上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Hiroshima Toyota
話題のトヨタ86、久々にトヨタから発売されるスポーツカーということで、注目は非常に高いものがありますが、今回は広島トヨタで86のGという下から2番目のグレードで、しかかもATというレアモデルに試乗しました^_^;

連休直前の4月28日、殿様商売?で他のディーラーよりも休みが多い広島トヨタですので、土曜日からもう休みかと思いながら仕事帰りにチラ見すると、なんとまだ開いている!
toyota 86G
toyota 86G3
しかもナンバー付きの、試乗車と思われる86も置いてあったので、ちょっと見だけに寄ってみました。

車を止めて、ちょっと86を見せてくださいと、近くにいた方に声をかけて写真を撮っていると、試乗できますよという悪魔の囁きがチラリ(;・∀・)

ま、マジですかと聞き直しましたが、OKとのことでしたのでさっそく試乗させてもらうことにしました。ただ同乗するのは最近増えた私の苦手な女性営業です。

女性営業の方ってイマイチ車の知識が十分でないので、こちらも会話から得られる情報も少ないし、マニアックな会話自体を楽しめないし、どちらかと言うと腰掛け的に仕事をしているように思えてしまうので、本気で話を進めにくいんですよね(゜レ゜)

でも今回は購入は一切考えず86に試乗することが唯一の目的ですので、我慢して試乗しました。
TOYOTA 86G 室内
まず試乗車ですが、RCというレース専用モデルを省くと、一番下のGで、しかもATです orz

購入するなら、GTかGT LimitedのMTしかあり得ませんのでちょっとガッカリですが、とにかく86のエンジンがどんなフィーリングかを試乗して確認してみました。

エンジンはボタン式ではなくキーを刺して回すという昔ながらの方式(ただしGTとGT Limitedはボタン式)。
ブリッピングのサウンドは、これまた昔のキャブを思い起こさせる、なかなか渋いサウンドです。このエンジンサウンドチューニング担当はトヨタかスバルか分かりませんが、なかなか( ・∀・)イイ!!サウンドチューニングをしていると思います。

早速走りだしてみますと、第一印象は「音がいい!」

ATですので、レスポンスはそんなにシャープではないですし、VTECのように2弾ロケット式のフィーリングではありませんが、スポーツカーらしいサウンドが遠慮なしに室内に入ってきます。全くうるさいとは感じません。これぞDOHCサウンドです(^O^)サウンド的には十分スポーツカーフィーリングを味わえそうです。
TOYOYTA.jpg

乗り心地も、タイヤがプリウスと同じエコタイヤにためでしょうか、シビックタイプRは勿論ですが、BMW 320i Mspoよりも柔らかいです。ただハンドリングはそんなにシャープとは感じませんでした。

ただボディ剛性は相当高い剛性レベルで仕上げているらしいですが、シビックタイプRやBMW 320i Mspoのほうが高いような感じを受けましたね。凹凸路面を通った時にボディ全タイがビクともしないシッカリ感が違います。
[広告] VPS
ただこれはATですのでイマイチスカッとしたフィーリングが味わえませんでした。MTの試乗車が来た時には連絡をいただくことにして広島トヨタをあとにしましたが、MTでアクセル全開にした時にまた記事にしたいと思います。

スバルでは今注文しても年内納車が厳しいようなことを言われましたが、広島トヨタでは7~8月だとか。生産台数が随分違うんですかね(?o?)

86にするかBRZにするかは迷うところですが、86も言われているほど足回りがドリフト志向とは思いませんし、まあわずかに違うデザインとスバルという名前に拘るかどうかと言う所で決めていいんじゃないでしょうか。私ならただ条件の(・∀・)イイ!!方で購入しますけど(^^ゞ
Nozomi  Type R
スポンサーサイト
2012.04.29 Sun l l コメント (16) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。