久々の記事です(*_*;
何せ家族の事やら仕事の事やら、いくつも問題が重なっててんやわんやの生活をしております。こういう時って一個一個ではなく、たいてい同時にまとめて来ますよね。まあ前を向いて1つずつ片付けて行くしか道はないです。

【11年目の車検が近づいてきたアルファード】
さて現在乗っているアルファードは、何と11年目を迎えました。距離は7万1千キロです。
エンジンが3リッターV6で4輪駆動だもんで、燃費は悪く、ハイオクでリッター7キロしか走りません(>_<)・・・ちなみに同じ道で同じような使い方をしているシビックタイプRはリッター10キロです。
1アルファード2
(11年目、7万キロ走破の初代アルファード。パールホワイトの塗装は未だ衰えず)
ただこれまで最大のトラブルは電動スライドドアのモーター故障で、それ以外は故障らしい故障はありません。故障が少ないので、余分な修理代もかかりません。さすが日本車です(^O^)

パールホワイトのボディは、昨年クリスタルキーパー・コーティングして再びまばゆい輝きを取り戻しましたし、3リッターV6はパワフルでシルキーなサウンド奏でながら快調に走ってくれています。エンジンは本当に気持ちいいです。

ボディもよれてきた感じはないし、室内は広大な広さだし、燃費以外は今もって満足している車です。

あまり乗り換えは意識していなかったんですが、今年11年目の車検を終えると、12年目からは毎年車検になるらしいし、ちょうど新型も発売されたところで、そろそろ買い換えを検討しようかと近くのTペットに行ってきました。

【新型アルファード 広大な室内はそのまま】
2アルファード02
(ひと目でアルファードと分かる新型)
実はこの時営業の人に衝撃の事実を聞きました。
11年過ぎると毎年車検になると思っていましたが、法律が改正されて、それ以降も2年車検になっているそうです。そのかわり税金が少し上がるらしい。

う~ん、営業さんには悪いけど、毎年車検にならないなら急いで買う気はないんだよな(^^ゞ

とは言うものの、非常に興味ある車ですので、そのまま試乗しました。試乗車として置いてあったのはホワイトパールの2.5リッターSAパッケージ。エアロ仕様です。
3アルファード03
(全高も高く広大な室内はそのまま)
まずアルファードの特徴は、何と言っても広大な室内の広さですが、そのサイズは・・・。
全幅×全長×全高が1850×4935×1880mmと旧型の1840×4885×1900mmに較べると幅が1センチ、長さが5センチ長くなり、高さは2センチ低くなっています。

室内幅×室内長×室内高は1590×3210×1400mmで旧型の1585×3160×1400mmと較べると幅が5ミリ、長さ5センチ長くなり、高さは外寸が2センチ低くなっても室内高は同じです。つまり床が2センチ低くなっているということでしょう。

いずれにしても、広大な室内は今回もわずかにアップする形で引き継がれています(*^_^*)イイゾ!
4アルファード05
(前後左右ともにたっぷりスペースの2列目)
同じ3列シートビッグミニバンの日産エルグランドが2代目にモデルチェンジした時に、全幅、全長は長くなったものの、乗り心地や走りを重視したためでしょうか全高がかなり低くなりました。床も低くなりましたが室内高はそれまでよりかなり低くなって、3列目は特に狭苦しくなっていました。結果広々室内のビッグミニバンというジャンルから自滅という形で滑り落ち、販売も激減してしまったのです。

取り回しの悪いデカイミニバン買って、中が狭いんじゃ意味ないですからね┐(´д`)┌ヤレヤレ

この実態を見てのトヨタの判断でしょうけど、今回もその見晴らしのいい広々室内は外してません。その判断は正しいと思います。

【シルキーで上質なV6エンジンも残った】
エンジンは182馬力の2.5リッター直4、総合出力197馬力の2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッド、そしてエコ優先で、エンジンが次々ダウンサイジングターボ化する中で、280馬力で上質なV6の3.5Lをちゃんと残しています。まあ実際V6がそれなりに売れているからでしょうが、さすがトヨタです。

