FC2ブログ
【某損保の返事】
前回記事にした通り、M235iのバンパー修理について交換でなく部分的な修理で直せと電話があって、何故交換を認めないか文書で説明するようF火災に要求して10日・・・音沙汰無し orz

で、F火災担当者に電話しました。
担当者曰く「只今文書を作成していますので、今週中に送るようにします」

おいおい、お前は蕎麦屋の出前かい!ヾ(*`Д´*)ノ”
今作成しています、じゃなくて、これから作成するんじゃろう。
まあ今週中か来週初めには間違いなく来るでしょう┐(´д`)┌

【Nワゴンリコール】
Nワゴン ゼロウォーター
(洗車後ゼロウォーター使ってみたNワゴン)

上のNワゴンは、簡単に親水コーティングできるというゼロウォーター使用後です。フロントウィンドウに置いた黄緑色のスプレー缶がゼロウォーターです。
洗車してそのままゼロウォーターをスプレーしながら拭き取るだけなので、非常に簡単です。撥水性ではないので、効果は目に見えてというほどではない気もしますが、やはり少し輝きが出ます。

さてホンダカーズより「Nワゴンのリコールが発表されましたので、もうすぐ通知が行くと思います。作業は1時間で終わりますので、都合のいい時に車を持ってきて下さい。」という電話がありました。
リコール03
(リコール案内)

後日封書が来て、リコール内容は「点火プラグ(プラグトップコイル)の構造不適切により、点火コイルの出力が不足してエンジンが不調になる恐れがある」と言うものでした。

例のハイブリッドやエアバッグのリコール以来、リコールにはかなり敏感になっているのかもしれませんが、既に2万4千キロ突破している我が家のNワゴンに何のトラブルもありませんけど。
リコール04
(点火コイルの不良)

どうも我が家のNワゴンが製造されたラインに問題があったようで、全てのNワゴンではなく、NボックスやNワンも含めて、ごく一部だけらしいです。

【久しぶりのs660はやはりコーナリングが気持ち良い】
作業は30分ほどで終わり、ついでに久しぶりにs660に試乗させてもらいました。
足回りが、無限車高調になっているせいか、ロールやピッチングがなく、本当に気持よくコーナーを回っていきます。
リコール05
(サウンドは物足りない)

エンジンは必要十分だけど、やはりもう少しパワーが欲しいのと、サウンドも無限マフラーはついているものの、それでも軽っぽいのが残念。ECUチューンは必須だし、マフラーはやはり柿本改にするかな?
リコール06
(この時期のオープンは気持ちいい)

しかし涼しくなってきたこの頃、オープンで走るのは最高ですね。
この気持ちよさはオープンでしか味わえない。納車される来春が楽しみです♪

【s660の注文はストップ中】
現在注文をストップしているs660ですが、再開は10月からだそうです。
結局、7,8,9月と3ヶ月間のストップだったようです。
リコール07
(未だに注文が生産を上回る?s660)

注文は各ディーラーで枠があるため、地元のディーラーの枠が無くなった場合、他のディーラーの枠を使おうと、最近では県外のユーザーからこの田舎のホンダカーズに、注文の枠は空いてないかという電話もあったそうです。

1~2年もすれば落ち着くのでしょうけど、やはりホンダのスポーツカーを待っていた人が多いということだと思います。

【NewシビックタイプRユーロ試乗車は?】
イギリスで生産される新型シビックタイプRは日本にもやってきますが、どのくらいの数か、価格はどうかなどはまだディーラーには届いていないようです。ただ色は白と黒だけらしいです。
リコール08
(新型シビックタイプRが発表されたが)

これまでに、社長の趣味で?FD2シビックタイプR、限定車だったFN2シビックタイプRユーロ、s660無限仕様等、ホンダスポーツカーの試乗車を用意してきた行きつけのホンダカーズですので、今回もNewシビックタイプRの試乗車を用意するんだろ?とお客さんからは言われているそうです。

しかし310馬力の2リッターターボを積み、ニュル北コースFF最速という新型タイプR。
速すぎて、一体どこを走るのかという疑問もあるし、限定車であることと、英国での価格が570万円くらいで、日本での販売価格はさらに高いことが予想されること等から、さすがにその気はないと言ってました(^^ゞソリャソウダ

【最後に】s660とのんちゃんです。s660の助手席に乗せてドライブしたいなぁ(^^ゞ
エス6&のんちゃん02
2015.09.15 Tue l s660 l コメント (14) トラックバック (0) l top