s660100.jpg
(ミッドシップオープンカーという希少なレイアウト)

某日、近所のホンダカーズ営業さんと一緒に、前回s660が展示してあるということで見に行ったホンダカーズへs660試乗にいってきました。この店で買うわけではないので申し訳ないのですが、展示車も試乗車も限られている状況ですので、旧プリモのホンダカーズ同士お互い様という感じで丁重に対応していただきました。

【ミッドシップオープンという超個性】
4月にS660が発売されると、5月にはロードスター、そして6月には丸目コペンと日本で次々オープンカーが登場しました。S660がミッドシップ、ロドスタがFR、コペンがFFとそれぞれが個性的な3台ですが、現在日本で発売されているオープンカーはこの3台のみ!貴重な3台です。
s660101.jpg
(ウェッジシェイプの効いたサイドビューはまるでスーパーカー)

さてこの3台の中でさらにS660の圧倒的な特徴は、ミッドシップのオープンスポーツカーという日本唯一、世界でも限られたメーカーしか作ってないレイアウトにあります。

欧米まで含めると、FFやFRのオープンカーは多種あるが、ミッドシップとなると、日本で見られるのはフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレン、ポルシェボクスター、ロータス・エリーゼくらい?
s660 rea
(リアもスーパーカーらしい佇まい)

ロドスタやコペンも同じオープンカーではあるが、世界的に見ても希少なミッドシップということで、s660は非常に個性的である。いや超個性的と言ってもいい。

【不便さも超個性的】
さあいよいよ試乗です。まずはオープンで走ります。担当の営業さんと二人で乗りこみましたけど、シートが中央寄りにセットしてあるので、大人二人が乗り込むと本当に狭い!です。

おまけにトランクはソフトトップに占領されているので、バッグ置く所無かったです(TдT)
これは誰しもが指摘していることですが、本当に積載性が低いです。オープンにしたらトランクスペース“ゼロ”。おそらく日本一ものが積めない車でしょう(;^_^A アセアセ・・・
s660103.jpg
(トップを折りたたんでトランクに入れるとトランクスペースゼロ)

さらにソフトトップの開け閉めは大変面倒で、運転席側と助手席側からフック外して、巻いて折りたたんでフロントボンネット開けて、トランクの蓋あけて収納。しかも重量が8キロだから女性には結構重い。取り付ける時はその逆。ロードスターやコペンとは雲泥の差で、気軽にオープンを楽しみたい場合は絶対にやめておいた方がいい車だと思います。
s660ドアミラー
(サイドミラーはデザイン重視で手動)

そして今どきサイドミラーが手動格納というのは、シビックタイプR前期型(後期型では電動格納になった)と同じですが、横に細長い個性的なデザインで、スーパーカーらしい雰囲気を出しています。これが電動格納なら文句なしですが、何故電動にしなかったんでしょう?狭い所に駐車するときに電動ミラーは圧倒的に優位です。どうも電動格納ミラーにすると、ミラーの付け根が太くなるので、デザイン重視で手動にしたらしい(´ε`;)ウーン…

以上のような不便さを考えると、s660の正しい使い方は、もしオープンで買い物や小旅行に行く場合は“一人で”行くべき車です。オープンにして彼女や奥さんを乗せていった場合は・・・大ブーイング間違いない(;´д`)トホホ…

これから徐々に街中を走りだすであろうs660、おそらくオープンにして走る場合は一人がほとんどで、助手席に女性が楽しそうに乗っている場面はないと思う(~_~;)

【s660エンジンは7000rpm越えまでスムーズに回るが加速は軽の上】
エンジンをかけると、3気筒らしい振動感のある回り方で、ブリッピングもスムーズだけど3気筒らしい粒の粗いサウンドです。見方を変えれば可愛らしい音とも言える。 まあ、チューニングは多少違うけどNワゴンと同じS07Aエンジンだものなorz
s660エンジン
(エンジンは多少チューニングしてあるとは言えNワゴンと同じ)

普段乗っている息子のNワゴン・カスタムターボの加速は、CVTなので6000回転手前で頭打ちが来てしまう感じで、それ以上はウンウン唸るだけで回らない。サウンドもヌケが悪く物足りないです。
s660ステアリング
(マニュアルシフトはスパッと入る)

でもs660試乗車の6MTはNワゴンCVTとは全く違うフィーリングでした。
軽初の6MTマニュアルシフトは気持ちよくスパッと入る。クラッチはタイプRより随分軽い。それはロードスターの時も思いましたので、タイプRのクラッチが重いのでしょう。クラッチの位置も、ロードスターはフットレストが左足に当たって気になったけど、s660は違和感なし。

