FC2ブログ
【シビックタイプRの色褪せない個性】
civic typer front
H19年にシビックタイプRを購入してまる7年。今月3回目の車検を迎えました。
距離は4万9千キロ。これまで特に故障もなく、今現在気になる所もなく快調です(*^_^*)

一番のお気に入りは官能的なVTECサウンドですが、とにかく7年たっても色褪せない車です。そのシビックタイプRならではの個性的な点をいくつか挙げてみます。

1. タイプRに与えられるホンダの赤バッジ。フロント・リア・ステアリングそしてキーホルダーも合わせました(^_^;)
シビックタイプR赤バッジkai

2. 室内外に散りばめられたType Rのロゴ。リアエンブレムにメーター内、運転席・助手席ドアシールプレート、フロントシート、シフトノブ手前、フロントフロアマットと全部で9個です。さほど目立たないようにしてありますが、分かる人には分かるのが( ・∀・)イイ!!です。
タイプRロゴ2kai

3. STI、ランエボとともに純正ではド派手なリアスポイラー。嫁にはなんで羽が付いとるん?と不思議がられています(^m^;)
シビックタイプRリアスポイラーkai

4. 8,400回転のレッドゾーンまでシャープにパワフルに吹け上がるNAの超高回転型エンジン。ターボになったらさすがにここまで回せるエンジンは無いでしょう。
レッドゾーン003kai
5. 6,000回転で高速カムに切り替わりエキサイティングで官能的なVTECサウンドが炸裂。このやり過ぎだろうというくらいハッキリ変わるサウンドに、この回転に合わせてパワーとトルクが盛り上がるようにセッティングしてあるため、まさに劇場でシンフォニーを聞いているような感激に浸れます(^v^)
[広告] VPS


6. サーキットでタイムを縮めるために強烈に締めあげられた硬い足回りと強力なブレンボブレーキ。ここまでハードな乗り心地の車は、いくらスポーツカーでも今はないです。シビックタイプRでなくては味わえない魅力?です。

7. ドイツ車にも劣らない高いボディ剛性。E90の320iやM235iと比較しても互角だと思います。
civic typerm235i
これらによる存在感は、最新の車に混じっても、外車に混じっても、しっかり個性を主張していて誇れる車です。エコ最優先の時代、ここまで走りやサウンドに拘った車はもう出てこないかなぁ?

【タイプR査定してもらいました】
typer007.jpg
実はタイプR車検の前に、嫁が普段使っているM235iクーペは本当に乗りくいとあまりにブーブー言うもんで、ほんならシビックタイプRをフィットに買い換えてそれに乗るか?と聞き返しましたけど返事はNo!・・・7年目の古い車を買い換えると追金がかなりいると考えたのでしょう。

しかし巷ではシビックタイプRの人気は高く、意外に査定も高いという噂を聞いています。8年目以降だと査定も下がるし、高値で売るなら最後のチャンスでしょう。
フィットなら駐車場の出し入れもやりやすいし、5ドアハッチの5人乗りで荷物も結構積める。追金がそんなにかからないなら嫁もOKだすかもしれません。

その代わり私の通勤快速はシビックタイプRからM235iになります( ̄― ̄)ニヤリ ソレモイイカモ

一応ネットの中古車価格みて、自分なりに最低ラインと最高ラインを考えておいて、担当にはフィットRSが諸費用抜きで追金かからないくらいの査定ならフィットも考えると言っておきました(さすがにそこまでは無理ですけど)。

結果は・・・フィットRS(CVT)にナビ等のオプション付けて諸経費込みで・・・追金100万円くらいでした(>_<)ウ~ン
査定は私の考えていた最低ラインの金額。それでも普通の車ならあり得ない額でまあ妥当な評価でしょう(^_^;)

EP3の時も6年目で驚くくらい高い査定でしたが、車検前の7年落ちの車にしっかり高い査定がつくのはさすがタイプRです。

でもこれなら嫁に話すまでもなく、シビックタイプR続投決定です\(^o^)/

【無限仕様フィット】
fit002.jpg
さて査定してもらっている間に、お店に置いてあるフィットハイブリッドLパッケージ・無限仕様に試乗してみました。

まず外観は無限のフルエアロで、タイヤインチアップ&アルミも交換してあります。それだけでなくテインの車高調も入れてあって、車高はノーマルの135mmから90mmとギリギリ車検対応まで落としています。ちょっとした段差では下回りを擦るそうです(^_^;)
fit003.jpg
ノーマルフィットは背が高く、RSでもスポーティーになりきれていないという残念な外観ですが、この無限+テインのフィトはしっかりオーラも出ていてバッチリです。
fit004.jpg
しかし外観&足回りは決めてある無限フィットですが、吸排気や内装はノーマルです。
運転席について運転すると普通のフィット orz
外観と足回りだけで100万円くらいかかってしまい、それ以上はつぎ込めなかったらしい(^m^;)惜しい!
fit006.jpg
さっそく試乗ですが、中身はノーマルハイブリッドなので、モーターとエンジンが動くし、レスポンス&パワー、サウンドもイマイチです。燃費は試乗車でありながら21km/L以上と素晴らしいですが、楽しくないなぁ┐(´д`)┌・・・やっぱ古くてもシビックタイプRが( ・∀・)イイ!!ね

【7年目の車検費用は】
typer004.jpg
さて走行距離4万9千キロ、7年目の車検でかかった費用ですが、部品交換がエンジンオイル(ウルトラゴールド)13,000円、オイルフィルター2,160円、ワイパーラバー2,592円はいつもと同じですが、今回はフロントブレーキパッド交換となりました。リアはまだ6ミリあるそうですが、フロントはほとんどすり減っていたようです。ブレンボのパッドは普通の3倍らしいけど30,240円とそんなに高くはないかな。
brembo001.jpg
そんなこんなで、整備代金95,460円に税金53,540円と今回の車検費用は149,000円でした。消耗品以外問題はなし。さすが国産車ですね。
typer006.jpg
むしろお金かかるのはタイヤです。2万キロで交換ですが、18インチのスポーツタイヤとなると工賃込みで4本17~18万円くらいです。車検費用より高くつきます。
さあこれで車検とって、オイル交換済んでブレーキパッドも新しくなったし、今後もまだまだタイプRのVTECサウンドを楽しんでいきたいと思います(^_-)-☆

【最後に】10月から始まる黒服物語に出演の佐々木希。「いきなり黄金伝説」で番宣です(;^_^A アセアセ・・・
のぞみん黒服001kai
スポンサーサイト



2014.10.18 Sat l シビックタイプR l コメント (16) トラックバック (0) l top