FC2ブログ
今日の巨人戦をTVで観戦していましたが、前健が打たれて配色濃厚となったため途中でTVを切って、久々に出たVWのビッグ・ミニバン新型シャランを見に行きました(^_^;)

現在乗っているアルファードが今年7月でまる7年、3回目の車検となります。乗り換えも視野にいれてはいるのですが、走行距離4万キロ強、故障もなく快調、室内の広さは乗る人に大変好評で、あえて乗り換える要素は見当たりません。

が、それでもいざという時のために常に研究を怠らないのが私の車バカたるゆえんです(^o^)

この1年で、チェックしたミニバンは、トヨタ・ベルファイア、日産・エルグランドとセレナ、そして今日のVWシャランとなります。買い換えるなら今のところこの中から選ぶことになると思います。

新型アルファードですか?どうもあのフロントマスクが代わり映えしないので今回は外して兄弟車のベルにしています。ただしもし購入となるときは当然競合相手に加えて、条件次第でかわることもあり得ます。

VWシャラン1

1.外観とスペック

さてシャランですが、デザインが普通過ぎますぅ~!試乗車があると聞いていたのでVWへ行ったのですが、それらしき車が見当たらない(?o?)・・・シャランはありますか?と思わず聞いてしまったくらい存在感の無いデザインです。確かに駐車場に置いてありましたが、近くにあったお客さんのハイエースの方が遥かに目立ってました(-_-;)

さっそく実物をチェック。全幅・全長・全高は1,910・4,855・1,750と幅が1.9m超えです。車重は1,830キロとサイズの近いベルファイア2.4Lより60キロ、エルグランド2.5Lより90キロ軽くなっていますが、5ナンバー2Lのセレナ20Gよりは200キロ重いです。
VWシャラン9
エンジンは、ベルファイアが2.4リッターで170ps、22.8kgmのトルク、エルグランドが2.5リッター170ps、25kgmのトルクに対して、な、何と信じられないことに1.4リーターの排気量(?_?)

ただしこれに低・中速ではスーパーチャージャー、高速ではターボで加給して150ps、24kgmという2.4~2.5リットルNAエンジン並のパフォーマンスを示しています。


2.試乗~内装・シート

でも実際に運転してみないと分かりませんので、いよいよ試乗です。
VWシャラン3
運転席に乗り込むとまず床が低い!!最近の国産ミニバンも低床になっていますが、シャランはベルはもちろん、エルやエリよりも低く、セダンと変わらないくらい感じです。
ドイツ車らしくドアを閉めた時の音が強固なボディを実感させてくれます。
VWシャラン2
運転席回りのデザインは、外観と同じくいたって普通で面白みはない
シートは腰があって良さそうですが、ヘッドレストが前に傾斜し過ぎで、座ったときに首の後ろに空間ができるのが難点。腰と首が悪い私にとっては大きな問題ですヒエエ(´д`)エエ工

運転席自体は結構細かく調整できるようなので、購入するなら心地良い状態に調整できるかどうか確認しないといけないφ(..)メモメモ
VWシャラン4
セカンドシートは3脚独立で、座り心地は良好です。特にセンターシートからはフロントシートが邪魔しないため景色が十分に楽しめます。子供は間違いなく喜ぶと思います。倒すとフラットになる機構になっているためかセカンド&サードシートの座面の長さは私でも不十分ですが、ヘッドレストが簡単に首をサポートするちょうどいい位置まで伸ばせるので、その状態では快適です。
VWシャラン7
そしてシートベルトは天井から降りてくる3点式。エアバッグはカーテン式含め9個装着で、TVCMでやっていた安全なミニバンというのも頷けます。
VWシャラン6
VWシャラン8
サードシートもセカンド以上に座面が短いのですが、やはりヘッドレストを伸ばせば問題なし、シートベルトは天井からもってくる3点式です。ただ、エルグランドのサードシートよりは良いですが、私が現在乗っている旧型アルファードの広々したサードシートに較べると、明らかに劣ります。
VWシャラン5
サードシートへの乗り降りは、セカンドシートの肩口にあるレバーを引くとシートが大きく前へ前傾しますので、楽チンです。なかなかよく工夫してあります。

さていよいよエンジンをかけて走ってみます。キーは普通に挿し込むタイプ・・・ちょっと(´・ω・`)ガッカリ…

エンジンは静かです。走りだしてみると、非常にスムーズで全く力不足を感じません。ボディのシッカリ感もいいです。ただ普段アルファード(幅1.83m)に乗っていて幅の広い車には慣れていると思っていましたが、1.91mはやはり広く感じました。

この前乗ったトヨタ・FJクルーザも1.905mとほぼ同じ幅でしたが、フロントがよく見えたため全く大きさを感じなかったのに対して、シャランはフロントが全く見えません。この見えないことが大きさを感じる理由かもしれません。

セールスの人がそこの信号を左に曲がって下さいと言ってきたので曲がると、やや上り坂で前に車がいない♪

私がさんざん1.4リッターエンジンの不安を言っていたためか、ここでアクセルを踏み込んでみてくださいと助言してきました。お言葉に甘えてアクセル全開にしたところ、軽快な音とともにエンジンが回り、車がグングン加速していくではないですか。しかもスーパーチャージャーの雑音もしないし、ターボが効いている感じも無い。全くNAエンジンとしか感じないスムーズさです。

こ、これがVW・直噴TSIの威力かと、その力強さに感服しました。これなら私の旧型アルファード3リッターと加速感は大差ない!そして以前試乗した旧型アルファード2.4リッターを明らかに凌いでいる。新型エルグランド2.5リッターについてもわずかにシャランが上回っていると思う。1.4リッターではあるが、動力性能に不満はなさそう。ハンドリングも軽快で、私のアルファードにあるロールもほとんどなく、まるでセダンに乗っているような感じになってしまう。

これはむしろ、ホンダ・オデッセイのあるべき姿だったのではないだろうか。

動画は、調子に乗ったセールスがさらに坂道を求めて指示してくれた道です。全くストレスもなく車が気持よく加速していきます。

価格は2グレードで、コンフォートライン379万円、ハイライン438万円です。
コンフォートラインで考えると、オプションでキセノンヘッドライト(16.8万円)、ナビ(ディーラーオプション27万円)コーナーセンサー(前後で15万円くらい?)サイドバイザーをつけて諸経費こみで480万くらいか??

そこから下取り含めてどのくらい値引きするかですが、その額はディーラーによって違うし、ドイツからの輸入ですので、年落ちの車とか長期在庫になってしまっている車であれば結構いく場合もあるかもしれません。私のBMWの経験では国産車以上にあっと驚く値引きをしたケースもありました。

結論としては、景気の回復次第ですが、おそらく経理を担当する財務相からOKはでない可能性が限りなく高いのが現実でございます(TдT)




スポンサーサイト



2011.05.15 Sun l l コメント (10) トラックバック (0) l top