上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
シビックタイプRリア
FD2シビックタイプRには、2リッターDOHC i-VTECのK20Aエンジンが搭載されています。

en-01.jpg
これはVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)にVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を加えた物で、低回転から高回転そして超高回転まで、スムーズにパワフルに官能的なサウンドと伴に吹け上がる極上のエンジンです。パワーは225ps/8000rpm、トルクは21.9kgm/6100rpmで、2リッターの市販車NAエンジンでは世界最強です。

標準シビックの2リッターも同じK20Aエンジンが搭載されていますが、155ps/6000rpmのパワーに19.2kgm/4500rpmです。なんと、ターボなどの過給器なしの自然吸気エンジンで、70psものパワーアップがなされているのです。そして、究極のチューニングがされたと言われるインテグラタイプR(DC5)のK20Aエンジン220ps/8000rpm、21kgm/7000rpmに対しても5ps、0.9kgmのアップになっています。そのFD2タイプRエンジンのこだわりを探ってみました。

cl7-3.jpg
エンジン形式は同じK20Aですが、実はインテグラタイプR(DC5)のK20Aではなく、2代目アコードユーロR(CL7)用K20Aをベースにチューニングしてあります。DC5のK20Aエンジンは初期のもので、エンジンブロックの肉厚もかなり削ってあって出力的には限界にきていたそうです。そのためこれ以上のチューニングは困難でした。

これに対してCL7のK20Aはバランスシャフトのついた高級車向けのエンジンでありながら、220ps/8000rpm、21kgm/6000rpmというDC5と同等の性能を誇っていました。そのためまだまだチューニングの余裕があったそうです。

インテRのエンジンをそのまま持ってくれば、開発期間も短く、費用も安く済んだでしょうが、何しろインテRより100キロ重いシビックタイプRで、インテRを上回るサーキットタイムを出す、というコンセプトでやったそうで、走りのためのコストアップやむなしの妥協のないチューニングが施されています。

エンジン バラ改
従来のチューニングに加えて、エンジンヘッドは鋳型に樹脂コーティングをして吸気ポートの内面を滑らかに仕上げるというNSXと同じやり方がなされています。当然コストはアップしますが、吸気抵抗を減らしてパフォーマンスを上げるために取り入れられました。

さらにインテRよりもさらに曲がりを減らし、集合部を鋭角化して排気抵抗を減らした4-2-1集合管エキマニ(エキマニとはエンジンのシリンダーで爆発した排気ガスがマフラーから出て行きますが、そのシリンダー、4気筒であれば4つ、からの排気ガスが通る管のこと)などで、吸排気もコストをかけ究極のさらに上を行くチューニングがしてあります。

そして、このよりストレートに近い4-2-1集合管エキマニを採用したため、装着位置が干渉してしまう電動パワステを専用油圧パワステに換え(ステアリングのフィーリングもよくなる)、それによって若干上がったエンジン高のため、専用のボンネットを採用してあります。う~ん、採算とれてますか(^^;)

こうして、究極までチューニングしてあったあのインテRの初期型K20Aエンジンを、5ps、0.9kgm上回ることに成功したのです。ここでさらに特筆すべきはそのファンタスティックなフィーリングです。5800rpmで高速カムに切り替わりますが、その直後の6100rpmで最大トルクがきて、パワーも10psアップするセッティングになっています。その時にサウンドも大きく変わります。

まさに、ここで変わった~!と分かりすぎるくらい分かります(^o^)
このサウンドチューニングもこだわりの一つでしょう。

[広告] VPS
このため、低速カム~高速カムのパワー、トルク、サウンドの切り替わりが明白で、メリハリのきいた楽しいエンジンとなっています♪これは、私が録画したシビックタイプRのサウンドをいくつか集めたものです。実際のサウンドは、さらに澄んだ音です( ^ω^ )スバラシイデスヨ

5800回転で高速カムに切り替わってから、8000回転Max Powerの225psを発揮して、8400回転のレッドゾーンまでパワフルに回ります。さらにレッドゾーンを越えても回り続け、8600回転で燃料カットまで全くストレスなく回りきるこのエンジンは、4気筒の中では世界最高、極上のエンジンであると言ってもいいと思います。

しかしそのシビックタイプRもいよいよ今年9月で姿を消します。次期シビックにタイプRの設定はないようです。こういうコストとか利益とかを追求するという価値観ではなく、純粋にエンジニアの情熱で作り上げたような車を、またホンダには登場させて欲しいですね。

大げさに書くほどではないんですが、実は今日カウンターが「8888」になりました↓(∩´∀`)∩
訪問して下さった皆様、どうもありがとうございました。
8888.jpg



スポンサーサイト
2010.02.10 Wed l シビックタイプR l コメント (16) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。