上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
【タカタのエアバッグリコールが来ました】
最近自動車メーカーの不祥事が続いています。
VWのディーゼル車排ガス不正、三菱自動車の燃費不正問題に続き、スズキも燃費測定が規定の方法でなかったそうです。こうなると、他のメーカーもどうなの?って気がしますけど、どうなんでしょうかね(^_^;)

さてこういう問題の先駆者?とも言うべきなのが、タカタエアバッグでしょう。
VWも三菱もスズキも実際に所有してきたことがないので他人事でしたが、タカタエアバッグは我が身に降りかかってきました。
アルファード高知01
(リコールが来た12年目のアルファード)

トヨタからアルファードのリコール案内がきて、開けてみると助手席エアバッグの不具合。もちろんタカタ製。

さっそくディーラーと言っても、購入した地元モータースさんですが、相談に行きましたが、取り敢えず、エアバッグが開くと危険なので、助手席エアバッグは除去です。そして助手席サンバイザーにその旨を書いたものが付けられてきました。
アルファードエアバッグ
(助手席エアバッグ作動しないとの注意書き)

ただ件数が多いためか、リコールの通知は来たものの中々部品が調達されず、3ヶ月くらい待たされ、その間助手席エアバッグは取り除かれたまま・・・パンツなしにズボン履いているような感じで、ちょっと不安がありました(T_T)

先日やっと部品が来てエアバッグ取り付けましたけど、やっとパンツが履けたような安心感が何とも言えなかったです(*´σ-`)エヘヘ

アルファード自体は、12年目ですけどやつれた感じもなく塗装もキレイで、静かで広くて後席の乗り心地も良くて、非常に優れた車です。

【ルーフ脱着は慣れれば苦にならない】
オープン01
(オープンにしたs660)

さてs660ですが、先日ルーフを外してオープンドライブをやってみました。
まずルーフ外す手順は、窓を開け~フロントボンネットを開け~トランクの蓋を開け~フックを3つ外し~ルーフを巻き取って~トランクに入れる・・・オシマイ。
オープン組01kai
(トランクを開ける)
オープン組02kai
(フックを外しルーフを巻き取る)
オープン組03kai
(トランクにルーフを収めて完成)

ルーフ取り付けは、窓を両方少し開けて~フロントボンネットを開け~トランクの蓋を開け~ルーフを取り出し~フックの位置を確認してルーフを置き~広げてフックをはめ込み~窓を閉めてオシマイ。

やってみればそんなに苦ではないです。NDロードスターに乗っている知り合いの話を聞くと羨ましいですが、まあ慣れれば大丈夫です。

【オープン走行はかなり風が来るが楽しい】
オープン走行は、窓を閉めていても結構風が頭の上を通って、髪型はワヤクチャになります。

さらに窓を開けて走ると、風は思い切り入ってきて髪型はもっとワヤクチャに。
風切音も猛烈で、音楽は聞けないし、エンジン音もブローオフバルブのシュパーという音くらいしか入ってきません(゚_゚i)タラー
オープン08
(窓を閉めていても風は入る)

やっぱりオープン走行の時は帽子が必要かな?
女性乗せてオープンにしたら嫌われるかも?
でも運転していて、とても楽しいです♪

頭上に何もない開放感は、オープンカーでしか味わえません。
クローズドの時は、エンジン音がどうのこうの、6000回転からのパワーがどうのこうのと言っていましたが、オープンにして、風と風切音を思い切り浴びながら走っていると、そんなことどうでも良くなります(^O^)
オープン09
(オープンカーならではの開放感♪)

リアのセンターウィンドウは、エアクリ変えているせいか吸気音がうるさいので、クローズドの時は開けなかったですけど、オープンで開けてみると、他の音がうるさいので、気にならなかった(^^ゞ

s660のようなオープンカーは、クローズドとオープンと2種類楽しめるのが良いですね。次は高速のオープンを試してみよう。

【高速走行は楽ちん】
その高速道路走行ですが、ボディ剛性が高く、パワーも十分なためか、軽ではあるけど疲れない。高速道路に入る前はきついかなと思ったけど、意外にGTカーとしても使えそうだ。
オープン10
(高速道路も疲れない)

エンジンがミッドシップに搭載され、フロントが軽いので、直進安定性がどうかなと心配したけど、フロントが軽いのは感じるし、ピタッとフロントが吸い付く感じはないけど、神経質になることはなかった。高速道路は楽ちんでした。

ただ荷物がほとんど積めないので、2人での遠出はあまりしたくない。
ナビが付けられないのも大きな難点。
オープン11
(買い物の置き場は助手席)

この辺り、是非メーカーオプションを追加で出して欲しい所です。
あと、カーグラフィックの長期テスト車としてs660が未だに登場しないのも、実は残念に思っています。
こういう個性的で不便な所の多い車だから、雑誌社としては美味しい材料だと思うんだけどね。

最後にオープンにしたs660と佐々木希です。
希101の理由01kai

スポンサーサイト
2016.05.18 Wed l s660 l コメント (12) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。