっちですかと尋ねると・・・このくらいは知っているだろうと遠慮しながら質問したんだけど・・・え~と、と固まってしまった(@_@;)

あとでセールスに確認するとランフラットだったけど、まあ別にどちらでも良いので取り敢えず試乗に行くことに。お姉様がついてきてくれると最高だったが、これまでAMG、Cクラスクーペと2回試乗に来ていて素性も分かっているし、何か色々細かいことを質問してきそうで嫌われたのか、一人で好きなコースを回って下さいと言われた。
E002.jpg
(一人で試乗中に車を停めて写真撮影)

【ソフトな乗り心地で駆けヨロ度はBMW 523iに軍配】
まず外観は、以前の記事でも述べたけど、Cクラスと似すぎ!
並べて見較べてもよく分からないくらい。よぉ~く見るとEの方が少し角が丸くなっているかな?でももうちょっと違いを出して欲しい。装備も近いので、単に車のサイズだけで選ぶという事になりかねない。車選びの面白みが半減するよ。
E005.jpg
(幅が1850mmあるので日本では駐車場出し入れが難しい)

幅は1850mmなので、全幅1800mmのアルファードがギリギリという実家の車庫に入らないと言うか、入ってもドア開けて出れないサイズ。しかし運転席に座って運転している限り、車の大きさを感じることはない
Eリアシート
(ゆったり座れるリアシート)

内装や細部の造りはさすがEクラスで、BMWより高級感があります。後席もユッタリ座れる。乗ったこと無いけど、Sクラスになると、後席でまさにふんぞり返れるんだろうな。
メーター色々
(Eクラスのメーター色々)

メーターはアナログのようなメーターだがデジタル化されていて、切り替え可能らしい。しかし何せセールスではないのでお姉さんから詳しい説明はなし。以前ヤナセで試乗した時に説明してもらったが、レクサスFスポーツみたいなメーターにもなって、中々楽しめた♪

エンジンは2リッター直4ターボで、184馬力、30.6kgm。エンジンスタートでは4気筒らしい粗さがあるが、アクセル踏み込んだ時にはスムーズに回る。しかし加速は緩慢でパワフルではないです。
Eエンジン
(エンジンは2リッター・ターボで184馬力)

足回りは軟らかく、タイヤが19インチのランフラットだけど、ゴツゴツ感はなく、乗り心地はいい。ベンツもだいぶランフラットを履きこなしてきたようだ。しかしかったるいエンジンと相まって運転して楽しい車ではない。しかも何故かフットレストが見当たらなかった。試乗中左足の置き場が不安定で落ち着かなかったです。ハッキリ言ってオジサン車・・・私もオジサンですけど(T_T)
Eフットペダル
(アバンギャルド・スポーツなのにフットレストが見当たらなかったEクラス)

駆けヨロ度は、明らかにFMC目前のBMW 523iの方が高い。エンジンスペックは184馬力、27.5kgmとトルクでベンツに劣るが、ベンツよりスムーズにシャープな回り方をするし、足回りもシャキッとしている。この辺りは考え方の違いなんどろうな。う~ん、オジサン度で言えば、レクサスGSといい勝負のような気がする。

【自動運転は怖くて使いたくないけどセーフティーは最強か】
注目?の自動運転だけど、確かに設定した速度で車がステアリングを切って曲がっていきました。ただ速すぎるスピードでのコーナリングや大きなカーブは危ないとセールスに言われた・・・言われなくても、恐怖感に打ち勝てなくてステアリング握ってしましました( ̄Д ̄;;
E004.jpg
(上質な室内)

それでも最近あった、スマホなんかやったり、運転中にちょっとよそ見したりするようなケースでの事故は、自動運転にしていればかなり防げそう。

しかしセーフティーの充実度については、セーフティーデバイスとして、デュアルカメラ、ミリ波レーダー、レーザーの組み合わせ、それをこれまでの経験と合わせて設計していますから、やはり抜きん出ているように思います。

ちなみに、日本車で最も自動ブレーキ性能が優れていると言われるスバル・アイサイトについて、ベンツもアイサイトを購入して研究したらしい。しかし霧が多い欧州では、スバルのようにカメラだけでは精度が落ちるとして評価していないそうだ。ベンツのセールスが言っていました。
Eレーダー
(ミリ波レーダー)

ベンツの自動ブレーキでは、Eクラスではデュアルカメラの解像度がさらに上がり、ミリ波レーダーを加えて、白線がない道でも、周りを判断して走ることが出来るらしいし、道路標識の制限速度も正確に読み取っていた。人、車、自転車も認識し、横も後ろもセンサーで監視していて、横&後方もセンサーでキャッチして、後ろに人がいる場合はブレーキがかかるようです。

また自動駐車も可能で、一応駐車スペースを測って行うけど、5回切り返しして入れなかったら解除になるらしい。BMWの7の自動駐車も変な停め方することがあるそうだったけど、まだ発展途上な技術なんだろう(=o=;)

ACC(前車追従オートクルーズ)も上限が200キロまで設定でき、0~200キロに対応している。止まった状態から市街地でも前方の車を認識すれば追従する。前方車が止まれば止まるが、ブレーキの掛け方がやや唐突で怖かったです。慣れが必要でしょう(ヤナセで試乗チェック)。

新型Eクラスは、自動運転の扉を少し開けたけど、まだまだ自分でハンドル握るほうが安心です。自動運転機能はあっても使いたくない┐(´д`)┌ヤレヤレ

しかしEクラスの評価としては、自動ブレーキやアダプティブ・オートクルーズの安全性能を評価すべきだろう。運転して楽しい車ではないけど、最強のセーフティーを持っている車というのが妥当な評価だと思います。自動運転は今の時点ではオマケ?

【このセーフティーをコンパクトカーに】
このEクラスは、安全性が高く、車としては素晴らしい出来だとおもうけど、まず幅が1800mm越えている点で車庫入れが厳しいのと、さらに運転しても退屈でワクワクしないし、さらに欲しいグレードとなると車両本体価格727万円と相当な高額で、私の購入対象にはならない。
E003.jpg
(デカイし高いしEクラスは対象外です)

だけど最近増えている高齢者の事故予防には、こういうセーフティーの充実が非常に効果的なはず。やがてCクラスに搭載されることは間違いないだろうが、メルセデスも事故を無くすことを目標に挙げているようだし、さらに割安でコンパクトなAクラスやBクラスにも是非降ろして行って欲しい。

AクラスやBクラスのFMCはおそらく数年先の話だが、その時は自動ブレーキも自動運転も自動駐車も、今のEより完成度高くなっているだろう。車がどんどんロボット化している気がするが、こういう機能を重視するなら、今は待ちかもしれない。

最後に希少なサンルーフ付きのF87 M2とE46 M3をびっくりした表情で見つめる佐々木希
Mカー&希001
スポンサーサイト
2016.11.30 Wed l l コメント (9) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。