s660が納車されて3週間経ちます。来月には1ヶ月点検に行く予定ですが、仕事の関係でほとんど日曜日にしか乗れない状況で、なかなか距離が伸びません。そこで日曜日には今まであまりしなかったロングツーリングに出掛けるようにしてきました。
慣らし008
(BMWへもs660で出掛けた)

先日も、F市(約65キロ)のBMWディーラーへある打ち合わせで2度出かけ、M5や330eにも試乗しましたが、その時乗って行った車はM235iではなくs660。

またある講習会が広島市内(45キロ)であった時に乗って行ったのもs660と、日曜日は出来る限りs660を使うようにしています。
慣らし009
(3週間で700キロ突破)

その結果、私にしては異例の早さですが、3週間で700キロ走破しました(*^_^*)
慣らし運転は1000キロをめどにしていますので、慣らし終了間近にした私の感想です。

【乗り降りはかなりアクロバティック?】
まず無限エアロ&アルミ。これは私的には正解でした。ちょっと緩い感じのs660が引き締まって見えます。
慣らし007
(無限エアロで引き締まって見える)

結構キツイのが乗り降り。

シート位置がダントツに低く、運転席に乗り込むには、サイドフレームをまたいで、左足を入れると同時におしりをシートに潜りこませて、その後に右足だけサイドフレームをまたいで入れるという儀式?が必要です。

降りる時は、右手でサイドフレームを抑えながら右足を出して、そのまま手で支えながら降りるという儀式を行います(~O~;)
慣らし015
(断然低いシートポジション)

乗り降りがかなりアクロバティックで、これだけでスポーツカーに乗っているんだと実感できます。昨日バイトの子が助手席に乗りましたが、荷物を持っていたので、あまりの乗り降りのやりにくさに笑っていました(;^_^A アセアセ・・・でも腰の調子悪い時にはキツそう。

高さを測ってみると、地面からサイドステップのs660プレートまでの距離が36cm、室内の床からサイドステップまでの距離が16cmで、引き算すると地面から室内の床までは20cmと推測されます。
もちろん運転席に座ったまま手に持った煙草を地面に付けて消すことも全然OKです(^_^;)
慣らし010
(運転席に座りながら地面で煙草の火が消せる)

【エンジン~3気筒だなぁ】
今のところ慣らし運転ですので、エンジンの回転数は5000rpm以下に抑えています・・・流れに乗って走るのに、つい5000回転まで回してしまうので、自分で勝手にこの回転数に設定しました。ホンダカーズの営業さんには最初から全開でもいいと言われていますけど、1000キロまではこの上限でいきます。
慣らし003
(エンジン音は3気筒らしい音)

5000rpm以上はまだ未体験ですが、エンジン自体は3気筒ターボらしい、振動と音でガサツな感じ。おまけにエアクリをスーパー元気くんにしているため、アクセルゆるめた時にはシュパシュパというブローオフバルブの音が盛大に聞こえます。さらにハーフアクセルの時にはシューという吸気音が常にしていますので、これまでのVTECやBMWストレート6のように、上質なサウンドを楽しむという訳にはいきません。

サウンド的にはアルトワークスのエンジンが、3気筒と思えないスムーズな回り方と音で良かったです。

そして軽のマニュアルなので、街中はシビックタイプRの時より頻繁にシフトチェンジ、特にシフトダウンが必要です。上はおよそ4速か5速までしか使えない。6速は最低65キロ以上スピードがでていないと無理がありますので、高速道専用か?

【ハンドリング~楽しい♪】
エンジンがリアにミッドシップに積まれていて、フロントが軽く、コーナリングの心地よさはs660の最大の美点です。その気持ちよさはM235iやシビックタイプRを遥かに凌ぎます。まるで自分の腕が上がったかのように、フロントが楽々と向きを変え、コーナーを曲がっていきます。コーナーが楽しい♪

ジムカーナ等は超楽しいんじゃないでしょうか。やってみたくなりました。
慣らし011
(ステアリングは円ではない)

ステアリングが円ではないのも独特です。素早い操作には円の方が向いているとは思うけど、個性的で特別感があって良いと思います。

乗り心地も、路面の凹凸をうまく吸収していてほとんど跳ねません。Nワゴンとは大違い。ボディ剛性も相当高いんだろうと思います。

ただ、運転席と助手席の間隔が狭く、サイドブレーキが助手席側にあるため、助手席に人を乗せた場合は操作に気を使います。サイドブレーキは坂道発進で頻繁に使うので、何とか位置を工夫して欲しかった。

【座り心地~助手席は疲れる?】
シートポジションが低いので、車の前端は見えにくく、Nワゴンのような開放感はないです。ただスポーツシートはしっかり作られているので、腰痛持ちの私ですが、負担は感じません。
慣らし013
(助手席は疲れる?)

しかし助手席には意外な問題がありました。

息子が運転する時に助手席に座りましたが、シートが低いため、足を前に投げ出す形で座ることになります。つまり足先が地面をしっかり抑えることが出来ないのでだんだん疲れてきます。足先の床形状がちょっと斜め上になっているので、シートを前に出してやるとしっかり踏ん張れます。距離が長くなる時の助手席は前に出して座るべきでしょう。

【燃費は良い】
まだ慣らし運転で、5000rpmまでしか回していませんし、ロングツーリングが多いんですが、燃費は驚きのリッター20キロ\(◎o◎)/!
同じエンジンと重量のNワゴンより良いです。
慣らし012
(リッター20キロ超える燃費)

ガソリンタンクは25リットルしか入りませんが、先日燃料表示の目盛りが残り1つになるまで乗りました・・・と言うか高速道路だったので、絶対にエンストしちゃいけないと思いながらガソリンスタンドを探したんですけど、なかなか無かったんです(*_*)

何とか目盛り1つの状態で高速のガソリンスタンドを見つけて10リッターガソリンを入れましたが、その時は燃料計表示が真ん中まで来ました。逆算するとおそらく目盛り1つがガソリン2~3リットルくらいじゃないでしょうか。

警告は残り目盛り2つで点灯しますが、高速道路ではその時点でガソリン給油が精神衛生上正解ですね。

【数々の収納というジョーク?】
積載性は本当に低いですねぇ。トランクもカバン2つで満杯だし、荷物はできるだけ持たないのが賢明です。とにかく走りを優先した開発をしたんでしょうけど、カタログに「配置・形状を工夫した収納の数々」と堂々と書いてあるを発見。
数々というほど無いだろうと思わずツッコミを入れましたが、これはジョークで書いたんだろうか(?_?)
収納
(数々の収納がある?s660)

それとロングツーリングに行って不便だったのがナビがないこと。知らない道を走る時は不安でした。スマホと繋げばナビを使えるそうですけど・・・ガラケーです!(TдT)

でも不便さも含めて、これほど個性的な車は日本車にはないです。もう少し暖かくなるとオープンにはちょうどいい季節になるし、慣らしが終わればいよいよ全開も出来ます。色々探りながらs660を楽しみたいと思います(^v^)

最後に有吉ゼミより佐々木希です(*^_^*)
s660慣らし運転kai
スポンサーサイト
2016.03.31 Thu l s660 l コメント (14) トラックバック (0) l top