FC2ブログ
Mouse Pro1
【カープ・・・orz】
最近のカープは、先発の柱バリントンがあまりの貧打線についに切れてしまって、抑えのエースサファテも自分の使われ方に疑問が生じて精神的に切れてしまい、打線はもともと貧打なのに、ここぞという時の代打前田を出し惜しみ?して追加点が奪えず逆転負けと、全くプロとしてお金払って見せるに値しない試合があまりに多い!(T_T)

投手交代に代打に作戦も当たり前田のワンパターンと無能振りを発揮している野村監督の責任は大きいですよ。さすがに3年目を迎えて進歩なしじゃあ、その学習能力のなさに私ゃ怒りますよヽ(`Д´)ノプンプン

ここ2,3試合は調子いいようですが、きちんとした根拠あってのものではなく、たまたまとしか考えられない勝利ですので、今の無能な首脳陣がこのまま続く限り根本的な解決即ちカープ快進撃はあり得ないと思います。

6月10日にはオリックスとのデーゲームを見に行きますが、まあ期待半分というところです。もし無気力な無能ぶりをさらけ出すような試合していたら大声で罵声を浴びせてやりますよ^^;

と、こと野球に関しては沈みっぱなしのオバです orz
こんなシーズンは、昭和50年カープ初優勝の前、3年連続最下位に沈んでいた頃の、特に最後の森永監督の時の超弱小カープ以来じゃないでしょうか。

決して選手個々の力が劣っていて、戦力的にAクラスは狙いないチームでは決してない。
大きな問題は、首脳陣の能力の無さによって、選手の良さが生かせてないことと、素人以下とも思える戦術や戦略のレベルの低さと学習能力のなさ。

野村やその他のコーチも、もうちょっと勉強してから出なおして欲しいです。
とにかく、野村は責任とってできるだけ早期に辞任してみらいたい。

いやそんなことを言っても、今のMオーナーじゃ何も変わらないでしょうし、今年も5位は決定したかぁ?(;O;)
mouse computer
【マウスコンピューター】
まあ野球のことを考えると精神衛生上良くないので、今日は先月息子から譲り受けていたVistaコア2Duoノートに代わって購入しました、マウスコンピューターのノートパソコンのことをお話します(^^ゞ

今まで使っていたVistaはNECですし、長男が昨年夏に持って帰った私のi5搭載のノートはソニー、次男がNECと、今までのノートパソコンは全てNEC、ソニー、富士通、東芝のどれかを選択してきました。

今回も、いつも世話になっているパソコンショップにi7搭載の格安ノートが出たら連絡をくれるように頼んでおいたところへ、おっちゃんからマウスコンピューターはどうですかというメール。

ネットで確認してみると、確かに日本のメーカー品より安い。だいたいアスースやエイサーと言った台湾メーカーと同じくらいの値段。

マウスコンピューターはもちろん日本の企業で、パーツを自社で組み立て、ネットなどを通じた通信販売で業績を伸ばしてきた企業です。そのため大手より低価格で、なおかつ最新のパーツも大手より早く搭載されるのが特徴のようです。
mouse computer custum
【最新のCore i7搭載】
OSはWindows 7の64ビットHome Premium、CPUは最新の3000番代i7、メモリーは8GBでHDDが1TBです。いろいろカスタマイズできるので必要なものだけを選択して、オフィスなしで価格は81,900円。価格.comでメーカー品で同じ性能のものを比較しても11万円代~17万円といったところです。確かに安いがちょっと不安も(-_-;)

まあ、何かあったときはそのパソコンに関してはスーパーマンみたいなパソコンショップのおっちゃんに丸投げしますので大丈夫でしょう。

Vistaコア2duoとの大きな違いはCPUのコア数がの2つに対してグアッド、つまり4つついているということです。車で言えば、エンジンが2つついているか、4つついているかという違いだと思います。

もちろん多いほうが速い!
さらにグラフィックが、この3000番台は2000番台に比べて大幅に強化されたようですし、省エネにもなっているそうですので、性能アップして燃費も(・∀・)イイ!!車といった感じでしょうか。
Core i7 performance
パソコンの性能を数値で比較してみますと、プロセッサがVistaの5.3に対して7.6、グラフィックスが4.2に対して6.5となるほど数値上は性能が大幅にアップしていることが分かります。
Mouse Pro5
Mouse pro4
Mouse Pro i7
【使用感想】
使ってみた感想は、まず質感がやはり値段相応です。キーボードはこれまでのメーカー品ではキーがびっしり詰まって並んでいましたが、これは隙間があります。そのかわりテンキーが右横にもついてますので、その点はグッジョブです。

数値上は大幅性能アップですが、ネット閲覧や文書作成では全く速さを感じません(^^ゞアレッ
しかし私の大きな目的は頻度の多い動画編集です。

今までのVistaではハイビジョン動画がまともに動きません(T_T)
DVDはなんとか再生できますが、ハイビジョンとなると、Vistaでは動画が止まったり、カクカクと動いたりでまともに動きません。動画編集もその保存も非常に動きが鈍い。
恋落ち
そこで佐々木希の「恋という贅沢が私に落ちてくるのだろうか」最終回58分29秒16、容量3.68GBのドラマをビデオスタジオ12を使って保存に要する時間を比較してみることにしました。

その結果は、NECのVistaコア2デュオの9分55秒対して、マウスコンピューターi7が3分13秒でした。

HDDの容量も320GBから1TBへと大幅アップしてますし、動画編集に関しては満足です。

しかしクアッドコア以上の性能は動画やゲームでこそ差が出ますが、それ以外では差が実感できません。動画をしないのであれば、価格優先でi5はもとよりi3でも十分だと思いました。

最後に宮島対岸にある石亭をバックに佐々木希とBMW 325iの写真と、TV奥の深道に出演した佐々木希です(*^_^*)
Nozomi  BMW 325i
[広告] VPS
スポンサーサイト



2012.06.03 Sun l パソコン l コメント (8) トラックバック (1) l top