普段乗っているアルファードが3リッターV6で、試乗したのが2.5リッター直4でしたが、シルキーにシャープにシューンと回るV6に対して、直4はゴロゴロ感が伴っていて、やはり明らかな違いを感じました。

気持ちいいV6に対して、面白みのない直4という感じです。
アルファードの3.5リッターV6は試乗車がないので分かりませんが、以前クラウンやレクサスの3.5リッターV6に試乗した経験で、その気持ちよさは十分推測できます。

実際2.5リッター直4の試乗車を運転してみて、今乗っているV6の気持ちよさが再確認できました^_^;

車重は、2.5リッターが1920~2010キロ、3.5リッターが2040~2100キロ、ハイブリッドが2090~2220キロとなっています。同じグレードで比較すると、2.5に対して3.5はおよそ60キロ増、ハイブリッドは150キロ増となっています。

燃費は2.5が11.4~12.8km/L、3.5が9.5km/L、ハイブリッドは18.4~19.4km/L。
2.5はアイドリングストップなしが11.4、アイドリングストップありが12.8です。

コスパの2.5、ラグジュアリーな3.5、エコのハイブリッドと盤石のラインアップ。
こうなったらもう、ビッグミニバンでアルヴェルのライバルはいません。
日産もホンダも指をくわえて見守るつもりなんだろうか(?_?)

【デザインはさらにドヤ顔で下品に?】
5アルファード01
(益々エグくなったドヤ顔)
そしてデザインですが、初代ヴェルがちょいワル顔がうけてブレイクしたこともあってか、今回はさらにドヤ顔がヒートアップしてます。2代目アルファード、初代ヴェルファイヤはワル顔だったけどまだ品がありました。新型は下品で結構!と吹っ切れたデザインになっています。成り上がり的な雰囲気満々のフロントマスクです(´ε`;)ウーン…

レクサスのスピンドルグリルから始まったトヨタのデザイン戦略ですが、ど~も私的には理解しかねます。上品とまでは言わないけど、もう少し控えめでちょっとしたセンスを感じる粋なデザインがいいんだけどなぁ。

レクサスでもスピンドルグリルの不満を言うと「慣れますよ」と言う返事でしたが、このアルファードのドヤ顔も営業の人に言わせると「慣れるでしょう」でした・・・なかなか慣れないんですけど(゚_゚i)タラー

【エアロ仕様の内装色は黒にしないといけないという決まり?】
アルファードの顔は2種類あって、XとGがスピンドルクリル、エアロ仕様のSは逆台形でノアと似ているデザインです。

シートや内装は、XとGが明るいベージュ、エアロのSは黒です。
エアロ仕様のミニバン内装色は黒というのは国産車ワンパターンケースですけど、これって何か決まりでもあるんだろうか(?o?
6アルファード07
(Sグレードは広大な室内が黒一色)
トヨタのノア・ヴォクもそうだし、日産、ホンダのミニバンもエアロ仕様はほとんどが内装黒です・・・3列シートのビッグミニバンで黒一色は、暗くて嫌だ!明るい色が良い!!という人もいると思うけど、何故かワンパターンで黒ばっかり。芸がないんだよなぁ(TдT)

デミオのシートが白地に赤いライン等、欧州調のお洒落なデザインだったのを他のメーカーも是非見習って欲しい。

【価格は・・・高い】
価格は2.5リッターが319~417万円(FF)、3.5リッターが414~652万円(FF)、ハイブリッドが411~703万円。エクシクルーシブ・ラウンジ以外のグレードではプリクラッシュセーフティやオートクルーズはセットオプションとなっているので、この車両価格にかなりの上乗せが必要。概算ですがオプション+諸経費で車両価格に70~80万円くらいの上乗せになりそうです。

そうなると売れ筋の2.5SAパッケージで諸経費込み445万円、3.5SAで490万円、2.5Gで470万円くらいになります。

さらにフルオプションでファーストクラス並みのシートを備えるエクシクルーシブ選ぶと、トータル700~800万円になります\(◎o◎)/!

