FC2ブログ
怒涛のような忙しさに追われた3月が過ぎ去り、ちょっと落ち着いた日々が過ごせるかもしれない4月になりました。まだ満開しきってないですけど、いつの間にか桜が咲いてます・・・気が付かなかった(^^ゞ
s660-22.jpg
(満開直前の桜)
さて3月終わりにNワゴンのタイヤをサマータイヤに戻すためにホンダカーズに行ってきました。
s660-03.jpg
(サマータイヤに戻したNワゴン)
そこで聞いたのが発表直前S660情報です。
カタログもありましたが3月30日の発表までは渡せないとのことで、カタログ自体は30日に持ってきてもらいました。
s660-02.jpg
(ホンダカーズに1年前から貼ってあるS660ポスター)
確か昨年春頃からS660のポスターを店内に貼っていただけに、リコールやエアバッグ問題で揺れて、遅れに遅れた発表となってしまい、ディーラーとしても複雑な気持ちのようです。

【限定車660台発売~広島県割り当ては13台】
s660-20.jpg
(S660カタログ)
S660は3月30日発表で、4月2日から発売されましたが、まず標準車発売前に限定車が660台先行発売されます。

これは全国ホンダディーラーの中で、抽選に当たった所に、各ディーラー1台限定で降ろされるものです。

価格は標準車αの218万円に対して、標準車でも選択可能な様々なオプションと標準車には唯一無いシリアルNo.1~660が付いて238万円です。色は白のみでソフトトップは赤です。

広島県内ではMT6台、CVT7台の13台だそうです。
限定車は4月9日~15日注文で5~7月生産です。納車はその後。

ちなみに行きつけのホンダカーズは、この限定車のMTを申し込んでおいてそれが当たったらしいです^^;

【展示車は広島県内に6台】
そのかわり限定車が当たったディーラーには標準車の展示試乗車は来ないとのことです。展示試乗車が来るディーラーは、この抽選に外れた所らしいですが、調べてみたところ広島市に2台、福山市に1台、呉市1台、東広島市1台、三次市に1台の計6台しか広島県内にはないです。
s660-05.jpg
(カタログより色は6色)
しかも全て展示車となっていたけど、試乗は出来ないのかな?

その上月産700台の少数生産ですので、この展示車のS660も、今すぐ欲しいというユーザーがいればそのまま登録して納車になる可能性が高いらしい。つまり発売されたものの、展示車がユーザーに即納車されれば、生産は5月からなので当分実物を見ることが出来ない状況なるかもしれません?(>_<)

【価格は218万円】
全幅×全長×全高は軽サイズで、1475×3395×1180mm。車重はMTが830キロ、CVTが850キロ。CVTの車重は息子のNワゴンターボと同じです。

エンジンはミッドシップ搭載で、この点が私がかつて所有したビートとダブります。
新型ですが上手くビートのヘリテージカー的要素も持っています( ̄― ̄)ニヤリ
タコメーター
(6MTのレッドゾーンは7700回転から)
エンジンの数値はNワゴン(Nシリーズ)と全く同じです。
660ccターボで64馬力/6000rpm、10.6kgm/2600rpm。
ただしレッドゾーンが、CVTはNワゴンと同じく7000rpmからに対して、MTは何と7700rpmからと、ちょっと高回転型になっているじゃありませんかヮ(゚д゚)ォ!
おまけにMTは軽としては初の6速MTです。
s660-14.jpg
(αの価格は218万円)
価格は6MTもCVTも同じで、標準車は218万円のαと198万円のβの2グレードがあります。装備充実した218万円のαが売れ筋だと思います。198万円のβは200万円切りというイメージ狙印いの受注生産的な車でしょう。価格は実質的に218万円と言っていいと思います。

もし私が買うなら、より高回転まで回せる6MTだな。この最後の700回転は大きいですよ。

【デザインは素晴らしい】
s660-13.jpg
(市販車と思えない挑戦的なデザイン)
さて購入の大きなポイントとなるのがデザインですが、S660のデザインは・・・軽という枠の中で、よくぞここまで躍動的でパワフルで挑戦的なデザインが出来たなと感心しました。私は(・∀・)イイ!!と思います!

シートも運転席と助手席でライトグレーとダークグレーの色違いとなっている、アンシンメトリーレザーシートを選択できるし、メーターもタコが大きくど真ん中となっていて、オシャレ具合もグッドです。
s660-09.jpg
(走りに徹した運転席回り)
センターディスプレイは6.1インチとコンパクトでスマホと繋いでナビ表示したり、USB接続等で音楽再生したり、加速Gを表示するGメーターになったりします。
最近この液晶ディスプレイがやたら大型化していますが、こういうスポーツカーはコンパクトな方がいいと思います。

この企画の開発責任者は、工業高校機械科卒業して入社8年目の弱冠26才の若手!
おそらく一流大学大学院卒の技術者が大勢いるホンダのような大企業ではあり得ない話だと思いましたけど、殻を破りたいというホンダの意志が現れています。

