FC2ブログ
リーフ12
10月8、9,10日と日産リーフの試乗会が開催されるという広告を見て、早速行って来ました。別に購入は全く考えていませんが、EVというものがどういう車なのかを確かめるための試乗です(^_^;)

ただ試乗車は全ての日産ディーラーに置いてあるわけではないので、ネットで調べて市内の日産レッドステージ店にGO!店の外には試乗車のリーフがしっかり展示してありました(^O^)

まずは外観を観察。う~ん、スタイルですが、古臭い感じでイケません。もっと挑戦的なスタイルであって欲しかった。

サイズは全幅1770ミリ、全長4445ミリ、全高1545ミリ、重量は1520キロ。バッテリーはリチウムイオン電池で、モーターのパワーは109馬力(2730~9800回転)、トルクは28.6kgm(0~2730回転)。

何と、2730回転から9800回転まで最高馬力を発生かよ(゜o゜;
さらに最大トルクは0回転からだって・・・
リーフ3
リーフ2
電気自動車ですので、エンジンはな~し!じゃあ、ボンネットの下には何があるのか見てみると、充電ポートと中には電気モーターがエンジンや付属品の代わりにこじんまり居座っています。

バッテリーはリアシートの下と床下にあるみたいです。リアシート座ってみると確かに床が高い。
リーフ9
リーフ7
さていよいよ試乗です。インテリジェントキーですのでキーは持っとくだけ。スタートはステアリングの左にあるスタートボタンを押すと、音楽が鳴ってモーターが動き出します。ほとんど無音ですが、音楽が鳴ってスタートが分かるので、プリウスの試乗でやってしまった誤ってスイッチを押し直すとういうことはなさそうです。

車の動き出しももちろん無音のはずですが、かすかにウィーンという音が聞こえます。この音はどこからしているのかと営業に聞いてみましたが、営業の人も分からないそうです。

乗り心地は重厚で良好です。重量が1520キロもあるからでしょうか?

加速は1520キロの重量に109馬力ですから、軽並みかと思いきや、スムーズでパワフルです。全く不満はありません。0回転から最大トルク発生だし、最高出力が9,800回転まで持続しますから、こりゃEVのスポーツカーも十分あり得ると思います。ただしアクセル踏み込めば速いぶん、電気を早く消費するそうですけど(*_*;

価格は4,060,350円のGと3,764,250円のXがありますが、装備は大して違わないので安いXで十分です。

そして電気自動車ですから自動車取得税減税がG174,000円(X161,300円)と自動車重量税30,000円が免除、自動車税減税が14,500円あります。さらに、車両購入あとに780,000円が返ってくるそうです。

そして何と言ってもガソリン代がかかりません。おそらくシステムが単純で、故障も少ないんじゃないでしょうか。点検や車検も安く済みそう。

フル充電で200キロ走れるそうですので、市街地をメインに使うシティコミューターとしたら十分快適な車でしょう。

ただし問題点もあります。充電にかかる時間が家庭でも可能な200Vの普通充電で8時間もかかるのは厳しい(ただしまだ広島県内には数カ所しかないそうだが、急速充電ができる設備がある場合は30分でOKらしいです。)。それに私のようにマンションに住んでいる場合は家庭での充電自体が不可能。

また1回の充電で200キロ走れるのはゆっくり走った場合で、実質的には150キロくらいらしいです。これが300キロくらいに伸びればね。

この2つが解決すれば、自家用はもちろんですが、営業車としても爆発的に売れるんじゃないでしょうか。まあトータルで考えて、実際の使い勝手はまだまだというような感じがします。下は試乗の際の動画です。

スポンサーサイト



2011.10.09 Sun l l コメント (20) トラックバック (0) l top