最近どーも日本車の価格が高くなってきているように思いますが気のせいですかね。

【試乗~腰痛持ちに嬉しい運転席取手とステップ】
さあ、さっそく試乗です。エンジンが2.5リッターでパワー不足が懸念されるので、上り坂のある試乗コースをお願いしました。

まず乗り込む時、最近のミニバンは低床化が進んで、運転席もワンステップで乗り込むようになっていますが、アルファードは着座位置が高く、ステップと取っ手が付いています。
7取手kai
(今では貴重な取手付き運転席)
実はこのステップ+取っ手という組み合わせは、手でしっかり取っ手を持ってステップに足をかけて運転席乗り込めるので、腰痛の時でも腰に負担がなく、腰痛持ちの私には決定的なメリットですヮ(゚д゚)ォ!

ワンステップと言っても結局普通のセダンよりは床が高いので、取っ手がないと腰痛の時はキツイんです。
8取手3kai
(後席は小柄な人にも持ちやすくした)
後席への乗り込みの取手は大型化しています。
高齢者や子供にも優しい車となっています。なかなか憎い演出です。

運転席の見晴らしは良好です。
シフトをDに入れて出発ですが、パーキングブレーキがシフトをDに入れると自動的に解除され、Pにすると自動的にセットされるというシステムです。これは便利です。
9ヴェルファイア05
(運転席から見下ろす感じの風景)

【試乗~高いボディ剛性で安定した乗り心地と軽快な2.5リッター4気筒エンジン】
まず走りだして実感出来るのが、ボディ剛性の高さ。
200ヶ所のスポット溶接を追加したらしいけど、段差を乗り越えた時の乗り心地も角がなくて良好です。BMWやレクサスに通ずる剛性感です。
背の高い車ですけど、コーナーで揺さぶられる感覚も殆ど無く、安心してアクセル踏み込めそう。

同じ日、知り合いが奥様と一緒に来ていましたが、セカンドシートで試乗した奥様の話によると、乗り心地は良かったそうです。今まで以上にリアシートの乗り心地を重視して開発したらしいけど、その成果は十分あるみたい。

直4の安っぽい音はしますし、CVTのフィーリングはあまり好みではありませんが、平坦路ではパワー不足は一切なく、上り坂でもマニュアルシフトにしてシフトダウンしながらアクセル踏み込むと、パワフルではないですけどストレスを感じることなく軽快に加速してくれました。

【3列目まで広々】
縦、横、高さ伴に広大な室内空間で、3列目までゆったり座れるのはこのアルヴェルならではの贅沢です。同じ日に試乗に来ていた知り合いの奥様は2列目のその広さにビックリされてました。
10ヴェルファイア08
(ドアを開けると室内光とともにカラフルなイルミネーションも点灯)
後席の広々感と乗り心地で選ぶならアルヴェル以外の選択肢はないでしょう。

ただ、例えばアウトドアだったり車内で食事をしようとなると、このアルヴェルは不親切です。シートバックテーブルの付くセレナの方が遊び心をくすぐられます。
あくまで広大な室内をもつ高級移動車というスタンスでしょうか。

【標準装備されなかった衝突安全装備】
外車や軽も含めて、他メーカーが積極的に衝突安全装備の標準装備を進めている中、トヨタは未だにオプションですら設定がない車が多く、レクサス等の高級車でもオプション設定です。

2月発売のアルヴェルこそ標準装備かとおもいきや、この期に及んでもまだオプション扱い。しかもセットオプションでしか選べない。しかもアイドリングストップもオプションだし。イマイチトヨタはやる気ないのかなぁ?

