FC2ブログ
1ノア&セレナ
【新型ノア登場】
1月早々にノア&ヴォクシーがフルモデルチェンジして新型になりました。それに合わせて昨年末に日産はライバルであるセレナの大幅マイナーチェンジを行いました。いよいよノア&ヴォクシー vs セレナの新たな戦いが幕をあけました(^◇^)

10年目を迎えたアルファードが故障したこともあって・・・ただしパーツ交換で現在は全く問題なく絶好調です^^;・・・今すぐではないですけどまあ近々の買い替えも考えていますので、その候補の一つであるノアとセレナをチェックしてみました。
2ノア5
新型ノアが発表された翌週に広島トヨタカローラに行ってみましたが、家族連れ中心に大勢の人が詰めかけていて営業の人の手が足らないほどでした。試乗車ノアXもなかなか順番がやってこなかったけど、ちゃんと待って試乗しました。

セレナは昨年末にMCされていましたので、ノアほどではありませんが、それでも若い家族連れが結構来ていました。セレナは以前MC前を試乗していますし、動力性能は変わってないので今回は試乗せず見るだけ(^^ゞ
3ヴェル&ヴォク
(上ヴェルファイア、下ヴォクシー)
ちなみに同時にヴォクシーもFMCしましたが、フロントマスクが遠くからみるとヴェルファイアと間違えそうになるくらいよく似ています。しかし近くでよく見ると、端正なヴェルに較べて幅が狭い分、ワル顔でも縦横のバランスが崩れていて本当にワルって感じに見えてしまいます。私的には今回は大人しいノアのデザインに軍配を上げたいと思います(*´σ-`)エヘヘ

【デザインは似ているがノアがいい!】
4ノア&セレナ2
(左ノア、右セレナ)
ほぼ同じグレードのG同士で比較してみますと
ノアは全幅x全長x全高が1695x4695x1825mm(室内1540x2930x1400mm)
セレナの全幅x全長x全高が1695x4685x1865mm(室内1480x3060x1380mm)
ともに5ナンバーサイズです。

ノアの全高は1825mmと旧型よりも60mm、セレナよりも40mm低いからか、傍で見るとノアのほうがよりコンパクトに見えます。しかし室内高はセレナより20mm高くなっています。実際にはノアとセレナの室内高については差を感じませんでした。

重量はノア1570キロに対してセレナ1660キロとノアが90キロも軽い。ハイブリッドのGでさえ1620キロとセレナより軽いです。新型車は軽量化が進んでいるんですね)^o^(
5ノア2
(ノアX)
新型ノアのデザインはMC前セレナとMC後セレナを足して2で割ったようなフロントマスクに見えます。でもトヨタらしくうまくまとめています。エアロを付けるとシンプルで端正なマスクのノアだからこそ、ちょいワル感が似合いそうです(^。^)
6セレナ11
(セレナHighway Star)
セレナの方はMC前の方が私好みのデザインです。フロントデザインはMC前セレナ>ノア>MC後セレナ>>>ヴォクシーの順ですね。
7モデリスタ2
(ノア・モデリスタ)
デザイン的にはノアもセレナもエアロ付きが良いと思います。となるとセレナのグレードはHighway Star G(153,300円アップ)になりますが、ノアはエアロ付きのSiではなくモデリスタのエアロでないとカッコ良くありません(オプション価格136,000円)。これとLEDランプも是非つけたいアイテムですが、ノアは標準装備、セレナはオプション(63,000円)です。

【室内はゆとりあり~質感はセレナが(・∀・)イイ!!】
8セレナ3
(セレナ2列目)
車はともに5ナンバーサイズでコンパクトですが、室内は角型デザインもあって広々です。
2列目はゆとりタップリですが、さらに3列目までゆとりがあるのがノアとセレナの良いところです。ステップワゴンのような折りたたみ式のなんちゃって3列目ではなく、両車とも横に跳ね上げる正統派?です。
9セレナ5
(セレナ3列目シート)
ただノアの3列目シートはセレナより薄ッペらで座り心地はセレナが上です。
内装の見た目もノアは何か安っぽく、セレナのほうが落ち着きがある感じです。
さらにセレナにはシートバックテーブルが標準装備です。顧客の要望を受け止めながら作りこんでいる情熱感がセレナの方が高いです。
10セレナ4
(セレナシートバックテーブル)
ノアは完成途上な感じです。
11ノア9
(ノアG2列目シート)
シートの色は個人的に明るい色が好みなので、ノアではベージュのG、セレナではクリームがかったシルバー色のGかHighway Star Gしかありません。ノアのベージュはちょっと安っぽく感じました。セレナの方がちょっとシックで上質な感じです。ヴォクシーは明るい内装色がないので除外です。
12ノア8
(ノアG3列目シート)
ノアもセレナも床が低いのですが、リア席の乗り込み口高さはノアが360mmとセレナの450mmより低くなっています。ただし両方ともリア席には取っ手があるのでセレナでも不満はありません。内装の質感や色で、室内に関してはセレナの勝ち(*´σ-`)エヘヘ

