上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
またまたメカニカルなややこしい話で申し訳ないですが、アクティブ・サウンド・デザイン後編です。
今度はM235iのアクティブ・サウンド・デザインシステムとBMWが何故これを採用しているかについてです。

ただ今回のアクティブ・サウンド・デザイン(以下ASD)についてこのブログを改編した報告書を作成し、他の資料と一緒にバルコム(ASDについては3度目の訪問)に持って行って説明した所、お世辞でしょうけど大変感謝されました(∀`*ゞ)エヘヘ
店内
(ASDのことで再々度訪れたバルコム。店内にはミニ5ドア、ミニクラブマンにアクティブツアラー218i、420iクーペが展示されている)

【M235iのASDシステムは】
私のM235iはノーマルオーディオなんですが、そのASDシステムは結局下図のようになっているんだろうと推測出来ます。
M235iのASDkai
(M235iのASDシステム)

説明しますと、車の駆動系・シャシー系・電装系の信号が集まり、必要な箇所に出て行くというセントラル・ゲート・モジュール(以下ZGM)・・・車の情報の中継基地みたいな重要なコンピューターですが・・・このZGMから、エンジン音・エンジン回転数・アクセル角度・ドライブモード等の信号がASDに送られ、ここでコンフォートモードのプログラムとスポーツモードのプログラムに別れて、周波数や音量やモードによるチューニングをしてオーディオスピーカーに流している訳です。

オーディオヘッドからの信号がZGMに入っていますが、電装系の信号は全てZGMに行くので、オーディオヘッドの情報もその一つとしてこのような図になります。

【HiFiオーディオはちょっと違う】
ただ私のM235iのようにノーマルオーディオだと上図のような流れですが、オプションのHiFiオーディオの場合は途中にアンプが入ってきます。つまりヘッドユニット~ASD~アンプ~スピーカーという流れ。ヘッドユニットからの信号と、ZGMからの車の信号やエンジンの信号をASDでミックスしてアンプに流し、スピーカーから音がでます。
M235i HiFikai
(HiFiオーディオのASDシステム図)

さらにハーマン・カードンのようなTop HiFiはまた少し違っていて、ヘッドユニットからの信号と、ASDからの信号が別々にアンプに入り、そこで一緒になってスピーカーに送られます。ヘッドユニットとASDは直接繋がっていません。
M235i TopHiFikai
(Top HiFiオーディオのASDシステム図)

ZGMとASDの中身についてはBMWのメカニックの人も知らないそうで、修理の場合は部品をまるごと交換とのこと。

【最大の疑問:ASDから出ているのは録音された偽音かチューニング音か】
235i005.jpg
ここで私が一番問題にしているのが、M235iはエンジンとは無関係の録音された偽音を流しているのか、エンジン音を元にチューニングした音を流しているのかということです。

これについては「録音された音」という言葉は資料のどこにも出てきませんし、イントロダクションに、「エンジン音がプログラムされた音(おそらくコンフォートとスポーツ)や様々なパラメーターによって評価され、オーディオシステムに出力される」と書いてあります。

ASDに録音したエンジン音を入れておいて、それをアクセル角度等によって音量等を変えて、偽りのエンジン音を出しているとは考えにくいです。

また最新のi8の試乗記を読むと、「BMWはM5やi8でASDを使って合成された音と実際のエンジン音を結合させている」と書いてありました。
http://bmwi.bimmerpost.com/forums/showthread.php?t=874336

また別の記事ではi8のASDの配置図が載せてありました。
http://bmwi.bimmerpost.com/forums/showthread.php?t=960956i8ASD配置
(i8のアクティブ・サウンド・デザイン~フロントとリアにASDがある)

上図がハイブリッドのi8のASDシステムですが、フロントにはEV走行時に歩行者に知らせるエンジン音用のASD(図の①)とリアには室内だけでなく室外にもスピーカー(図の6)で聞かせるためのASD(図の4,5)があるようです。

フロントのASDはエンジンが動いていないEV走行のみの作動ですから、間違いなく録音でしょう。しかしリアはエンジンをチューニングして流していると思います。

以上のことから、BMWアドバイザーの方とも話して、おそらくM235iではZGMからエンジン音信号が他の信号と一緒にASDに送られて、ASDでコンフォートとスポーツという2つのプログラムに振り分けて周波数をチューニングし、スピーカーに流しているんだろうという結論としました。

つまり録音を流しているのではなく、N55エンジンの音をチューニングして流しているということです( ̄― ̄)ニヤリ

ただ企業秘密もあるでしょうけど詳しい情報がBMWから提供されている訳ではないので、断言は出来ません。半分推測です(;´д`)トホホ…

【BMWがASDに拘る理由は~ASDカットするとショボイ音になる?】
欧米のビマーサイトではこのASDがかなり論争になっていますし、批判も多いです・・・それでもASDの詳しいシステムについては書いてないので、多分よく分からずに議論しているのかもしれません(・_・;)
http://www.autoblog.com/2011/09/23/active-sound-design-enhances-v8-burble-inside-bmw-m5/

