FC2ブログ
Win8 surface
いよいよWindows 8が10月26日に発売されます。
この冬モデルからメーカーPCにも搭載されて年末商戦にいどむと思われます。

いったい何がどう変わっているのか、カリスマ家電アルバイターM君がさっそくそのWindows 8プレ・リリース版をダウンロードして使っているとのことでしたので、見せてもらいました。

使っていたのは、彼が元々購入していたWindows 7が入っているAcerのタブレットPCです。

まず驚いたのがスイッチONからの起動の速さ。ものの10秒くらいで立ち上がります。
win8表示
そして出てきた画面・・・これ、ホンマにWindows?というくらいの変わり様で、どこに何があるのかさっぱりわからない。Windows 7に慣れている人には使いにくそうです。

今までの「すべてのプログラム」は下図のような表示になります。
windows8アプリ
ただ7と同じようなクラシックな画面も用意してあるようで、まずはこちらで慣らすということか?
win8-クラシック表示
7との大きな違いで、8の特徴でもあるのがタッチパネル対応。スマホやタブレットのようにタッチでマウスのようにできます。でもタブレットならまだしも、ノートやデスクトップには不要な気もします。

機能的には、明らかにタブレットやスマホを狙ったOSだと思います。
スマホには同時期にWindows 8との互換性を高めた新しいOSであるWindows Phone 8も搭載されます。マイクロソフトとしては大きく出遅れているタブレットやスマホへのOS搭載を、何としても挽回したいという強い決意が感じられます。

確かにWindows 8を載せたタブレットが出たら、かなり魅力的でしょう。
ただ今までWindowsのノートやデスクトップを使ってきた私のような人には、逆にこの激変が使いにくそう(゜_゜;

アップルはノートやデスクトップパソコン用OSがOSX、スマホやタブレット用がiOSというように分けていますが、どちらがいいのかな?

あとは価格だと思います。7からのアップグレードが39.99ドルということですので3,200円くらいと、前回7へのアップグレードが1万5千円前後だったことを考えると格安です。マックのアップグレードが29ドルだったこともかなり意識しているようです。

そのWin8の実際の使い勝手は下の動画でどうぞ。
[広告] VPS
M君はiPadも使っていますが、持っているPCがWindowsなので、データ移行の面倒くささやプレゼン用に使いにくい等パソコンとタブレットの互換性が著しく低く、結局あまり使ってないそうです。私もiPad購入を検討したのですが、上記のような理由で控えていました。

Windows 8搭載タブレットであれば、USBメモリーも付いているのでデータ移行も簡単で、PCと同じ事もできます。

Win8搭載タブレットはマイクロソフトからも「サーフェス」というモデルが発売されますし、年内に各社から発売されるでしょうから、今度は本気で購入を検討しようと思います。逆にノートやデスクトップについては7のママのほうが使い勝手が良いように感じました・・・39.99ドルと格安ではあるけれど7のままでいいかな^^;
スポンサーサイト



2012.09.05 Wed l パソコン l コメント (6) トラックバック (0) l top