【女性向け装備にはセレナの勝ち】
セレナもノアも女性が運転するケースが多いらしいです。そこで女性目線で運転し易さや装備を検討してみました。
13セレナ12
(セレナHighway Star運転席)
外寸もですが運転席もコンパクトにまとまっていて、ともに女性でも運転しやすそうです。
ただスピード&タコメーターがセレナは盛り上がる形になっていて、小柄な女性にはフロントが見えにくいかも。ノアの方が見えやすい。

装備で女性が気になるのがUV対策らしいです・・・嫁の意見。
先月契約した軽のNワゴンカスタムはフロントガラスとフロント窓ガラスともに99%カットのスーパーUVカット標準装備でした。
14ノア3
(ノア運転席)
が、ノアの場合300万円近くするハイブリッドGのみフロントガラスだけスーパーUVカットで、他のグレードではオプションでも選べません orz
フロント窓ガラスはハイブリッドGでもスーパーUVカットにはならず、ノアのUV対策は不合格です(>_<)

セレナはカタログでも謳っていますが、フロントガラス+フロント窓ガラスにスーパーUVカットが標準装備です。これは文句なしでセレナの勝ちです!

トヨタさん、どうしちゃったの?

【自動ブレーキにトヨタは及び腰か?オプションでも無し!】
Nワゴンには付いていた自動ブレーキ等のセーフティーシステム。
最近の新型車では軽を含めてほとんどのメーカーで装備されている自動ブレーキ。セレナでも今回のMCで標準装備されています。まあ一応合格です。

しかしとんでも無いことですがノアにはオプション設定もありません(@_@;)
標準装備が多い中、オプションでも無いなんて、マジですか!と驚きました。

営業に確認しましたが、自動ブレーキが付いていないことはお客さんからよく聞かれると言っていました┐(´д`)┌ヤレヤレ
自動ブレーキがうまく作動しなかった時の訴訟などがあるからちょっと慎重になっているんじゃないでしょうか?とその営業は言っていましたが、他のメーカーが次々標準装備化している中で、トヨタよどうした!とちょっと(´・ω・`)ガッカリ…でした。

開発が間に合わなかったのか、あるいはレーダーのみとかカメラのみのシンプルなものではなく、ベンツ並のマルチレーダー+カメラという複合的で完璧な自動ブレーキを出そうと思っているのか?
まあディーラーからの突き上げで、近いうちに渋々オプション設定くらいはされるんじゃないでしょうか。それじゃ遅いけどね。

【試乗~特にノアが軽快で乗り心地も秀逸】
15ノア4
(ノアX運転席)
実際にノアに試乗してみましたが、車は軽快で2リッターエンジンは静かでスムーズにまわり、乗り心地も凹凸をうまく吸収していて好印象でした。なかなかうまくまとめたと思います。

以前乗ったセレナを思い出しながらノアと較べてみると、明らかに乗り心地はセレナよりも新しいノアが優れていると思います。
16ノア10
(ノアGの床高さは低い)
価格はセレナGが268.8万円、ノアG8人乗りが257万円とセレナが高いですが、装備を考慮してみると妥当だと思います。
17セレナ&ノア
ただしノア・ハイブリッドについてはまだ発売されてないので、何とも言えませんが40万円高で7人乗りしか選べないので、出たとしてもノアならGの8人乗りにモデリスタエアロ付きを選ぶでしょう。それでも価格は270万円

【買うなら・・・】
さてもし今買うなら、私は内装の質感、3列目シートの座り心地、スーパーUVカット、自動ブレーキにクリアランスソナー、アラウンドビューモニターが付いていて女性にも安心して運転しやすそうなセレナにします。そしてわずか5.8万円でセーフティーフル装備となるアドバンスドセーフティーパッケージを選びます。

となるとエアロが決まっているHighway Star Gのアドバンスドセーフティーパッケージで内装色はオプションのクリームがかったシルバー、これしか無い( ̄― ̄)!
18セレナ1
(セレナの勝利)
価格は296万円くらいとノア・ハイブリッドGの297万円と変わらないですが、その分エアロが付いて、自動ブレーキ、コーナーセンサー、スーパーUVカット、アラウンドビューモニター等が標準装備ですし、内装も上質で、車トータルの出来栄えでセレナに軍配です。

もう一度言いたい。トヨタよどうした!(?o?)

ソチオリンピックいよいよ始まりましたね。数ある種目のなかでもフィギュアスケート女子はまさにソチの花とも言える華やかさがあって(・∀・)イイ!!ですね。その女子フィギュアの若きメダル候補達です。
19ヤングスケーター
そして期待の浅田真央はじめベテラン?メダル候補者。
20ベテラン勢
最後にもう一つフィギュアスケートと言えばこの人(*^_^*)
21八木沼純子
スポンサーサイト



2014.02.07 Fri l l コメント (20) トラックバック (0) l top