カローラ
トヨタ・ポルテが8年ぶりにモデルチェンジして新型になりました。その新型ポルテの兄弟車種として、今回カローラ店とネッツ店から発売されたのがスペード。

助手席側がスライドの1枚ドアで、運転席側が2枚ドアという変則の背高モデルということで、変わった車や人が好きなオバとしてはちょっと気になりまして、カローラ店へ見に行ってきました。
スペード2
外観は引き締まった顔がポルテより良いです。
外寸は全幅x全長x全高が1695x3995x1690と、全長が短く背高ノッポのモデルです。
車重は1150キロ、エンジンは1.5リッター109馬力13.9kgmと1.3リッター95馬力12.3kgmと可もなし不可もなしというか、パワーウェイトレシオが10を上回っているので、ちょっとトロそうです(;・∀・)

燃費はJCO08モードで1.5リッターが19.0km/L(アイドリングストップ付きは20.6km/L)、1.3リッターはアイドリングストップが標準で付いていて19.6km/Lです。1.5Lの方が新しいエンジンなのか、1.3Lより燃費が(・∀・)イイ!!

価格は1.5Gが174万円、1.5F(1列目セパレートシート)と1.5Y(1列目ベンチシート)が164万円、少しだけ装備が落ちる1.5Xが159万円に1.3Xが155万円です。

1.3Xと1.5Xが4万円しか違わないですけど、1.5Xにはアイドリングストップがオプション(54,600円)で1.3Xには標準装備されてますので、実際は約10万円の差があることになります。

また1.5Gと1.5F(1.5Y)は10万円の差がありますが、エアコンをマニュアルから花粉除去モード付きオートエアコンにすると60,000円、スーパーUVカットガラスにすると20,000円追加になりますので、実質的差は2万円しかありません。

ということで、1.5LならGを選びオプションのアイドリングストップを付ける(+54,600円)か、ベンチシートを選びたいなら1.5Y+オートエアコン+スーパーUVカット+アイドリングストップのオプション。1.3LならXでオプションなしの素で乗るがいいと思います。

結局価格は1.5Gが1,794,600円、1.5Yが1,776,400円、1.3Xが1,550,000円となります。

さあではその走りはどうだろうかと気になりましたので、実際に乗ってみました。
乗ったのは1.5LのG。
スペイド運転席
スペード助手席
まず中は天井が異常に高いです。室内高は1380mmとエスティマはもちろんあのアルファードをも凌ぎ、セレナと同じ寸法です。

リアシートは前席との間の膝元がタップリあり広々しています。シートのクッションもマズマズで、乗り心地は悪くないです。
スペード3
助手席側は、この車の大きな特徴であるスライド1枚ドアですが、意外に後部座席への乗り降りが窮屈です。個人的には普通の車になってしまいますがリアドアもあった方が便利だと思います。
[広告] VPS
動力性能は、まあ走りを云々する車ではないとはいえ、タコメーターも付いてないし、エンジンのレスポンスは悪いし、パワーはないしと絶望的?です。

リアエンブレ
リアのSPADEというエンブレムにスペイドマークが付いているのはOK(^O^)
小さな子供さんがおられる3~4人家族で使うには、室内が広々として助手席がテーブルになるなどの工夫がしてあっていいと思いますが、高齢者も乗るとなると後部座席への乗り降りがしにくいので、やはり4枚ドアの方が優しいんじゃないでしょうか。

と言うことでこのスペード、使い勝手や動力性能を考慮して私的には没です( ̄ω ̄;)
シエンタ
むしろエンジンも1.5リッター、価格もほぼ同じで、リアが両側スライドドアで3列シートのシエンタの方がオールマイティーに使えると思います。このシエンタは平成15年に発表された車ですので、もう9年目の大ベテランで、しかも平成22年に一度生産終了になった後、翌23年に復活したというちょっと不思議な車ですが、カローラ店のセールスによると、今でも人気が高いそうです。

スペードを見に行って、改めてシエンタを見直しました^^;

スポンサーサイト
2012.08.30 Thu l l コメント (4) トラックバック (0) l top