やっぱマニュアルは良いです。そしていくらパドルで操作してもCVTはアカンね。ありゃ燃費だけのミッションじゃ┐(´д`)┌ヤレヤレ

[広告] VPS

さてs660の実際のVTECターボサウンドは上の動画で確認下さい。空き地のような所で7000rpmちょいまで回しました(レッドゾーンは7700rpm)けど、全くストレスなく回ります。このスムーズでストレス無くレッドゾーンまで回る所はホンダエンジンらしい。高回転まで回した時のサウンドも、音の粒が荒くなったり、苦しい音になることも無い、まとまった音で、軽にしてはまずまずだと思いました。

しかしタイプRのように6000rpmから高速カムに切り替わってサウンドもパワーも炸裂するという明確な変化はなく、スムーズに7000rpm越えていきました。もう少しドラマ性というか官能的な味付けが欲しい。

加速は・・・軽の上です。猛烈な勢いでぶっ飛んでいくことはありません。所詮軽の64馬力ですからこんなもんでしょうけど、アクセル踏んでも加速しなくてイライラすることはなく、ある程度の加速感を感じながら走れます。
7000rpm.jpg
(遅い分、街乗りでも高回転が使える)

ただ遅い分、市街地でも頻繁に全開で高回転を使えるので、一生懸命走っている感は味わえますし、スポーツしているという満足度は高いでしょう(^^ゞ

これがM235iになると、ほとんど市街地でアクセル踏み込めません。
何のための300馬力オーバーやねん!とツッコミを入れたくなります。

できたらもう少しブリッピングで迫力ある吸気音を聞かせ、排気音はもう少し締まりのある、レーシーな音にしたい。吸排気系のチューニングは必須だと思います。ちなみに行きつけのホンダカーズ社長が注文したs660は、オプションだけで100万!というスペシャルバージョンで、無限のマフラーが付いています。車が来たら是非試乗してそのサウンドやフィーリングを確認しようと思っています。

【ブローオフバルブの音は控えめ】
試乗記でよく書いてあった、ターボのブローオフバルブの音は、期待していたよりも大人しいものでした。動画の中にクラッチ踏んでシフトアップの時にシュポッという音が入っていますが、最初は気が付かなかったくらいです。さすがメーカーの市販車ですね。でもこれを完全に消さずにあえて残したのは、速さではなく、その雰囲気やコーナリングを楽しむという点では、グッドアイデアだと思います。

【高剛性で乗り心地よくスッとコーナーを曲がる】
剛性感はオープンカーなのにNワゴンはもちろん遥かに凌ぎ、とても軽とは思えないレベルです。
何でもネジレ剛性はS2000を凌ぐとか。そのため路面の凹凸を伝えるけれどもNワゴンと違って角が取れていて、ロードスター程ではないけど乗り心地は良いです。軟らかくないけど、硬すぎない。快適です。M235iのコンフォートモードの方が硬さを感じます。
s660 足回り
(乗り心地は良い)

そしてコーナーが、ノーブレーキでスッと曲がれます。コーナーだけだったらタイプRより速いかも。とにかくフロントが軽い。コーナリングが楽しくなりそうです♪

【開放感は高いが、風の巻き込みはロードスターより派手】
完全なオープンというより太いロールバーが後ろについたタルガトップですが、フロントウィンドウが運転席から遠いためか、頭上の開放感は十分です。
s660オープン
(オープンにすると一気に開放的になる)

オープン時の風の巻き込みはロードスターより派手です(;^_^A アセアセ・・・
オープンカーに乗っている感が思い切り味わえます。下手に風を巻き込まないよりこのくらいの方がオープンカーらしくて良いかも。

【スマホ世代が作った年寄りに冷たいナビ】
センターディスプレイ
(スマホがないと使えないナビ)

そしてナビはスマホアプリを使わないと出来ない。ガラケーの私はどうすりゃいいんですか?音楽もUSB経由だし、マツダみたいにSDカードも用意しておくべきだったと思う。これらの欠点は元GTR開発責任者だった水野和敏さんがベストカーの中で「足回りは素晴らしいが、車が若い。開発者の我儘のしわ寄せがお客さんに来ている」と批判していました。

確かにそれは思います。開発責任者の椋本さんは弱冠26才のスマホ世代ですからね。もう少し私のようなスマホ使ってない高齢者のことも考慮して欲しかった。開発者も車も若い!未完の大器と言う感じがします。

ただ、何でも便利になっている昨今、こんな不便な車が出てきたのは悪いことではないかな(^m^;)

【s660の価値を女性に理解してもらうのは困難?】
物は積めないわ、中は狭いわ、屋根の開け閉めは面倒だわと、s660の価値を女性に理解してもらうのは困難でしょう。したがって、女性を乗せるデートカーではない。

これはハッキリ言って良くも悪くも超個性的な車で、女性からいくらけなされてもブレない、車好きの男の車です( ̄― ̄)ニヤリ

【最後に】
ダーツの旅より最近TV出演が増えたのんちゃんとs660です。
s660&希ダーツkai
スポンサーサイト
2015.06.20 Sat l s660 l コメント (10) トラックバック (1) l top