カープの開幕出場登録選手が以下のように発表されました。

 ▼投手 今村、前田健、野村、江草、バリントン、大島、岸本、中崎、ミコライオ、サファテ

 ▼捕手 石原、倉、會澤

 ▼内野手 東出、小窪、栗原、梵、堂林、石井、木村

 ▼外野手 中東、前田智、岩本、広瀬、松山、丸、ニック

投手は中日3連戦の先発予定のマエケン~バリントン~野村に、右中継ぎが岸本、中崎、左中継ぎが大島に新入団の江草、そしてミコライオ~今村~サファテの勝利の方程式?トリオで10人です。

翌週の巨人戦に先発する福井~大竹~篠田を加えると計13人。現時点で判断すると、近年稀に見るバランスの取れた投手陣です。

この13人の中にドラフト1位が6人、外国人が2人と、投手陣に関しては球団の補強がうまくいったことがあげられます。

一方野手陣では、今村の同期で3年目堂林が1軍切符を手に入れました。将来の野手のリーダーとして期待されているのがよく分かります。

オープン戦首位打者の松山は外野手での登録ですが、おそらく3塁先発でしょう。そしてショート梵、セカンド東出、ファーストクリケンは間違いなし。

内野手オープン戦成績(松山含む)
堂林 18試合 .243 37打数9安打 5四死球 5失策
梵  13試合 .211 38打数8安打 7四死球 4盗塁
東出 18試合 .220 50打数11安打 5四死球 2盗塁
栗原 15試合 .209 43打数9安打 0HR 6打点 4四死球
松山 19試合 .403 62打数25安打 1HR 8打点 3四死球
木村 8試合 .111、小窪 14試合 .091、石井 8試合 .250

外野は守備も考慮して、レフトにニック、センター丸、ライト広瀬でしょうが、ニックは1発はあるけど弱点をつかれると脆そう。岩本は四死球0って選球眼悪いの?広瀬は打点が少ない。
前田は代打の切り札、中東は代走、代守。

いずれにしても打撃に不安があり、貧打が続くようだと岩本、會澤にも大いにチャンスはあります。

外野手オープン戦成績(會澤含む)
ニック 11試合 37打数6安打 .162 2HR 6打点 1四死球 13三振
丸   15試合 38打数8安打 .211 1HR 3打点 4四死球 3盗塁
広瀬  14試合 32打数7安打 .219 0HR 1打点 6四死球
岩本  13試合 34打数13安打 .382 0HR 5打点 0四死球
會澤  15試合 37打数12安打 .324 1HR 2打点 2死四球
前田 8試合 .100、中東 11試合 .000、迎 12試合 .192 

さて14年連続Bクラスの我がカープですが、今年は投手陣の充実を評価され、Aクラス入りを予想している評論家もいます。巨人優位と横浜の下位低迷はよほどのことが無い限り動かないでしょうが、後の4球団はそれぞれ決めてもないし、不安要素を抱えていて、まさに横一線と言ってもいいと思います。

鍵は?ピッチャーではマエケン、バリントンの2本柱が安定してシーズンを投げきることと、やはりミコライオ、今村、サファテのリリーフ陣のがんばりでしょうか。

野手ではクリケンが春先から4番の働きをすることと、會澤が正捕手を奪い取る活躍をすること、そして昨年の丸のような働きを松山に期待しニックが大化けして.230で30ホーマーかな・・・やっぱ無理やろね~、野手は厳しいね orz

いずれにしても1位と6位以外は混戦になりそうですね。でも来年バリントン、サファテと栗原が抜けることを考えると、来年からはまた下位低迷の可能性が高いですから(T_T)今年絶対にCS進出を決めないといけんです。

スポンサーサイト
2012.03.28 Wed l 野球 l コメント (2) トラックバック (0) l top