FC2ブログ
大阪市立桜宮高校体育科の入試が、橋下大阪市長の強い意向を踏んだ?大阪市教育委員会での協議で中止と決まりました。まさに受験直前のドタバタ劇で、桜宮高校在校生や受験生の動揺や混乱は避けられないと思います。

桜宮高校バスケット部の生徒が、バスケット部顧問の体罰を苦に自殺したという事は大変重い事実で、そこに潜む真実や因果関係は何としても徹底的に解明されるべきだと思います。

しかし橋下市長やTVによく出ている教育評論家の言う、全ての体罰は絶対的な悪で絶対に許さない。だから入試を中止して教員を総入れ替えして、桜宮高校の伝統もぶっ壊すというのは個人的には納得しかねます。

【体罰とは何か】
そもそも体罰とは一体何か。その体罰についての解釈によって大きく変わると思います。
それは感情にまかせたものでもなく、あくまで理性的に生徒への教育的判断から行われる肉体的苦痛を与える行為であって、その強度は手加減されたものであり、暴力とは違うし、何と言っても先生と生徒との信頼関係があれば、生徒も納得し、精神的ダメージも受けないと思います。

逆に感情的で、力加減をしないものは、まさに暴力であって、これは犯罪でしょう。
それはいかなる場面でも許されることではありません。いくら学校であろうと警察が介入して断固たる処罰をすべきと考えます。

桜宮高校の一件は、そこがうまくいってなかったのかもしれません。

【言罰はいいのか】
また手は出さなくても、言葉による暴力もあります。これを私は言罰と名付けました(^^ゞ
この方が実は生徒の心に大きな傷を付けるんじゃないでしょうか。その暴言でクラブやめたり悲惨な事になっているケースもあるようです。橋下市長の発言は、これに当てはまるかも(?o?)

【現代っ子に対する指導法】
しかしここで難しいのは、我々の子供の頃はもちろん体罰は当たり前の時代ですが、その頃に較べて子供自身が変わりました。少子化の中で子供同士が殴りあいの喧嘩をすることも少なく、また学校では体罰を是としない風潮だし、事実授業の中で先生が生徒に体罰なんてことはないと思います。

そもそも学校教育法11条では、いかなる理由があろうとも教師が児童生徒に体罰を行なうことを禁ずると明記されているという時代ですから、指導する側も難しいし、高度な指導力が求められる時代じゃないでしょうか。

だからこそ大事なのは指導する側のレベルの高さであって、今回は指導する顧問にそこまでの高度な指導力がなかったことが問題ではないかと思います。

【橋下理論で問題解決なるのか】
そのあたりの詳細な調査や分析が十分行われないまま、橋下市長はすぐに体罰を行った桜宮高校を非難し、一気に体育科入試中止、桜宮高校教員総入れ替え、桜宮高校の悪しき伝統を全てぶっ壊すと言いました。また中止にショックを受ける受験生に「生きていればまるもうけ」と発言し生徒側から非難されたりしています。

橋下市長の強権にビビったか、大阪市教育委員会の5人中4人が賛成して入試中止が決まりましたが、いくら入試を中止して教員を総入れ替えしても、体罰のみが原因であれば当然同じような問題は起きませんが、他の要因も絡んでいたのであれば、それで今回のような問題が解決するはずはありません。

むしろ極端に先生が萎縮してしまって、まともな指導ができなくなる恐れもあります。
それが生徒の為になるのかどうか?
間違いなく桜宮高校の体育科の伝統は消滅し、二度と立ち直れないでしょう。

【橋下帰納的推論は正しいか】
1を聞いて10を知る頭のいい橋下さんだし、しかも有能な?弁護士ですから相手を論破するのは得意でしょうけど、今回の体罰、自殺と聞いて一気に入試中止を打ち出した、所謂帰納法的理論は破綻していると思います。

帰納法と言うのは特に数学で習いましたけど、ある式がn=1の時に成り立つことを示して、k=nの時も成り立つと仮定してk=n+1でも成り立つことを証明すると、その式即ち仮定は正しいと言えるというものです。

つまり個別のある例を元に、全体の傾向を推定するのに有用な方法です。

橋下さんは、桜宮高校のある部活の体罰事件から帰納法的に推測して全体もそうだと一気に決めつけた訳ですけど、そこには全体即ちk=nが成り立つと仮定して、k=n+1でも成り立つという証明ができていません。

全体としての結論を出すにはもっと色々な症例を検討する必要があったはずですけど、それを自分の思い込みでか省いています。

今後、在校生や受験生、保護者や学校関係者に対してどうフォローしていくのか、また副作用を承知でこれだけのことを実現させた橋下市長が、本当に学校教育を考えての発言だったのか、単なるパフォーマンスだったのかも検証されるべきだと思います。
2013.01.23 Wed l 政治・経済・社会 l コメント (12) トラックバック (0) l top