FC2ブログ
【マツダスタジアムパーティールームで盛り上がる】
組合の行事で毎年マツダスタジアム観戦があるのですが、今年も9月24日(土)に行われた対ヤクルト戦に行ってきました。先発は最多勝をかけた野村です(^O^)
カープ観戦03
(マツダスタジアム入り口)

場所は例年通り、私の好きなマツダスタジアム1塁側パーティールーム。全部で50人入れる部屋に、食事と飲み物が付きます。中々チケット取るのは難しいんですが、担当者にはそれなりのルートがあるみたいです(?_?)
カープ観戦102kai
(私の好きなパーティールーム)

今回は会場で10年振りくらいに会う人もいて、野球観戦はカープ攻撃の時のみで、守備のときは懐かしい昔話で盛り上がっていました。
カープ観戦10
(攻撃のみ観戦(;^_^A アセアセ・・・)

途中スマイリーがパーティールームに寄ってくれて、皆さんと写真撮影会もあり、そして攻撃では、新井の先制2塁打があり、さらに新井・誠也の連続ホームランもでて、野村も力投し、見事な快勝です。これで新井は100打点突破、野村は最多勝、最優秀勝率決定です\(^o^)/
カープ観戦100kai
(食事しながら攻撃中は試合観戦し、守備中は話し込む。スマイリーも来て盛り上がる)

試合後は久々に会った仲間と一緒に、広島の夜の街・流川へ繰り出し、K氏行きつけのお姉さんのいる店で最高に盛り上がりました。翌日もマツダスタジアムのデーゲームだったので、程々にとセーブしていたのですが、セクシーなお姉さんの魅力に負けて、酔いつぶれてしまいました(TдT)
カープ観戦13
(久しぶりの広島流川)

やっぱ広島市内はレベルが高いね。Kさん、また広島市内に行った時には連れてって~(人∀・)タノム

以下の動画は盛り上がるマツダスタジアムの様子です。
[広告] VPS

【マツダスタジアム今季最終戦のはずが・・・】
そして翌日の日曜日、知り合いのカープオバさんがマツダスタジアムのチケットを取ってくれて、知り合い2人を誘って、カープオバさん夫婦と私と5人でマツダスタジアム今季最終戦観戦にも行ってきました。連チャンです。場所は1塁側のコカ・コーラ・テラスシート。テーブルを囲んで食事しながら観戦出来ます。
Nボックス18
(マツダスタジアムのコカ・コーラ席)

この日は、マツダスタジアムのリーグ戦最終試合であり広瀬・倉の引退試合であり、先発はかつて倉とよくバッテリーを組んでいた10勝目を狙う黒田という、役者が揃った特別な試合です。もちろんスタジアムは超満員。試合後にはセレモニーもあるはず。
Nボックス15
(始球式前の広瀬と息子さんと奥様)

試合開始前に、広瀬の息子さんと奥様が出てこられて、息子さんによる始球式が行われましたが、将来有望そうな少年でした。
小雨がぱらつく中、午後1時30分に試合開始。しかしそのうち雨脚が段々強くなって、黒田が暴投気味の球を投げたところで、1時43分には試合中断。
Nボックス17
(雨水がコップに入りながらもコカ・コーラ席から観戦)

しかしファンは、特別な試合ということがよく分かっているので、再開を信じて待ちます。我々も赤い箱の勝つ弁当を食べようと、フタを開けたのですが、雨はいっこうにやまず、ビールや弁当に雨がバンバン入ってきます。でもめげずに、カープ応援しながら雨に濡れた弁当食べながら雨入りビールを飲んでました。
マツダスタジアム隣ジム
(マツダスタジアムに隣接するスポーツジムから試合を観ることも出来る)

しかし傘もカッパも持たず、びしょ濡れになってきたので、ついに雨のかからない所へ一旦避難。それでも止まないので、スタジアムすぐ近くの知り合いの部屋でラジオ聴きながら待機していました。マツダスタジアムは、右手にスタンプ押してもらったら、チケット見せるだけでスタジアム内外への出入り自由です。

期待して待っていたものの、残念ながらそのまま雨で試合中止(T_T)
一緒に来ていたカープオバさんと旦那さんはご帰宅。スタジアム近くに住む知り合いはそのまま広島市内の居酒屋へ、私は前日もマツダスタジアムに行き、勝利に酔いしれて広島市内で知り合いと飲み歩いていたので、さすがに2日連続はまずいと思い自宅に向かいました(=o=;)
マツダスタジアム建物
(試合開始前のスタジアムは晴れていたのに・・・)

