上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
【Cクラスの価格~装備を考えれば妥当】
さて試乗の前にCクラスの価格はどうでしょうか。
売れ筋である1.6リッターターボのC180アバンギャルドが476万円、2リッターターボのC200が524万円です。

でもCクラス買うなら、セーフティーとAMGラインは必須。
実際、C180購入する人の殆どがセーフティー+ベーシックパッケージ+AMGラインのオプション付けてるし、セーフティー標準装備のC200の場合は購入する人の殆どがベーシックパッケージ+AMGラインを付けているそうです。

そうなると価格はC180アバンギャルドがそれらのオプションを付けて、車両本体467万円+74万円で541万円、C200アバンギャルドは524万円+47万円で571万円となります。

このオプション付けた価格で比較するとC180とC200の差は30万円とそこまで無いですね。
ちなみにほぼ同じ装備(セーフティーは劣る)の2リッターターボ320iMスポが541万円。
割安に見えたC180アバンギャルドですが、意外に高い?
エコカー減税100%で諸経費は40万円弱です。
Cクラス007
ただナビ、リアカメラ、コーナーセンサー、メモリー機能付き電動シート等も付いていますし、これだけ高性能のセーフティーが付いて、上質でMBという押し出しが効いてこの価格ならBMW3シリより高いけど妥当だと納得させるものはあります。
コーナーセンサー
(コーナーセンサーはAMGラインをつけると付いてくる)
ただ解せないのがオプション色の高いこと(;^_^A アセアセ・・・
メタリックペイントの8.6万円高はやむを得ないですけど、ヒヤシンスレッドのメタリックは14万円、ダイヤモンドホワイトのメタリックとなると18.5万円高ですよ(@_@;)
一瞬8.5万円の印刷ミスじゃないかと疑ったくらいです。
Cクラス103kai
(18.5万円オプションのダイヤモンドホワイト色)
確かにパールが入って普通のホワイトより輝きがあって、おそらく何年たってもその美しさは保たれていると思いますが・・・高すぎです orz

【残価設定ローン】
ただ600万超える車をキャッシュで買える人は極限られていると思いますので、一般的にはローン利用となるハズです。

ベンツはそれに対応して残価設定ローンor リースを用意しています。実はCクラスは人気車なのでかなり高い残価になります。普通良くても3年で50%、5年で30%のところを3年60%、5年40%くらいに設定しているようです・・・これは凄いです。

この残価を引いて、残りを36回か60回分割になりますし、ローン金利は新型Cでも2.9%と国産車より2%くらい低いです。計算してもらうと意外にいける気になりますよ(^m^;)

BMW3シリがCクラスをかわすとすれば、値引き拡大とさらなる低金利ローン強化(現在0.99%)と、Cにはまだ設定がないディーゼルの320dか、BMWでしか味わえないストレート6のアクティブ3で勝負するしか勝ち目はないです。

どうするBMW?

【新型C200アバンギャルド試乗車概要】
試乗は盆休みで暇でしたのですぐできました。
内外装で負けていても、駆けヨロのBMWですから、走りで負けるわけにはいきません。
ベンツの走りはどうなのか?そこをしっかり見分けたいと思います。
Cクラス003
試乗車は2リッターターボのC200アバンギャルド。
色はオプション色のダイヤモンドホワイト。
サンルーフがついていましたが、屋根が黒くなり、ツートーンに見えるという見た目の良さもバッチリです。さらにヘッドアップディスプレー、AMGライン、エアサスペンション等のフルオプション車です。
Cクラス100kai
(ホワイトのボディーにサンルーフ。黒・白のツートンに見えるし、是非付けたいオプションです)
Cクラス010
(タイヤはコンチネンタルのランフラットでAMGラインですので18インチです)

走行モードがエコ、コンフォート、スポーツ、スポーツ+の4つあり、選んだモードに対してエンジン、サスペンションが変化します。これはBMWも同じで、最近の車の流行でしょう。

エンジンは、BMW3シリと同じ184馬力のパワー。
トルクは30.6kgmと3シリの27.5kgmに対して3kgm多くなっています。

【エアサスの乗り心地はゴツゴツ感はないが・・・】
C200アバンギャルドAMGラインにはエアサスが付いています。
期待に胸膨らませて乗り込みました。

ランフラットを履いていますが、さすがエアサス、ゴツゴツ感はないです。

しかし多少凸凹した所を走っても、想像していた絹のような滑らかな乗り心地というほどはなく、盆前にF市で試乗したエアサスでないC180アバンギャルトも乗り心地良かったのでその差がよく分かりませんでした。

営業の人もノーマルサスでもあまり変わらないですと言ってた (^m^;

ハンドリングは市街地を大人しく走っただけなのでよく分からないけど、ちょっと大人しいかな?シャープというかスポーティーさはあまり感じなかった。
路面からのインフォメーションはE90Mスポの方がありますし、私は多少乗り心地硬いけど、ハンドリングがシャープなE90Mスポの方がワクワクします。
ステアリング
ステアリングはAMGラインということもあって、かなり太い。
BMWのMスポも相当太いですが、同じくらいの太さです。
でも慣れたらこれがスポーティーなフィーリングで大変良いです。
ヘッドアップメーター3
ヘッドアップディスプレイメーターも付いていましたが・・・目障りでした orz

【エンジンはシャープに回る】
以前F市のヤナセで1.6リッターターボのC180に試乗したのですが、カッタるいフィーリングで、こりゃすぐに飽きるなぁと思いました。しかしこのC200のパワー、フィーリングは不満ないです。

コンフォートモードではややおっとりでしたが、スポーツモードにするとエンジンレスポンス、足回りとも少しシャキッとした感じになります。エンジンは硬質でシャープに正確に回ります。基本静かですが気持ちよくスムーズに回って、全開の時には高回転で少しだけ刺激的な音がします。F30の320iと似ている回り方ですが320iの方がちょっと元気かな?
Cクラス005
【結論】
セクシーなリアデザインと上質感と最先進のセーフティー。そしてエアサスの足回り、スムーズで不満のない2リッターターボエンジン等、同じクラスの他車を圧倒するCクラス。価格も高いですけど残価設定リースを使えば月々の支払いはそこまで高くない。こりゃ、当分無敵だな。

しかし、やはり駆けヨロ度はBMWが良いと感じたのはBMWオーナー故か?
でもいざ買うとなるとやっぱりCクラスが強いでしょうね。
スポンサーサイト
2014.08.24 Sun l l コメント (10) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。