大変残念な事ですが、私が最も愛し、応援し、熱狂した前田智則選手が引退を発表しました(TдT)
中国新聞では1面とスポーツ欄に、日刊スポーツ広島版では1,2,3面に前田引退の記事が大々的に載っていました。
前田2
前田3
熊本工業からドラフト4位でカープに入団。
同年のカープドラ一は佐々岡、他球団では与田(中日)、佐々木大魔神(横浜)、野茂(近鉄)、新庄(阪神)等がいました。
前田3
熊本工業前田智則を担当したスカウトは、カープで代打通算安打日本記録&代打セ・リーグ最多打点の宮川です。私も現役の時の宮川のことはよく覚えています。

熱心に誘っていた地元ダイエーか巨人が上位で指名すると思われていましたが3位までに指名はなく、カープが4位指名しました。当時担当スカウトだった宮川は「巨人が指名しなかったのが今でも不思議だ」と言っています。

同年の巨人は1位大森(慶大内野手)、2位川辺(川鉄投手)、3位吉岡(帝京投手)、ダイエーは1位元木(上宮内野手)、2位金沢(日石投手)、3位橋下(プリンス投手)と3位までに外野手を指名していません。各球団の事情もあったんでしょうが、カープにとってはラッキーでした。

宮川は前田のことを「光ったのは打撃技術だけでなく、心が一番光っていた。信念を押し通す人間だった」と言っています。

ドラフト後前田は、上位指名すると挨拶のあったホークスや巨人から指名されず一旦プロ入りを拒否したそうです。宮川スカウトとも口をきこうとしなかったそうですが、宮川の誠意と「ホークスや巨人は指名しなかったが、俺達広島は指名の約束を守ったぞ。男だったら約束を守れ!」等と説得されカープドラフト指名者の最後に入団契約したそうです。

前田も男気なら宮川も男気ですね。
そういう職人肌と男気が前田の魅力です。

故障前の前田は、ヒットを打ってもホームランを打っても、自分の納得の行くスイングや打球でなかった場合は、いつも不機嫌そうに首を傾げていました^_^;

また相手投手の決め球を打つのが鉄則で、甘い球はわざと見送って、難しい決め球をヒットにしていたそうです(゜o゜;

有名な話で私もTVで見てましたけど、入団3年目、1992年の巨人戦で、センター前ヒットを後逸してランニングホームランにして北別府の勝利を消してしまった。その後の打席で決勝2ランを打ってカープは勝利したものの、守備のミスに納得のいかない前田は、泣きながらベースを回り、ベンチに帰っても泣きじゃくっていた。北別府が気にするなと言っても涙は止まらなかったそうです。そして勝利のヒーローインタビューは拒否^_^;

今年例年通りの組合主催のマツダスタジアム・カープ応援ツアーに参加しなかったのは、故障離脱によって代打前田のコールで「前田~!」と絶叫出来なくなったことが大きいです。あれがないとスタジアムで応援する甲斐が無いんです(>_<)

アキレス腱断裂の怪我がなければ、間違いなくFA争奪戦となって、おそらくダイエーか巨人に行っていたでしょう。それでも私は前田を応援し、その活躍を喜んだと思います。前田というプロ野球選手、その技術、努力、考え方全てが好きなんですよ。

10月3日中日戦が引退試合ですが、マツダスタジアムでのナイターです。
先発は同じ前田のマエケン。もちろん仕事で行けませんが、TV中継があるなら録画して最後の前田智則の勇姿を目に焼き付けておきたいです。試合終了後におそらく引退の挨拶もあるでしょうが、涙が止まらないだろうな。

球団に嫌気がさしながらもカープファンであり続けた大きな要因に前田がいたことがあります。

技術や数字だけでない、志の高さや、妥協せず追求する姿勢を持った孤高の職人であり本当の侍でした。そんな心から惚れきれる選手を、思い切り叫びながら応援できるたことは大変ありがたかったと感謝しています。

ファンの心を揺さぶり続けた、記憶に残る、惚れぼれする名選手でした。ありがとう~前田~!!

スポンサーサイト
2013.09.29 Sun l スポーツ l コメント (6) トラックバック (0) l top