確かに少し殻を破って、新しいホンダが見えているような気もします。

【エンジンのパワフルさは期待できない?】
ただし試乗してないので分かりませんが、まずエンジンの数値や車重が息子のNワゴンターボと同じですので、その感想を言います。

Nワゴンは実用車ということもあるかもしれないけど、ターボが付いていてもパワフルではないです。もちろん力不足は感じませんが、CVTということもあってシャープでもないなぁ。ワクワク感がないしとてもスポーツエンジンとは言えないです(;^_^A アセアセ・・・

これをスポーツカーのエンジンとしてどうチューニングしてあるかは非常に気になります。

【実用性は限りなく低い】
そしてビートもミッドシップだったので、物を入れるトランクは最小限(筆箱は入るがノートは無理なレベル)でしたが、S660はさらに低く、ソフトトップをフロントトランクに収納するとトランクスペースは・・・ゼロ orz

まあ一人乗りで買い物の時は助手席に荷物のせればいいですけど、もし助手席に人を乗せた場合は、その人に荷物を持ってもらうしかない。実用性は限りなく低そうです(?o?)

【売りはハンドリング】
s660-10.jpg
(タイヤはネオバ)
タイヤはカタログの下から見上げた写真でくっきりネオバが写っています。
ヨコハマと共同開発した前後異径のAD08Rで、フロントが165/55の15インチ、リアが195/45の16インチです。

他にもステアリングはホンダ最小径となるΦ350mm、コーナリング中に内輪にわずかにブレーキをかけて曲がりやすくするアジャイルハンドリングアシスト、大径ディスクブレーキ等、地を這うゴーカート感覚の追求とカタログに謳っているように、この車の売りはハンドリングのようです。

【残念な点】
エンジンのパワーについては期待出来そうにないですが、それ以外にもいくつか残念な点があります。

まずセンターディスプレイをナビとして使おうとすると、スマホに有料のホンダ純正ナビアプリを入れて繋がなくてはいけません。私のようにガラケーしか持ってない高齢者には出来ないことです(´Д⊂グスン

開発責任者は26才と若く、スマホが当たり前という発想でしょうが、S660購入予定者には私のような老いぼれも多いということを考えて、せめてマツダのようにSDカードで対応出来るようにして欲しかった。
ソフトトップ
(ソフトトップ収納は手巻き~面倒そう)
そして非常に残念なことですが、ソフトトップは手動で取り外して丸めてトランクに収納するようになっています。実に面倒そう。最新のオープンカーは漏れ無くソフトトップもハードトップも電動ですよホンダさん。

これは例えれば、車の窓ガラスの開閉が電動ではなく手動で取っ手をクルクル回さなくてはいけないくらいの、ビックリ仰天です。何とかならなかったのかなぁ。最大のガッカリです(´・ω・`)ガッカリ…

しかもトランクに収納するとトランクスペースは全くなし(:_;)
ここは何とか妥協せず工夫して欲しかった。

さらに生産台数ですが、手のかかる車とはいえ少な過ぎる。

月産700台しか生産できず、限定車を5~7月に生産した後、標準車の生産予定は
4月2日~8日注文分が7~10月生産
4月10日~22日注文分が10~12月生産
で年内は合計4200台だそうです。

連休明けの5月注文分からは来年生産ですから・・・いつ納車になるのやら(;´д`)トホホ…

即納の裏技は、展示車を購入するしかないか?・・・となると、暫くするとホンダディーラーから展示車が消える事体になるかも(・・?

【残価は異常に高い】
その代わり、残価設定ローンを組んだ場合の残価は希少価値も手伝ってか、3年が63%、5年で50%と、M235iより高いです。おそらく国産最高でGTR並か?
まあ物が無いわけだしそれでも妥当な評価でしょう。

【結論】
S660は長所と短所をいくつも持った、コンセプトがハッキリした車です。
使う人にとって、その短所を上回る魅力があるかどうかでしょうね。

私的には駆けヨロ度がどのくらいあるかですね。
それと官能的なサウンドが聞けるかどうか(ΦωΦ)フフフ…

しかし実物を見ていないし、もちろん乗ってもないので、結論は試乗してから考えるしかないです・・・いつに試乗出来るか分かりませんけど┐(´д`)┌ヤレヤレ
s660-12.jpg
あっ、そうそう。行きつけのホンダカーズの社長が、もしお客さんからの注文が入らなかったら自分がS660を買うと言っていましたので、秋には試乗車が届くかもしれません(^m^;)

でも久々に興味津々の車がホンダから出たって感じです。
どういう形でもいいから乗ってみたいです。

【最後に】
ドラマ「結婚に一番近くて遠い女」から佐々木希と桜の中のM235iです。
中々良い演技でした。頑張れ希ん!
のぞみん235i-2kai
のぞみん&235ikai


2015.04.03 Fri l s660 l コメント (14) トラックバック (0) l top