今から買う車は、かつてのエアバッグやABSと一緒で、衝突安全装備は付いていて当たり前だと思うけど、トヨタがそれをしない理由が分かりません┐(´д`)┌

【アルかヴェルか】
アルファードの兄弟車ヴェルファイアは価格も内装も同じで、違いは外観だけです。
これはもう好みの問題ですね。

私ですか、マジンガーZ感が増したヴェルファイアか、ドヤ顔感が増したアルファードで、悩みますが、ヴェルはロボット的過ぎて冷たい感じで、アルの方がドヤ顔過ぎるけど人間味があっていいなかと思います(^m^;)

でも購入する場合は、取引している地元のモータースさんとディーラーの関係を重視して、モータースさんが喜ぶ方に決めると思います。仕事関係がありますのでお互い様です。
11ヴェルファイア01
(マジンガーZが思い浮かんだヴェルファイアZ)

【どのグレードを選ぶか】
2.5リッター、3.5リッター、ハイブリッドとありますが、ハイブリッドは車重が2.5より150キロ重く、78万円高くなる(Gグレードでの比較)ため、動力性能も燃費もそんなによくないだろうし、普通に使う分にはとてもこの価格差は埋まらないだろう。

3.5リッターV6はパワフルでシルキーで上質で、運転する度にリッチな気分になれると思います・・・ドライバーが・・・ただ無茶高いです。それだけの価値をこの車に認められるかどうかだと思います(´ε`;)ウーン…私なら何とかV6にしたいけど。
12ヴェルファイア12
(エクスクワイヤーと並ぶアルファードだが、両車ともドヤ顔度が凄い)
でも本当に買うとなったらやはり2.5Lを選ぶでしょうね。動力性能も燃費もそこそこで、価格的にも安い。グレードはエアロ仕様は内装が黒、豪華なGはエアロなしで内装はベージュ。
アルファードの豪華さ、ゆとりを味わうなら明るい内装のGでしょうが、ちょいワルなマイルドヤンキーの方には黒の内装のエアロ仕様?

ということでお薦めは2.5LのガソリンのSAパッケージかGで決まりです。
ヴェルファイアも外観以外はアルファードと同じなので、選ぶなら2.5のエアロ仕様ZAエディションか豪華仕様Vでしょう。

価格はSAパッケージ(ZAエディション)が375万円、G(V)が399万円です。
ナビ、プリクラッシュセーフティ、オートクルーズのセットオプション付けて諸経費込みだとおそらく450~470万円くらいになりそうです・・・高い(゜o゜;

ただドライバーが運転してワクワクするかどうかについては、私は2.5リッター直4ではワクワク感がなかったです。同乗者優先の人には問題ない話です。

【結論】
さあ、11年目の車検を受けてこのまま乗り続けるか、この際乗り換えるか、私の結論は・・・車検受けます\(^o^)/

2.5リッター直4試乗して、今乗っている3リッターV6運転すると、V6は何て気持ちのいいエンジンなんだと改めて感動しました。それに私の好みは外観はエアロのS、内装は明るくて豪華なGなので、結局今のところ選択肢がありません。

子供も独立してきたので、家族全員で乗ることもほとんどないし、ミニバン以外の選択肢も考えた方がいいかもしれない。車検とってじっくり考えようというのが私の結論です(∀`*ゞ)エヘヘ

【最後に】
待望の徹子の部屋に出演して喜ぶのんちゃんです。
小さい頃2人のお兄ちゃんと遊んでいたためか、活発で行動的な性格だそうです。
徹子の部屋希33kai
(希:エレベーターでよくお会いしていました。)
(希:いつか出れたら良いなと思っていました。凄く嬉しいです。)
徹子の部屋希32kai
(徹子:秋田出身なの?よく秋田までスカウトが来たわね~)
(希:(;^_^A アセアセ・・・)
徹子の部屋希31kai
(徹子:希さんって本名?あらいいわね~。)
(希:ありがとうございます。親が喜びます)
徹子の部屋希30kai
(最近益々綺麗になってきた佐々木希ですが、彼氏もいるようで、仕事もプライベートも充実しているんだろう。)
スポンサーサイト
2015.03.18 Wed l l コメント (25) トラックバック (0) l top