FC2ブログ
日本では、今年の冬のボーナスが昨年冬から15.91%減少し過去最大の減少率となりました。夏も14.4%減で過去最大でした(>_<)

消費が落ち込む中、売れているのはエコカー減税やエコポイントのある車や家電で、それ以外の商品は安売り合戦でしか売れない状況らしです。私の所も、私の同業者も今年は本当に景気が悪いと嘆いています。消費意欲が冷え込んでいますね(泣)。

また民主党政権に変わってから補正予算が3兆円カットされましたが、これによって地方の道路工事は一斉にストップしたらしく、建築業者はもちろん、建築材料屋も泣いています。飲み屋街にもいつもの賑わいはなく、まさに師走の空に寒冷の風が吹き荒れているようでもあります((´д`)) ブルブル…サムー。

しかしそんな中、アメリカのある企業では無茶苦茶景気いい話があがっているみたいです。
ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、JPモルガン・チェースの3社の今年のボーナスはなんと2.7兆円!

ボーナスだけで1人平均6500万円くらい。なんとゴールドマンCEOは最大で27億円のボーナスとか・・・( ̄ω ̄;)マジデスカ

しかもこの3社は昨年、金融危機の影響で業績が悪化し、金融安定化資金枠から計450億ドルの公的資金の注入を受けてますよ・・・もう返済したらしいけど(汗)

モルガンスタンレー
彼らはいわゆる投資銀行で、個人への貸し付けなどは行わず、株式、債券、通貨、金先物などの金融資産や不動産の売買をして利益を上げています。

3社だけで5.5兆円くらいの利益をあげてるらしい。今年度の日本全体の法人税収入が5兆円くらいだというのに、たったの3社でそれを上回る・・・《(@_☆)》…クラクラ

しかも彼らのやり方は、人間がやるのではなく、売り買いのメソッドをプログラミングされたコンピューターが実際にはやりとりをしています。そのため1秒間に1000回以上の売り買いができるらしい。これをロボットトレーディングと言うそうです・・・いったい何なんだろうこの世界は;゙゚’ω゚’):

さらにこのロボットトレーディングにフラッシュ・トレーディングと呼ばれるものを加えたことも問題視されています。これは売り買いのオーダーが株式取引所や一般客のパソコンに流れるのに0.03秒から0.5秒のタイムラグがあるそうですが、これを利用して情報を先取りして行う取引です。

人間であれば問題にならない時間でも、ロボットにとっては十分すぎるほど余裕の時間です。まあ、競馬の結果を知ってから賭けるようなもんです(つд⊂)ソレハナイヤロ~

お金の価値っていったい何なのと思ってしまいます。働いた対価じゃないんでしょうか?
モルガンの社員がTVでインタビューに答えてましたけど、働いている目的はお金を稼ぐこと、そのために泣いている人がいても関係ないという感じでした。

現在の時代が西暦2012年に終わるというマヤの予言がありますが、地球は終わらないけど、お金が支配している現在の金融システム世界が崩壊する可能性はありそうな気がします・・・勘ですが(^^;)

そうなると、お金という価値観が変わるんでしょうか。生きるという目的をもう一度考え直すことが求められるかもしれません。
スポンサーサイト



2009.12.04 Fri l 未分類 l コメント (6) トラックバック (0) l top