上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日のカーグラTVで、スーパースポーツ特集を放送していましたが、フェラーリ、ポルシェに混じって、マクラーレンF1という車が紹介されていました。この車はF1マシンを制作していたマクラーレンが初めて手がけたロードゴーイングカーで、1994年に発売されました。価格は1億円で生産台数はわずか64台の幻の車です。
f1-1.jpg
>f1-4.jpg
エンジンはM社が手がけた特注の6リッターBMW12気筒エンジンをミッドに積んでいます。パワーは627馬力でカーボンモノコックボディを採用し車重はわずかに1140キロ!パワーウェイトレシオは自然吸気エンジンでありながら驚異の1.8!!ヒエエェェ(´д`)ェェエエ工

加速はターボ車含めて20世紀最速。そしてそのサウンドは、もちろんBMW・Mパワーの極上サウンドです♪
マクラーレンF1を上回る加速をしたのは2005年に発売された16気筒8Lターボで1001馬力を発生するブガッティ・ヴェイロンのみです。
コクピットは重量バランスを考慮してドライバーがセンターに座る3人乗り。これは乗り降りが相当アクロバティックになるようで、腰痛持ちの私にはまず乗り込めない(TдT)
カーグラ元編集者の田辺さんが、車から1人で降りることが出来ないと言っていたのも大いに納得してしまいましたが、もちろん私も誰かに助けてもらわないと降りれないでしょう^m^;・・・その前に乗ることはない orz
マクラーレンF1 エンジンルーム
そしてエンジンルーム内側は遮熱のために金箔(24金)が貼り付けられいます。

これらはF1マシンと同じ手法であり、金に糸目を付けず究極を目指した車であることがよく分かります。F1マシンに最も近い車じゃないでしょうか(^^ゞ
スポンサーサイト
2011.04.29 Fri l l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。