FC2ブログ
WBC日本vs台湾の試合を野球好きの次男と一緒に見ました。
これほど緊迫した試合を見たのは覚えがないです。
痺れましたね~。まさに国と国の戦いであるWBCならではですね。
WBC結果
両チームとも21名を繰り出す総力戦で、日本も野手は第3捕手まで使い果たして、残るは松井稼頭央のみでした。深夜の0時近くまで試合したけど、途中で帰る観客はほとんどいなかったし(どうやって帰ったん?)、TVで見ている我々もTV消すわけにいかず最後まで次男と見ました。

1本の細いロープを何度も落ちそうになりながら綱渡りしているような、そんな試合でした。

【台湾リード】
私は仕事が終わってからですので見始めたのは午後9時。
能見が押出で1点取られ、さらに摂津も打たれて0対2。
しかも日本はチャンスに1本が出ず王建民のまえに0行進していて、次男がブツブツ言いながら見ていました(^^ゞ

【日本追いつく】
それからまたチャンスをつぶしながら、0対2のまま進み、6,7回とマー君が今までのウップンを晴らすかのような怒りをぶつける気迫のピッチングで日本ナインを鼓舞♪
それに答え、井端が出て内川が繋ぎ、阿部、坂本のタイムリーでついに8回表2対2の同点に追いつく!(^o^)

このWBCでの井端はキーマンだし素晴らしいの一言ですね。

しかし糸井がバント失敗したり、1,2塁から坂本の同点打の時に1塁ランナーが3塁で憤死したりと、何となく嫌な雰囲気(;・∀・)

【台湾再びリード】
その裏、明らかにマー君に先ほどの開き直った気迫がない(>_<)
それほど日本代表で戦うということは緊張するもんなんでしょう。

ヤバイぞと思いながら見ていると、3,4,5番に3連打であっという間に1点とられ2対3。
しかもランナー2,3塁。このランナーが帰って3点差にでもなれば完全にアウト!

坂本がショート後方に上がったフライをバックしながら取った超ファインプレーもあって山口~澤村と見事なリリーフで最小点で切り抜ける。リリーフ澤村に一瞬エッと思ったけど見事に抑えきりました。
この回の坂本のファインプレーがなくて追加点を奪われていたら完全に負けていた。
マー君は青ざめた顔をして戦況を見ています。

【日本再び追いつく】
そして1点ビハインドで迎えた最終回。得点が入らなければ負けです。
しかしこの日の勝利の女神は優柔不断で、まだどちらに勝たすか決めていないようで、1
死から打率は低くても出塁率は高いという鳥谷が彼らしいボールの見極めでフォアボールを選び出塁。

しかし長野が倒れて2アウトとなりあと一人で負けが決定。
ここで何と山本監督から一か八かの盗塁のサイン(盗塁を指示したのは緒方コーチらしいけど)。
走る鳥谷!工エエェェ(´д`)ェェエエ工―
アウトになったらそこで終わりです。

うっ!間一髪セーフ(・∀・)
物凄い神経戦だ(*_*;

ここで流れが変わったか、続く井端が起死回生の同点タイムリー!
この場面で開き直って冷静にバッティングできるなんて、凄い精神力\(^o^)/
普通は腕が縮んでバット振れないよね。

9回裏は牧田が気迫のファインプレーを見せ、2死2,3塁のピンチをなんとか凌ぐ。
そして延長に入るが、午後11時を過ぎているのに観客は誰も席を立たない。

【日本ついにリード】
運命の10回表。無死1,2塁で坂本が絶妙の3塁前送りバントを決め(これが大きかった)1死2,3塁。中田が思い切りバットを振り切り大きなレフト犠牲フライ。一瞬ホームランかと期待しました(^^ゞ
しかしついに勝ち越して4対3。

【日本逆転勝ち】
10回裏は杉内がマウンドに立つが、顔は緊張してやや青ざめたように見える。
案の定ランナーを出す。しかし当然台湾の打者も緊張しているし、打順が下位ということも助かった。1死ランナー1,2塁から最後はショートゴロダブルプレーでゲームセット。
やったー(^^♪

見終わった時、勝ったことは良かったのですが、それ以上に「疲れた~orz」というのが正直な感想です。

8回裏1失点後ノーアウト2,3塁のピンチを無得点で切り抜けたことと、牧田の闘志あふれるプレー、坂本の超ファインプレーに、鳥谷の四球とスチール、そして極めつけは井端の見事なバッティングが勝利のポイントかと思います。

4時間37分の熱闘。山本監督もグッタリ疲れきったという顔でインタビューに答えていました^_^;
球場にいた観客の皆さんも遅くまでご苦労様でしたm(_ _)m

FD2 Nozomi New Dramakai
スポンサーサイト



2013.03.09 Sat l 野球 l コメント (8) トラックバック (0) l top