FC2ブログ
年末にかけてあれこれやることが重なっていましたが、やっと全て片付いて何とかこれで新年を迎えられそうです。

ただ慌ただしい中にも、世界選手権代表選考を兼ねた全日本フィギュアスケート選手権はしっかり見てました(^^;)

今回の最大の注目は、ジャンプ修正中で今シーズン不振の浅田真央が、復活して世界選手権行きの切符を手にすることができるかどうかです。

上位に来る可能性が高い選手は安藤、鈴木、村上のGPファイナル出場組。3人とも今シーズンは安定しています。浅田を加えた4強に対して切符は3枚しかありません。世界選手権出場のために各選手ともに最も重要視し、世界で最も過酷な戦いが行われるのがこの全日本フィギュアスケート選手権です。

特に浅田真央の場合はGPシリーズが不振でしたので、全日本では優勝もしくは2位で、鈴木明子を上回っていないと、世界選手権出場は難しくなります。まさに崖っぷちに追い詰められたラストチャンスの全日本選手権です。

しかし、やはり浅田真央は何か持ってます!(^^ゞ
この大一番で、見事な復活をはたしたのです。問題とされていた3アクセルを乱れながらも着氷し、その他のジャンプもノーミス、華麗な流れるようなステップといつもの真央ちゃんらしい優雅な演技を見せてくれました。
[広告] VPS
動画はショートプログラム演技前。6分間練習では3アクセルがばっちり決まっています。
[広告] VPS
ショートプログラム演技。最後の3フリップが成功したときに浅田真央がよしやった!という自信を取り戻した顔をしています。その後のステップもいままでと違って勢いがあります。そして演技が終わったときの笑顔と総立ちの観客からの祝福。
[広告] VPS
そして演技後の真央ちゃんです。佐藤お爺さんと抱き合って喜んでいます。そして久し振りのキスアンドクライでの笑顔。

それにしても浅田真央の演技は、競技での点数を取るためだけの面白みのない演技ではなく、芸術として魅せてくれますね。演技終了後の笑顔も素晴らしい!いや~ぁ、良い物見せて貰いました。

もちろんまだ完全ではありませんが、復活への階段を確実に1段登りました。来年日本で開催の世界選手権では、さらに完璧な演技で我々を魅了させてくれて、そして願わくば表彰台を日本選手で独占、その真ん中に真央ちゃんが立っていたら最高です(^^)
2010.12.31 Fri l フィギュアスケート l コメント (8) トラックバック (0) l top