FC2ブログ
バンカラという言葉がありますが、元々『野蛮』と『ハイカラ』から成る合成語だそうです。「蛮カラ」とも書くみたいです。この言葉が作られたのは明治時代。同じ時期に流行した「西洋かぶれ」を意味する俗語『ハイカラ』の対語として生まれたものらしい。

バンカラという言葉から私がイメージするのは、汚い学生服に腰に手ぬぐいぶらさげて、下駄を鳴らして歩く、硬派の若者です。
takuro_s.jpg
はて?どこかで聞いたことがあるフレーズですが・・・そうです!( ̄ー ̄)ニヤリ
私の世代では絶対的エース!吉田拓郎の「我が良き友よ」です。

いつ聴いても拓郎の唄は心に響きます。体調はあまり良くないという話を聞きますが、また必ず復活してくれることを信じています。
takuro  kamayatsu D
「我が良き友よ」
作詞作曲 吉田拓郎 歌 かまやつひろし
発売日:1975/2/5 オリコン1位 売上:70.1万枚
 
1) 下駄を鳴らして 奴(ヤツ)が来る
  腰に手ぬぐい ぶら下げて
  学生服に しみ込んだ
  男の臭いが やってくる
  ああ 夢よ 良き友よ
  おまえ今頃 どの空の下で
  俺とおんなじ あの星見つめて
  何思う
takuro  kamayatsu C
(2) 可愛いあの娘に 声かけられて
  頬を染めてた うぶな奴
  語り明かせば 下宿屋の
  おばさん酒持って やってくる
  ああ 恋よ 良き友よ
  俺は今でも この町に住んで
  女房子供に 手を焼きながらも
  生きている

(3) 男らしさと 人が言う
  お前の顔が 目に浮かぶ
  力ずくだと 言いながら
  女郎屋通いを 自慢する
  ああ 夢よ 良き友よ
  時の流れを 恨むじゃないぞ
  男らしいは やさしい事だと
  言ってくれ
takuro  kamayatsu B
(4) 家庭教師の ガラじゃない
  金のためだと 言いながら
  子供相手に 人の道
  人生などを 説く男
  ああ 夢よ 良き友よ
  便りしたため 探してみたけど
  暑中見舞いが 返ってきたのは
  秋だった

(5) 古き時代と 人が言う
  今も昔と 俺は言う
  バンカラなどと 口走る
  古き言葉と 悔やみつつ
  ああ 友よ 良き酒を
  時を憂いて 飲み明かしたい
  今も昔も この酒つげば
  心地よし
takuro  kamayatsu F
(6) 学生たちが 通りゆく
  あいつ程では ないにしろ
  まじめなのさと 言いたげに
  肩で風切って 飛んでゆく
  ああ 友よ 良き奴よ
  今の暮らしに 飽きたら二人で
  夢を抱えて 旅でもしないか
  あの頃へ

昔・・・私がまだ学生の頃には、こういう生き方もひとつの美学として価値観が認められていた時代でした。

私は学生の時に大阪に住んでいましたが、当時の大阪の人は学生さんを大事にしてくれて、少々反社会的な言動があっても大目に見てくれる風潮がありました。

時々、出世払いということでサービスしてもらったりもしていました^^;

まだまだ貧しい世の中でしたが、細かい事は問題にせず、将来の希望を持って生きていけた、まさに蛮カラな時代だったように思います。

動画は、近くを走る山陽本線から撮影したものです。広島、三原、福山といった主な都市以外の駅はやはり田舎駅で、田舎ののんびりした風景が楽しめます。線路の側を流れるのは沼田川です。

車窓から流れる風景とその時間の流れが、この「我が良き友よ」とピッタリあって、私の学生時代を思い出させてくれます・・・苦しかった思い出のほうが多いですけど(^_^;)
スポンサーサイト



2011.09.19 Mon l その他 l コメント (6) トラックバック (0) l top