簡単ダビング1
VHSビデオをデジタル化してパソコンに取り込んでみました。
用意したのは、VHSビデオデッキと、I-O DATA USB接続ビデオキャプチャBOX GV-USBです。

まず、付属のCDでパソコンにドライバーを入れます。
Cyber link Power Producerのショートカットがデスクトップにできます。

次にビデオデッキとビデオキャプチャを接続し、それをUSBでパソコンに接続します。

接続
PC画面
Cyber link Power Producerを起動して、ビデオデッキの再生ボタンを押してダビングが始まります。
もちろんアナログデータですので60分のビデオは60分再生しないといけません(;^ω^)

動画ファイルは、マイドキュメントのCyber Linkというフォルダに自動的に保存されます・・・これが最初なかなか見つかりませんでした(^^;)。
動画を編集するには、ここからファイルを呼び込んで、動画編集ソフトで編集します。

このI-O DATA USB接続ビデオキャプチャは、Amazonで見てもなかなか評判よかったですが、実際に使ってみて何も問題ないと思います。価格もAmazonで4,626円と手頃です。

と言うことで、まずは2001年8月号のベストモータリングのVHSビデオ(まだDVDになってない)から、黒沢元治がDC2インテタイプRで北海道本田技術研究所鷹栖コースを全開走行している動画を載せます。

この時はちょうどインテタイプRがモデルチェンジしてDC5になると言うときでして、DC2への惜別も込めた元さんの全開走行です。

9年前ですから、当時で60か61才ですが、タコメーターはほとんど7000rpm~9000rpmという年を感じさせない超人的なテクニックです。
[広告] VPS
スポンサーサイト
2010.08.27 Fri l パソコン l コメント (6) トラックバック (1) l top