その中のある海外のサイトにM135iのオーナーがASDヒューズをカットして音を比較した動画がありました。
http://f20.1addicts.com/forums/showthread.php?t=786318
さらに下は有名な動画で、M5でやはり同じようにASDカットして比較したものです。
https://www.youtube.com/watch?v=tM0xLja4Rt4

それを聴き比べると、確かにASDカットしたら音のシャープさやキレがなくなっています。
そのM135iのオーナーも「皆さんASDカットは絶対に辞めましょう。ショボイ音になります。私はすぐ元に戻しました。」と言っています^_^;

では生音を磨き上げるほうが良いに決まっているのに、何故BMWは批判を浴びながらもASDに拘っているんでしょうか。

【BMWがASDに拘る理由は~ダウンサイジング・ターボの音が気に入らなかった?】
現在のASD装着車はM135i、M235i、M3、M4、M6、Z4等と言われています。
どれもM社がチューニングに関与しているスポーティーなターボ車です。
歴代のMチューンの車は、どれもスポーティーなNAエンジンでエキサイティングなエンジンサウンド奏でていました。
V8エンジンkai
(E60のV10とF10 M5のV8エンジン)

ASDを初めて装着したのはE89のZ4とF10のM5ですが、M5の旧型(E60)は自然吸気の5リッターV10エンジンで、官能的な痺れるV10サウンドでした。それがF10になるとエコ重視のためダウンサイジングして4.4リッターV8エンジンになりました。その代わりターボ加給して燃費改善しながら動力性能は旧型を上回るという車になったのは良かったんですが、ここでおそらく問題になったのがV8ターボサウンド。

これまで私もターボ車に何台も試乗してきました・・・所有はR33スカイラインの直6 2.5リッター・ターボのみです。ターボ車を選んでこなかった理由は唯一つ、エンジンサウンドです。

確かに速いけど、サウンドはどうしても音の輪郭がボケて、シャープさが無くなって、色気のない音になってしまいます。購入したいというモチベーションがイマイチ湧かなかったです。

E90の3リッター直6ターボの335iに2日間試乗した時もサウンドに納得がいかず(加えてアクセル踏むとぶっ飛んでいって目がついていかなかったし、高かった(;´д`)トホホ…)、購入を見送ったこともあります。

BMWはエンジン音にも拘っているメーカーで、その専門の技術者もいます。
おそらくV8ターボ生音のサウンドチューニングを色々やってみたけど、結局そういう職人からダメ出しが出たんじゃないでしょうか。

それを何とか解決する手段として、積極的にコンピューターで周波数や出力をコントロールして音をチューニングするASDを開発し・・・間違いなくオーディオメーカーも協力しているはず・・・これならエンジン音の技術者もOKだということになったんじゃないかと推測しています。

【結論は】
235i004.jpg
M235iのエンジン音は、ASDによって元の音をチューニングしたものだと結論付けることができました。そして実際にM235iのサウンドは、これまで聞いてきたターボサウンドとは違って、シャープでエキサイティングな音です。

チューニングした音であっても、元がN55エンジンの音ですし、それがより洗練された音になっているのであれば私は問題ないと思います。さらにスピーカーから音が出るようにしたのは、車外の騒音規制を考えるとグッドアイデアだと思います(*^_^*)

時代はエコに向かい、大排気量のNAは徐々にダウンサイジング・ターボに代わりつつあります。どうしてもターボ化でサウンドがくすんで来る中でも、かつての高回転NAエンジンのような魅力的なサウンドが求められているし、エンジニアもそういう音を提供したいと思っているんでしょうね。

【最後に】
M235iのエンジン音はBMWの汗と涙の結晶のような気がしてきました(^o^;)
様々な制約の中で、スポーティーなエンジン音を追求するために努力しているんだろうと思います。まあバルコムの方には随分迷惑かけましたが、調べてみて良かったです。

BMWにはこれからASDによるより官能的なターボサウンドチューニング期待したいと同時に、ASDのON・OFFをiDriveで選択できるようにして、スポーティーなサウンドと大人しいサウンドの両方が楽しめるようになると面白いと思います。

アナザースカイに出演した佐々木希です。
デビューして10年ですが、初めはナメられないようにとかなり化粧も派手で、突っ張っていたそうです。苦しいことが多かったと言っていましたが、だからこそ磨かれて来たんだと思います。今後は一番苦手で悔しい思いをした女優業をしっかりやっていきたいそうです。頑張れ!のんちゃん\(^o^)/
アナザースカイ希&M235ikai
(アナザースカイから佐々木希とM235i)
スポンサーサイト
2015.02.18 Wed l BMW l コメント (26) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。