FC2ブログ
CX5試乗
マツダ技術陣が全力で取り組んだ「Skyactiv Technology」。
まず第一弾デミオでエンジンSkyactiv-Gをやり、続けて第二弾アクセラではエンジンに加えてトランスミッションSkyactiv-Drive、そして今回の第三弾CX-5はエンジン、トランスミッション+高性能軽量シャシーに高剛性軽量ボディーを加えて、まさにスカイアクティブ・テクノロジーの完成形です。
マツダ SKYACTIV
スカイアクティブ・テクノロジーとは、EVやハイブリッド等の飛び道具を使わず、車の基本となるエンジン、トランスミッションの効率改善やボディーの高剛性と軽量化、空力など「ベース技術」を徹底的に見直して、走りと環境性能を高い次元で両立させた技術のことです。
CX5とシビック
ということで、本当に久々に地元マツダから注目すべき車が出ましたので、近くの広島マツダへ実車を見に行って来ました^^♪

置いてあったのは赤いCX-5ディーゼルターボXD LPackageのFF。
CX5試乗2
外寸は全幅x全長x全高が1,840x4,540x1705で重量は1,530キロ。
全長、全高はいいですが全幅1,840は日本ではちょっと使いにくそうです。
グローバルなこのサイズは海外での販売が国内より遥かに多いマツダだからでしょうかね。
CX5試乗3
エンジンはSKYACTIV-D 2.2。
2.2リッターディーゼルターボで最大出力175馬力に対してトルクは42.8kgm。
同じボディに積む2リッターガソリンが155馬力、20.0kgmですから、トルクは何と2倍以上!4リッター並のトルクだそうです。

燃費はJOC08モードで18.6km/L、XD LPackageの価格が298万円。

ちなみに同じディーゼルターボエンジンで見ると、NISSANエクストレイル2リッターディーゼルターボは1,790x4,635x1700、1690キロで173馬力36.7kgm、JOC08モードは13.8km/L、314万円。

三菱パジェロ3.2リッターディーゼルターボは1,875x4,900x1870、2,290キロと巨大^_^;
190馬力に45.0kgmでJOC08モード10.0km/L、476.7万円。

トヨタのディーゼルエンジンは自動車NOx・PM法に適応していないらしく、SUVにはラインアップされてないみたいです。ホンダとスバルにはディーゼルエンジン車がない?

他社と比較しても、マツダ・スカイアクティブによるディーゼルがトルクフルで低燃費で軽量で低価格であることが分かります。
[広告] VPS

試乗の順番がやってきたので、まずエンジンをかけてみましたが、ディーゼルなのにカラカラ音は一切なし!高級車ほどウルトラ静かではないけど、普通はディーゼルと気が付かないレベルです。車外でも車内でもそうなんです。これは夜間でも近所への騒音を全く気にする必要はナイですね。

実際に走りだすと、わずかにエンジン音が聞こえるところが、ディーゼルを意識すれば気になるかもしれませんが、ガソリン車と言われてもそうだと納得できるレベル。

アクセルを踏み込むと、静かにスムーズに加速し、3,000回転まではややかったるさを覚えるかもしれませんが、3000回転を超えるとその4リッターNA並のトルクが炸裂し、スポーツカー顔負けのパワフルな加速をしていきます。

頭打ちが5200回転というのがディーゼルらしいところですが、そこまでシャープに吹け上がるので、タコメーターを見なければそれを意識することはできません。凄い!

信号で止まってしっかりブレーキを踏むと、ほぼ毎回アイドリングストップ。ブレーキから足を離すと即エンジンスタートですが、プリウスのように静かではなく、勢い良くスタートします^_^;
CX5試乗4
この2.2ディーゼル・ターボはSUVだけでなく、セダンにもミニバにもスポーツカーにも積める極上エンジンだと思います。今後出てくるマツダ車にはくまなく積まれるんじゃないでしょうか。
CX5試乗6
(スイッチを押すと左フロントサイド下の映像がバックミラーに表示される小技もあります)
ちなみにCX-5は2リッターガソリンと2.2リッターディーゼル・ターボがありますけど、7割がディーゼル・ターボだそうです。

エンジンにも感心しましたが、足回りがまた素晴らしい!!
タイヤは225/55Rの19インチで、重心の高いSUVですが、全くそれを感じさせず、路面からの突き上げにも滑らかに対応し、ロールやピッチングも少なく、ハンドリングも素直な感じで運転していて気持ちいいと思わせるてくれます。BMW320iと通ずる、いやそれ以上かと思えるくらいです。

それでいて取得税・重量税は100%減税という環境性能ですから恐るべしスカイアクティブ・テクノロジー!年内にはアテンザがスカイアクティブ・テクノロジーを全身にまとってFMCするらしいですけど、今後のマツダには大注目だと思います。

初主演映画「天使の恋」からのんちゃんとシビックタイプRです。ノンたん2

スポンサーサイト



2012.04.22 Sun l l コメント (4) トラックバック (0) l top