上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
セ・リーグ順位表2
これは8月27日時点でのセ・リーグ順位表ですが、2位~5位が僅か1ゲームの大混戦です。
13年連続Bクラスという屈辱を味わい続けてきた我が広島カープにとって、今年は14年振りAクラス入りの大きなチャンスとなっています。

この大混戦は、巨人、阪神、中日の実力3球団が本来の力を発揮できてないことが元にあるんじゃないでしょうか。いつもの力を出せていれば、ペナントとCS進出はヤクルトを含めた4球団による争いで、今年もカープは蚊帳の外だったかもしれません。

何故このような混戦になり、カープがAクラス争いに割って入っているのを検討してみました。

1.その原因の一つに統一球があると思います。
これに打者が慣れてないため、特に重量打線を有する巨人・阪神の得点が伸び悩み、中日は元々の貧打戦がさらに極貧打線となってしまい、貧打のカープとの差が縮まった(^^ゞ

2.それに加えてこの3チームは、レギュラーである高給取りのベテラン選手が下り坂で、若手への切り替わりがうまくいってないことも挙げられるでしょう。

カープはそういうベテラン選手がいない上に、広瀬、梵、東出選手の故障などもあって、やむを得ず若手を使わざるを得ない状況の中から、若い選手が少しずつ実績をあげながら自信をつけてきて先発レギュラーとなっている。

この切り替わりが割とうまくすすんでいるのがカープじゃないでしょうか。。先発メンバーの名前だけみると、半分以上去年は2軍選手ということもありましたけど(@@;)

3.そして今年のキーは投手力。
その補強に大成功したのが、我がカープです。
それは外国人のバリントン、サファテと新人の福井。
これだけ見事に当たったのは久し振りじゃないでしょうか。

バリントンは先発の柱として開幕から投げ続け、最近は中4日もこなしていてハーラートップタイの12勝。
サファテはクローザーとして48試合に登板し1勝1敗32セーブ、防御率1.22でセーブポイントトップです。

福井もキャンプでは色々言われましたが、開幕から先発ローテの一角を背負い続け、6勝で新人王レースに名乗りを上げています。

マエケンの不調、大竹復帰ならず、左のエースと期待された斉藤も1軍出場なし、篠田も開幕当初は良かったものの2軍落ちという、本来なら投手陣が崩壊していたのを、見事に救ってくれています。

まだまだ混戦が続くと思いますが、カープファンも今年はしっかり気合いを入れて後押しすると思います。
最後まで諦めずにAクラス目指して戦い抜いてくれ~!
カープ定期預金
そして実は、絶対にAクラス入りをはたしてほしい、そしてあわよくば優勝して欲しいと、私以上にそれを強く祈念している人物が我が家にいます。

それは野球に全く興味のない嫁です。なぜなら広島県内の銀行では毎年恒例となっています「カープ預金」に今年は入っているからです。

4位以下は0.1%の金利上乗せですが、2位か3位は0.2%、優勝の場合は0.3%の上乗せになります。

お金がかかっていますので、必死で応援しています(^0^;)
動画は野球好きニュースから、篠田が踏ん張って巨人に1対0と辛勝した試合です。
MCは元広島TVアナの小倉星羅。解説の大塚さんに言われてましたが、髪を切ったんですね。
髪切った?
「そんなことより髪を切りました?」と聞く大塚浩二
髪切った?2
「よく気がつきましたね、傷んできたので切りました」と少し驚く小倉星羅
髪切った?4
しかし、その後は何事もなかったように司会進行していきました(^◇^;)

スポンサーサイト
2011.08.28 Sun l 野球 l コメント (16) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。