上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
政府は福島第一原発への注水指示は、3月12日午後7時55分に菅首相の下に指示がだされた、としていたのを、海水注入時刻(午後7時4分)との辻褄が合わないことが明らかになったためか、今日になって午後6時頃、海江田経産相が注入の指示をだしていたことを発表しました・・・いったいどれがホンマの情報やねん?証言がバラバラで東電も政府も訳が分からんようになってるんじゃないでしょうか。名探偵ポアロに聞いてみたい気分です(;>_<;)
福島第一原発
このように混乱の元となった海水注入中断問題ですが、実際は3月12日18時5分ごろに政府から海水注入の指示があり、19時4分に注入開始。約20分後、官邸に派遣した社員から「首相の了承が得られていない」と連絡があり、東電社内の協議の結果「注入停止」決定。しかし、吉田所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要」と独自に判断し、停止に至らなかったというのが真実のようです。

中断していなかったことが後から分かったことについて東電の武藤栄副社長は会見で、「正しい判断をした」と吉田所長の行動を評価したうえで、「報告やその後の対処が良かったか検討する必要がある」と、処分も含めて検討する考えを示しています。

冷却機能全損で真水もなくなり海水注入をせざるを得ない状況になって、政府の素人トップ集団会議の空気を察した東電本部からのあり得ない海水注入中止命令(?o?)?

原発当事者としては恥ずかしくて世界に公表できないんじゃないですか?・・・もう公表されてしまいましたけど^^;

しかしそれに対して断固自身の良心に従って信念を貫き通して注水を継続したサムライ所長は、医者に例えれば上司から厚労省が定める効果のない治療法に変えるように命令されても、患者のために上司を無視して医学的に効果的な治療を続けた医師か?

緊急時には、東京にいるお偉いさんの机上の空論よりも、やはり現場で状況を最も把握している人の判断を最優先することの重要性が再認識されました。

東電はこの所長の「報告を怠った点」について処分しようとしています。事実この報告が遅れたことによって、東電、政府の説明も二転三転し、国会も混乱しました。

企業経営から考えると、例え上からの命令を無視した行動であっても、お客様を第一に考えた対応は賞賛こそされますが処分対象には成り得ません(一般的に)。リッツ・カールトンもお客様のために現場の独断を尊重して、あの感動を与えるサービスを提供しています。

しかしこういう緊急時のケースで現場の独断を優先することに問題はありませんが、その独断行動を報告しないことは、企業の経営者からすれば懲罰に値する行為だと思います。それによって福島原発についての情報開示が遅れ、企業としての信頼も大きく損ねました。

ネットでは東電の処罰するという方針に批判がでていますが、注水継続については東電も「正しい判断だった」と評価していますし、報告がなかったことについて処罰しようとする東電の考えはやむを得ないと思います。そうでないと、社員は会社の方針にかかわらず好き勝手に何をやってもいいということになってしまいます。

と、そこへ処罰する必要なしと、いらぬ口出しをする管総理工エエェェ(´д`)ェェエエ工
~菅直人首相は福島第1原子力発電所事故を巡り、海水の注入を独断で続けた吉田所長について「事業者の判断で対応することは法律上、認められている。結果としても注入を続けたこと自体は決して間違いではなかった」と述べ、処分は必要ないとの認識を示した~

またまた管総理お得意の思いつきパフォーマンスですか?
でも総理の言葉は重いから、東電も処罰は難しくなりましたね。

スポンサーサイト
2011.05.31 Tue l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。