チケットは払い戻ししてもらい、その日の午後6時から、10月1日に行われる代替試合のチケット売り出しがあったけど諦めました。まあ雨天中止は残念でしたが、それでも2日連続カープ観戦という初めての経験が出来たし、記憶に残る2試合となりました。

【軽なのに任意保険料は年間44万6千円!のバカ高】
実は四国の大学に通う娘が、車がないとどうしても不便だと言うので、Nワゴンを持っていくことにしました。何度か娘の所へ行ったけど、大学は山の中にあるし、広島よりさらに田舎ですので、確かに車がないと通学もクラブ活動も非常に不便であるのは間違いない。
Nボックス19
(四国へ旅立ったNワゴン)

バスはあるけど便数が少なく、かと言って暗くなっても田舎道は街灯もないので自転車で帰るのもまずい。心配ではありますが、そこに通う学生の多くが1年生のうちに免許をとり、2年生からは車で通うそうで、やむを得ずOKを出しました。Nワゴンを四国へ持っていった帰りは、高速バスで広島まで帰ってきました。高速道路は見事に山の中を通っていきますが、途中山の中にある娘の大学も見えました。
Nボックス23
(山の中を走る高速バス。途中山の中にある大学もバスから見えた)

ここの大学に6年間通う予定ですので、Nワゴンは娘名義として新規に任意保険をかけました。しかし年齢も若いので一切割引がなく、車両保険つけた状態で、軽なのに何と年間保険料44万6千円!(゜o゜;

M2の保険料よりはるかに高いでぇ。
安い軽だったら、車より任意保険料の方が高くなるじゃん。
これじゃあ、若い人は車を買えないよ┐(´д`)┌ヤレヤレ

ただNワゴンには今まで息子や嫁が乗っていたのですが、距離も走っているし、あちこちぶつけたりして修理していているし、免許取り立ての娘が少々ブツケても直さないつもりで、車両保険はナシにしました。その結果何とか21万円になったけど、それでも高いね。

【ホンダらしさとは・・・】
ホンダらしさ
(ホンダカーズ社長が見せてくれた新聞記事)

Nワゴンの名義変更して四国へ持っていくために行きつけのホンダカーズで色々手続きをとっていた時、面白いものがあると社長が見せてくれたのが上の新聞記事です。

そこには“ホンダらしさとは「原点は生活の役に立つ」”と書いてあって、八郷社長が車両本体2370万円、オプション&諸経費込みで3000万円のNSXと一緒に写っている写真が載っている。

NSXってどう考えても庶民に手の届かない、生活の役に立つ車じゃないイメージなんですけどねぇ。そのNSXと一緒に写って生活の役に立つと言われても説得力ないよね。日経新聞だったと思うけど、中々見事なブラックジョークだった(~_~;)
新型NSX
(ホンダHPより新型NSX)

しかしこのNSXの価格2370万円は初代の3倍で、s660なら10台買える超高値です。
広島では誰も買わないだろうと社長に話すと、予約開始1週間で、広島で3台、全国で80台くらいの申し込みがあったとのこと。ということは今現在ではもう初回輸入分は売り切れたな。う~ん、一体どういう人がこの車を購入するんだろうか。

アメリカ・オハイオ州の専用工場にて作られるNSXの生産能力は一日8台、年間生産2000台。日本向けは年間100台しかないので、投資目的的な人もいるかもしれないなぁ。まあ私には関係ない話ですけどね┐(´д`)┌ヤレヤレ

でも売れる売れないとか考えないで、技術者が突っ走ってしまう所はホンダらしいとも言える。トヨタや日産ではOKが出ない車、タイプRしかり、s660しかり、NSXしかり。こういう企画が役員会を通過してしまうと言うホンダらしさとは・・・「利益よりも技術者魂を優先して突っ走ってしまうところ」のような気がする(^o^;

最後にとんねるずの番組に出演した佐々木希とホンダらしい車s660です。
最近ラストコップも始まってTV出演が増え、のんちゃんファンとしては嬉しいです。
とんねるず希&s660kai
スポンサーサイト



2016.10.05 Wed l スポーツ l コメント (8) トラックバック (0) l top